雨谷の庵

[0493] 最後まで脚色良く (2005/12/25)
※[競馬]有馬記念


[Home]
前略。秘密結社「競馬順位傾向予測研究協議団」の皆様方。
いよいよ第12期も最終戦。どんな展開が待ち受けているのか。
第11戦目は有馬記念です。

[競馬順位傾向予測正確性ルール]
予測点配分6point、オッズ倍率制。
単予想=単勝、連予想=馬連、通予想=3連複で、100円未満は切り捨て。

-------------------------------------------------------------------------------
徳田[連下の祈祷師]
無冠。祈るだけ。

さて今年も最後です。色々なドラマがありましたが、締めくくりの一戦。
逆転の可能性に賭ける意味でも、ここは一つディープインパクトは
切って行きたいと思います。

<単予想>
(なし)

<連予想>
(なし)

<通予想>
ゼンノロブロイ×ハーツクライ×デルタブルース(×6)

距離適正と実績で選ぶとこのメンバーに。
あー、しかしこれだとディープインパクトは4着以下になる必要があるのか。
厳しいなぁ。でも、ディープインパクトを入れるとオッズが……。

-------------------------------------------------------------------------------
垣ノ木[オッズに流されやすいヘタレ本命党?]
今年も応援! がんばれマヤノトップガン産駒!!

とにもかくにも主役はディープインパクト。迎え撃つ古馬勢ですが、ジャパンカップが
史上最高の大激戦となってしまい、その消耗度が心配な状況に。
それでも相当調子がよいと伝えられる04年度代表馬ゼンノロブロイはですが、
厳しい流れとなったときの2500m有馬記念を果たして切り抜けられるでしょうか。
ここはやはり、新興勢力と余力残しの馬たちに期待することにしました。

<通予想>
ディープインパクトxデルタブルースxグラスボンバー(x2)
ディープインパクトxデルタブルースxオペラシチー(x1)
ディープインパクトxデルタブルースxビッグゴールド(x1)
ディープインパクトxデルタブルースxコイントス(x1)
ディープインパクトxデルタブルースxサンライズペガサス(x1)

JC上位組ではリンカーンが狙い目だと思います。でも、オッズ的に大逆転可能な
組み合わせだけにしました。
今年最後のGIレースにドキドキしてみたいと思います。

-------------------------------------------------------------------------------
桧山[第11期首席]
子連れ馬券師

今年も最後のG1となりましたが、ディープインパクトを初め、古馬も有力馬が
ほとんどそろったレースとなりました。
軸はディープインパクトで良いと考えます。もしかしたら2着かもしれませんが、
能力は誰もが認めています。
ゼンノロブロイ、タップダンスシチーは勢いは衰えたものの古馬の最有力馬、
リンカーン、デルタブルースは騎手の読み一つで結果が変わるでしょう。
穴は何となくスズカマンボ、グラスボンバーです。
ハーツクライは勝つか掲示板と考えます。

<連予想>
ディープインパクト×タップダンスシチー(×2)
ディープインパクト×リンカーン(×2)
ディープインパクト×ハーツクライ(×1)
ディープインパクト×グラスボンバー(×1)

あえてロブロイは外してみようと思います。来ても3着かな。

-------------------------------------------------------------------------------
[結果]

寸評:
冬も本格的な寒さを迎えた中山競馬場。曇り空と寒風にも関わらず、満員のスタンドは
熱気に包まれていた。
スタート、各馬一斉に揃った綺麗な出だし、まず先頭に立ったのは歴戦の古馬タップダンスシチー。
それにオースミハルカが追随、ハーツクライが追う展開に。人気のディープインパクトは
最後方から、ゼンノロブロイは中段からの競馬となった。
序盤は位置取り争いも激しくやや速めな立ち上がり。しかし中盤、タップダンスシチーが
上手く流れをコントロール、淀みなくペースを落としてスロー気味な展開に持ち込むと、
前残りを警戒した各馬が徐々に動き出す。ディープインパクトは外目に持ち出して
中段から前目を伺う競馬に。一方のゼンノロブロイは動かず。
3コーナー手前から、徐々にペースは厳しさを増し始める。そして4コーナー、早めの
仕掛けで先頭に立ったのはコスモバルク。更に直線を向いてからはハーツクライが一気に
突出、外からディープインパクトも飛んでくる。内からリンカーン、コイントスも伸びて
直線は激しい叩きあいに。
しかし最後まで脚色良く、後続を寄せ付けなかったのはハーツクライ。悲願のG1初制覇を
手にすることとなった。

着順:
ハーツクライ
ディープインパクト
リンカーン
コスモバルク
コイントス
ヘヴンリーロマンス
サンライズペガサス
ゼンノロブロイ
グラスボンバー
スズカマンボ
デルタブルース
タップダンスシチー
ビッグゴールド
オペラシチー
オースミハルカ
マイソールサウンド

単:10(1710円)
連:6-10(750円)
通:6-10-14(2970円)

競馬順位傾向予測正確性:
徳田 : 0点(53点)
垣ノ木: 0点(19点)
桧山 :7×1=7点(96点)

最終戦、首席の貫禄で桧山首席が更に正確性を加点、磐石の勝利を得る結果となった。
おめでとう桧山首席。来期もその正確性を期待します。

雨谷の庵は今日も雨。
< Back |List| Next >
管理者:徳田雨窓