雨谷の庵

[0482] 目を見張るような成長力 (2005/10/16)
※[競馬]秋華賞


[Home]
前略。秘密結社「競馬順位傾向予測研究協議団」の皆様方。
第12期第2戦は秋華賞。三歳牝馬三冠の行方やいかに。

[競馬順位傾向予測正確性ルール]
予測点配分6point、オッズ倍率制。
単予想=単勝、連予想=馬連、通予想=3連複で、100円未満は切り捨て。

-------------------------------------------------------------------------------
徳田[連下の祈祷師]
無冠。祈るだけ。

前回の結果から、今度のルールだと本命筋ばかり追っていても得点が
伸びそうに無いことが分かったので、今後は穴狙いで行くことにします。
穴狙い、要するに少しだけ材料があって、展開がハマれば行けそうという
感じの馬を探すわけですが……今回はラインクラフトが強そうです。

まずは騎手でレースパイロット。次は過去の実績でショウナンパントル。
あとは実力でライラプスかなぁ?ちょっと格下っぽいですが。

<単予想>
レースパイロット(×1)
ショウナンパントル(×1)
ライラプス(×1)

<連予想>
ラインクラフト×レースパイロット(×1)
ラインクラフト×ショウナンパントル(×1)
ラインクラフト×ライラプス(×1)

<通予想>
(なし)

ラインクラフトは保険で。

-------------------------------------------------------------------------------
垣ノ木[オッズに流されやすいヘタレ本命党?]
今年も応援! がんばれマヤノトップガン産駒!!

高配当が出やすく荒れるイメージのある秋華賞ですが、過去のデータを見てみると、
春の活躍馬で秋華賞トライアルローズSを好走した馬は、ほぼ確実に秋華賞で3着以内に
入ってきています。「ローズSを中心とした前哨戦で、春の実績通りの走りを見せた馬
は、秋華賞でも好走する」と言えそうですね。

 ◎:ラインクラフト
 ○:エアメサイア
 ▲:デアリングハート

本命はラインクラフト。ものすごい勢いで掛かった前走は、それでも直線で一旦は
後続を突き放してみせました。その底力はまさにGI馬の貫禄といった印象でしたね。
前に行ける強みを持ちつつ、掛からないように気を配るレース運びになりそうですが、
だからこそ鞍上の集中力に期待したいですね。
対抗はエアメサイア。前走ローズSでは「目を見張るような成長力」という周囲の
評価を証明するかのような一気の伸び脚。2着ラインクラフトも強いと見えましたが、
エアメサイアも強いと感じさせる内容でした。
連下の筆頭にはクイーンSで古馬牝馬との対戦も経験したデアリングハートを。こち
らはラインクラフトとの相性が滅法良く、フィリーズレビュー・桜花賞・NHKマイルCと
3戦続けてワンツーを決めています。渋った馬場となれば、ラインクラフトと肩を並べ
てエアメサイアの追撃を振り切る可能性もあるかもしれませんね。

<単予想>
ラインクラフト(x2)

<連予想>
ラインクラフトxエアメサイア(x3)

<通予想>
ラインクラフトxエアメサイアxデアリングハート(x1)

なにはともあれ、2005年も3歳牝馬クラシックの締めくくり。うら若き乙女たちの
熱き戦いに期待しましょう。

-------------------------------------------------------------------------------
桧山[第11期首席]
子連れ馬券師

シーザリオがいないのは残念ですが、今年は2強ムードで、堅い結果に終わりそうな雰囲気です。
2頭軸は不動ですので、3頭目に何が来るかを予想するのが楽しいところ。

デアリングハート
ジェダイト
エイシンテンダー
ショウナンパントル
エリモファイナル
ライラプス

以上の6頭に期待します。

<通予想>
ラインクラフトxエアメサイアx上記の6頭(x1)

現在の馬連オッズがラインクラフトの単勝オッズより低いという稀に見るオッズです。

-------------------------------------------------------------------------------
[結果]

寸評:
秋の晴れ空の下、若い牝馬が揃ってスタートを切った。
まず先頭に立ったのはエイシンテンダー。それをモンローブロンド、フェリシアといった
面々が追い、馬群は淀みの無い列で進んでゆく。人気のラインクラフトは先行位置から、
エアメサイアは中段やや後ろから機会を伺う形となった。
レースはそのままゆったり気味なペースで動き無く進んだ。各馬がざわめき出したのは
3コーナー手前から。ここで一気にペースが上がり始め、直線に向けた位置取りの攻防が
激しくなる。
直線、エイシンテンダーも粘るがそれを突き放すように先頭に立ったのはラインクラフト。
しかし、後方から外目を通ってエアメサイアも突き抜けてくる。
結局ゴール前はこの2頭の激しい競り合いとなり、わずかにクビ差で抜け出したのは
エアメサイア。三冠最後の栄冠を手にした。

着順:
エアメサイア
ラインクラフト
ニシノナースコール
オリエントチャーム
ライラプス
モンローブロンド
エイシンテンダー
ショウナンパントル
トウカイルナ
コスモマーベラス
フェリシア
デアリングハート
ジェダイト
シールビーバック
レースパイロット
エリモファイナル
スルーレート
テイエムメダリスト

単:10(250円)
連:5-10(180円)
通:5-10-11(1110円)

競馬順位傾向予測正確性:
徳田 :   0点(2点)
垣ノ木:1×3=3点(7点)
桧山 :   0点(4点)

各研究員ともラインクラフトを軸に組み立てたが、相手選びがイマイチだったようだ。
結局、垣ノ木研究員のみがわずかに正確性を確保するのみだった。
今後の精進を期待します。

雨谷の庵は今日も雨。
< Back |List| Next >
管理者:徳田雨窓