雨谷の庵

[0477] 団子状の大混戦 (2005/06/05)
※[競馬]安田記念


[Home]
前略。秘密結社「競馬順位傾向予測研究協議団」の皆様方。
第11期第9戦は安田記念。混戦模様の行方はいかに。

[競馬順位傾向予測正確性ルール]
予測点配分6point、倍率制。
単:1着10点、2着5点、3着3点、4着2点、5着1点
※連、通は5着以内で的中、単の得点を合計する。

-------------------------------------------------------------------------------
徳田[連下の祈祷師]
無冠。祈るだけ。

さて、今年の安田記念は注目馬が多いものの、どれも今ひとつ決め手に欠ける印象で、
選ぶのに迷いますですね。
ということで、適当な理由をつけて選んでみます。
まずは高松宮記念の勝ち馬アドマイヤマックス。騎乗の武豊騎手の手腕にも注目ということで。
勢いでは京成杯からアサクサデンエンを。外国勢ならサイレントウィットネスでしょうか。
あとは東京競馬場に滅法強いテレグノシスをチョイス。

<単予想>
アドマイヤマックス(×1)

<連予想>
アドマイヤマックス×アサクサデンエン(×1)
アドマイヤマックス×サイレントウィットネス(×1)
アドマイヤマックス×テレグノシス(×1)
アサクサデンエン×サイレントウィットネス(×1)
アサクサデンエン×テレグノシス(×1)

<通予想>
(なし)

でも明日の天気と馬場次第ではどうなることやら。

-------------------------------------------------------------------------------
垣ノ木[オッズに流されやすいヘタレ本命党?]
今年も応援! がんばれマヤノトップガン産駒!!

今年から「アジア・マイル・チャレンジ」という名でアジアマイル王を決めるシリーズ開催が
始まりました。香港チャンピオンズマイルと安田記念の2レースのみですが、それでも
国際交流が活発になることは良いことだと思います。
今年は何より、デビューから17連勝という金字塔を打ち立てたサイレントウィットネスを
日本で間近に見られるというのが、大変嬉しいですね。
残念ながら、初戦の香港チャンピオンズマイルで2着に敗れてしまいましたが、
そのレース振りは 17連勝をしただけの強さが十二分にありました。

  本命:サイレントウィットネス
  対抗:ダイワメジャー
  連下:バランスオブゲーム、ブリッシュラック

実際にレースを見たこともあって、自信をもってサイレントウィットネスを本命に推したいと
思います。香港チャンピオンズマイルでは、ハイペースにもかかわらず能力の違いを
見せつけるかのように馬なりのまま早め先頭に立ったことが、結果的に敗因になって
しまったように思います。鞍上も陣営も、初のマイルということもあって慎重になっていた
こともあるでしょう。馬群を割って伸びてきたブリッシュラックの末脚は素晴らしかったですが、
サイレントウィットネスが溜めすぎずに突き放していたなら、結果は変わっていたと思います。
不安があるとするなら、馬場との相性だけですね。

対抗には、喉なりを克服した皐月賞馬ダイワメジャーを。昨年、超ハイペースの中でさらに
2番手以下を突き放して見せた皐月賞は、本当に素晴らしい内容でした。4月のダービー卿CTで、
その皐月賞を彷彿とさせるような見事な復活劇を見せてくれました。ここでも期待したいですね。

連下は少々絞りづらいというのが本音です。短距離界は好メンバーが揃っていますが、
それぞれに注文が付いてしまうのは否めないですね。今回は先行して強いバランスオブゲームと、
サイレントウィットネスに土を付けた差し馬ブリッシュラックに期待しています。

<単予想>
サイレントウィットネス(x2)

<連予想>
サイレントウィットネスxダイワメジャー(x2)
サイレントウィットネスxバランスオブゲーム(x1)
サイレントウィットネスxブリッシュラック(x1)

ともかくは、垣ノ木的にはサイレントウィットネスに大注目です。
これに日本の強豪がいかに立ち向かうか?
日本競馬界の質が改めて問われる一戦になりそうです。

-------------------------------------------------------------------------------
火也[第10期首席]
子連れ馬券師

春のG1も残すところ2戦。もう梅雨に入って夏を迎えています。
今年の3歳G1戦は1番人気の連対率が100%と固い決着でした。
古馬戦も天皇賞を除けば大荒れもなかった。明日の安田記念は天皇賞に続いて、
何が勝つかは運次第と思います。
騎手で注目は、武豊、福永、そして勝ちは無いものの2着で健闘している四位の3人は
考慮したいところ。
また、3歳だけど牝馬の活躍も侮れません。

<単予想>
ダンスインザムード (x1)
スイープトウショウ (x1)
バランスオブゲーム (x1)

<連予想>
ダンスインザムードxスイープトウショウ(x1)
アドマイヤマックス xカンパニー (x1)
アドマイヤマックス xハットトリック x1)

外国馬は逃げより差し馬を上位に見ていますが、今回は見送ります。

-------------------------------------------------------------------------------
[結果]

着順:
アサクサデンエン
スイープトウショウ
サイレントウィット
ブリッシュラック
カンパニー
テレグノシス
バランスオブゲーム
ダイワメジャー
サイドワインダー
アルビレオ
オレハマッテルゼ
アドマイヤマックス
ボウマンズクロッシ
ユートピア
ハットトリック
フジサイレンス
ローエングリン
ダンスインザムード

寸評:
雨上がり、府中の馬場はハケの良さを見せて良化した。
スタート、まず仕掛けたのはローエングリン。颯爽とハナを取るとペースを緩めることなく
馬群を引っ張っていく。それに続くのは香港からの刺客サイレントウィット。先行位置での
好機を伺う形となった。人気のテレグノシスは最後方から、ダイワメジャー、ダンスインザムードは
先行位置からの競馬となった。
レースは大きな動きも無く、しかしペースも緩み無く進み、馬群は団子状の大混戦で4コーナーを
回った。
直線、一気に突き抜けたのはサイレントウィット。持ち前の瞬発力を存分に発揮して先頭に立った。
外から猛然と伸びてきたのは女傑スイープトウショウ。更に馬群を割ってアサクサデンエンも
追い込んでくる。
最後はその3頭での激しい競り合い、しかしそれをクビ差で制したのはアサクサデンエン、
6歳になって本格化した同馬の初G1制覇の瞬間だった。

競馬順位傾向予測正確性:
徳田 :13点( 79点)
垣ノ木:11点(117点)
火也 : 5点(214点)

絞り切れない本命筋にも関わらず、各研究員ともそこそこの正確性を確保することに
成功した模様だ。
今後もその正確性を期待します。

雨谷の庵は今日も雨。
< Back |List| Next >
管理者:徳田雨窓