雨谷の庵

[0518] 歌声に身も心も躍る (2006/12/24)
※クリスマス雑文祭2006


[Home]
ジングルベル、ジングルベル、鈴が鳴る…。
今夜は楽しいクリスマス、流れる楽しげな歌声に身も心も躍るとか踊らないとか。
ところでそんなクリスマスとは全く関係ないかも知れないが、いや、関係しているの
かも知れないが、ていうかそこのところの判断はぜひとも読者諸賢にて決着して欲しいと
いうか、関係していないとクリスマス雑文ということにならないので本当は困るんですが、
だから心の何かしらへそ曲がりな部分とかで色々と良い感じに補完しながら、以下の
文章が実にクリスマスな気分にて読まれることを希望する次第である。

それはともかく。
私が毎日のようにアニメを見ているせいか、息子の人もすっかりアニメ好きに
なってきている今日この頃である。
いやもちろん、アニメ好きとは言っても息子の人は未だ2歳半、その内容が
理解できるわけでも、映像の妙を楽しめるわけでももちろん無く、ただ単に
アニメのオープニングの曲に合わせて踊ったり踊らなかったりとかそういう
ことであったりする。
ということで何の脈絡も無くて申し訳ないが、私の最近見ているアニメについて、
息子の人のお気に入り具合を「踊る」か「踊らない」かという素晴らしくシンプルな
視点からでもって、列挙して見てみようと思う。

1.超踊る
「乙女はお姉さまに恋してる」「ライオン丸G」

この二つのアニメのオープニングは、息子の人のお気に入りの筆頭である。
なにしろ、これらのアニメの始まる前のCMの傾向をなんとなく覚えているのか、
雰囲気で察して、踊りの構えに入るほどである。
特に「乙女はお姉さまに恋してる」、通称「おとぼく」についての気に入り
具合は異常なほどで、他のアニメの放映中に挿入される「おとぼく」の
オープニングのCMが流れただけでも大騒ぎである。

問題は、この「おとぼく」が原作エロゲーであることなのだが。
どうなんだろう。2歳の頃の思い出として「オマエは良く、エロゲー原作の
アニメのオープニングで踊っていたのだよ…」という状況は。

2.普通に踊る
「コードギアス」「仮面ライダーカブト」「ふしぎ星の☆ふたご姫 Gyu!」
「NHKにようこそ!」

「コードギアス」のオープニングは、かつて1歳の頃の彼がお気に入りだった
「エウレカセブン」の第一期のオープニングを歌っている人々と同じグループが
歌っていることもあり、やはり継続して好きであるようだ。
「仮面ライダーカブト」「ふしぎ星の☆ふたご姫 Gyu!」の曲もノリが良く好きな様子。
まあ、この2つは1年続くアニメ(特撮)なので、毎週聞いていて覚えていると
いう事情もあるだろう。
「NHKにようこそ!」のオープニングには最初の頃興味を示さなかったのだが、
最近になって突然げらげらと笑い始めたりした。
彼の好みにどんな変化があったのかは謎だが。

3.怖がる
「ブラックラグーン」「パンプキンシザース」

この2つのアニメのオープニング、実際成人男性である私から見ても不気味な
雰囲気を醸しだしているように思えるわけだが、幼児の彼にとってみると、恐怖の
対象となり得るようである。
「パンプキンシザース」のオープニングは「エヴァンゲリオン」のオープニングを
かつて歌っていた人が歌っているわけで、いつか「エヴァンゲリオン」のオープニングで
息子の人がどんな反応をするかを確認してみたいところではある。
なお、「ブラックラグーン」のオープニングはあまりにも怖いのか、息子の人は
私の背後に隠れてTV画面から身を隠そうとする始末である。

4.関心はあるが踊らない
「学園アリス」「武装錬金」

「学園アリス」はほのぼのなデンパ曲、「武装錬金」は熱血シャウトなんですが、
どちらについても特に踊る様子は無いです。興味はあるようで、じーっと見ては
いるのですけれども。慣れの問題もあるのかも。

5.興味無し
「くじびきアンバランス」「DEATH NOTE」「結界師」

この3つについては興味を示しません。「くじびきアンバランス」のオープニング
とかは、曲と映像が良い感じにシンクロしていて、私的にはお勧めなんですが、
息子の人の嗜好にはイマイチなようです。「DEATH NOTE」も悪くはないんですが、
息子の人のソウルにはしっくり来ない模様。「結界師」はまあ、当然というか…。

ということで、つらつらと息子の人のアニメ好き次第を書き連ねてみたわけであるが、
ここから何かしらの特徴というか、彼の趣味嗜好傾向のようなものを抽出・分析する
ならば、以下のようになるであろうか。

・アップな曲に興味を持ちやすく、スローな曲には興味無し
・明るい曲調が好きな反面、不気味な感じの曲は怖がる

……なんだか実に普通な結論になっちゃったぞ。
ということで、もしもサンタクロース様がこの雑文を読んでいたら、是非とも
アップな明るい感じの曲を息子の人にプレゼントしてくれると良いと思う。
とかなんとか、強引にクリスマスに結び付けてみたりとか。

雨谷の庵は今日も雨。
< Back |List| Next >
管理者:徳田雨窓