雨谷の庵

[0484] 一つ抜き出る驚きの結末 (2005/10/30)
※[競馬]天皇賞・秋


[Home]
前略。秘密結社「競馬順位傾向予測研究協議団」の皆様方。
第12期も第4戦天皇賞・秋。二連覇か春夏連覇か、はたまた波乱の幕開けか。
頑張りましょう。

[競馬順位傾向予測正確性ルール]
予測点配分6point、オッズ倍率制。
単予想=単勝、連予想=馬連、通予想=3連複で、100円未満は切り捨て。

-------------------------------------------------------------------------------
徳田[連下の祈祷師]
無冠。祈るだけ。

天皇賞・秋は中距離の中途半端な感じのレースで、見極めの難しい面が
あるわけですが、今回は実績馬が集まったので過去のデータを元に
色々考えることが出来そうでなによりです。

東京競馬場は血統にかなりの適・不適があるコースなので、まずはそれを
重視してみます。そう考えるとリンカーン、ハーツクライあたりが有望に
思えますね。テレグノシスも東京コース向けだとは思いますが、この年齢に
なってあの鬼脚が健在だとはちょっと思い難いので切りで。

あとは騎手でハットトリック、キングストレイル辺り。
実績でいうとスイープトウショウ辺りでしょうか。
このくらいを組み合わせてみたいと思います。

<単予想>
ハットトリック(×1)
キングストレイル(×1)

<連予想>
スイープトウショウ×ハットトリック(×1)
スイープトウショウ×リンカーン(×1)
スイープトウショウ×ハーツクライ(×1)
ハーツクライ×リンカーン(×1)

<通予想>
(なし)

ゼンノロブロイとかタップダンスシチーとかは、もう切りで良いんじゃ
なかろうかと思ってます。

-------------------------------------------------------------------------------
垣ノ木[オッズに流されやすいヘタレ本命党?]
今年も応援! がんばれマヤノトップガン産駒!!

豪華なメンバーは良いのですが、力が拮抗してるように思う分だけ予想が難解ですね。
前哨戦からの傾向も、これといった面白いものが見つからなかったので、困り果ててし
まった状態です。そこで、垣ノ木の過去の予想を見返してみました。すると、
「勝ち馬は格で決まる」という言葉を毎年用いていますね。このあとのGI戦線も主役級、
そんな馬が勝ち馬にふさわしいと思います。ただし、2着3着には、大激走だとか展開の利
だとかそういったものを味方につけた馬が突っ込んできそうです。

<単予想>
ゼンノロブロイ(x2)

<連予想>
ゼンノロブロイxサンライズペガサス(x1)
ゼンノロブロイxハーツクライ(x1)
ゼンノロブロイxアサクサデンエン(x1)
ゼンノロブロイxスイープトウショウ(x1)

まず間違いなく、ストーミーカフェの快速逃げをタップが追いかける展開になると思いますね。
好レースを期待してます。

-------------------------------------------------------------------------------
桧山[第11期首席]
子連れ馬券師

秋競馬も盛り上がってきて天皇賞(秋)が行われます。今週も良馬場で行えそうな天気予報ですので、
楽しみな一戦となりそうです。
連覇のかかるゼンノロブロイは順調ですが、タップダンスシチーは調整不足ぎみなので、
ゼンノロブロイ圧勝かと思いきや、なかなか好メンバーがそろいました。
本命は宝塚を勝利したスイープトウショウとします。今年がピークと思われるので、
狙いはこのレースだと思います。
対抗はゼンノロブロイ。横典が1番人気で勝てるか見所です。
注意はルメール騎乗のハーツクライ。横典はこの馬に負けたくないと思いますが、騎手が強いところ。

<単予想>
スイープトウショウ(×2)
ゼンノロブロイ(×1)

<連予想>
スイープトウショウ×ゼンノロブロイ(×1)
スイープトウショウ×ハーツクライ(×1)
ハーツクライ×ゼンノロブロイ(×1)

雨が降るとタップが逃げ残るかもしれないけど、先行したい馬がお互いどのようにけん制するかを
考えると好位差し馬が勝つと思います。

-------------------------------------------------------------------------------
[結果]

寸評:
曇りがちな空模様の東京競馬場、混戦模様と伝えられる各馬のスタートは、この先の
波乱を予感させるものだった。
スタート直後に先頭に立ったのはストーミーカフェ。それをタップダンスシチー、
バランスオブゲームなどが追う展開。昨年覇者のゼンノロブロイは前目から、
春の天皇賞馬スズカマンボは中段からのレースとなった。
ペースは終始ゆったりとしたものとなっており、先頭のストーミーカフェが悠々と
馬群を引っ張る様相に。特に大逃げになるわけでもなく、各馬様子見のような状況に
ハマってしまったのだろうか。
そのまま大きな動きもなく直線へなだれ込む。内からするすると伸びたのはダンスインザムード。
先頭に立った後、一気に突き放すかに見えたがしかし、外からはゼンノロブロイが勢い良く
飛び込んでくる。アサクサデンエン、スイープトウショウ、ハーツクライといった
実力馬もここぞとばかりに末脚を飛ばす。
しかしそんな中、内々を丁寧に伸びてきたヘヴンリーロマンスが、ゴール直前に一瞬の
キレを見せ、なんとアタマ一つ抜き出る驚きの結末。
8年振りの牝馬の制覇の瞬間だった。

着順:
ヘヴンリーロマンス
ゼンノロブロイ
ダンスインザムード
アサクサデンエン
スイープトウショウ
ハーツクライ
ハットトリック
ストーミーカフェ
タップダンスシチー
ホオキパウェーブ
バランスオブゲーム
サンライズペガサス
スズカマンボ
テレグノシス
リンカーン
キングストレイル
アドマイヤグルーヴ
メイショウカイドウ

単:1(7580円)
連:1-13(12340円)
通:1-12-13(141100円)

競馬順位傾向予測正確性:
徳田 :0点(29点)
垣ノ木:0点(11点)
桧山 :0点(4点)

今回は各研究員ともに予想を外し、全く良いところなしの結果となった。
今後の精進を期待します。

雨谷の庵は今日も雨。
< Back |List| Next >
管理者:徳田雨窓