雨谷の庵

[0471] 盤石と思える有力馬 (2005/04/10)
※[競馬]桜花賞


[Home]
前略。秘密結社「競馬順位傾向予測研究協議団」の皆様方。
第11期第3戦は桜満開の桜花賞。どうなるでしょうか。

[競馬順位傾向予測正確性ルール]
予測点配分6point、倍率制。
単:1着10点、2着5点、3着3点、4着2点、5着1点
※連、通は5着以内で的中、単の得点を合計する。

-------------------------------------------------------------------------------
徳田[連下の祈祷師]
無冠。祈るだけ。

毎年、桜花賞は良く分からないですね。
若い牝馬は読みが難しい上に荒れる傾向のあるレースなので。
ということで、幅広く選んでみます。気になったのは以下の4頭。

エアメサイアは絶好調の武豊騎手なので。あと、血統もよろしいようです。
アンブロワーズはジュベナイルフィリーズの時の走りが強そうだったので。
シーザリオは絶好調の上がり馬という噂なので。
エイシンテンダーはなんとなくです。

以下、これらを組み合わせて加点を狙う方向で。

<単予想>
エアメサイア(×1)

<連予想>
エアメサイア×アンブロワーズ(×1)
エアメサイア×シーザリオ(×1)
エアメサイア×エイシンテンダー(×1)
アンブロワーズ×シーザリオ(×1)

<通予想>
エアメサイア×アンブロワーズ×シーザリオ(×1)

まあ、ぶっちゃけエアメサイア流しなわけですが。

-------------------------------------------------------------------------------
垣ノ木[オッズに流されやすいヘタレ本命党?]
今年も応援! がんばれマヤノトップガン産駒!!

去年の暮れの阪神ジュベナイルFでは、予想しづらいメンバーと大混戦の結果に
「2005年の3歳牝馬戦線は難しくなりそうだな」と感じました。
しかし桜花賞TRが消化されるにつれ、ようやく盤石と思える有力馬たちが出現してきましたね。

 本命:シーザリオ
 対抗:ペニーホイッスル
 連下:エイシンテンダー、ラインクラフト

去年、フラワーCを勝ったダンスインザムードはそのまま無敗で桜花賞馬となりました。
シーザリオもほぼ同じローテーションでここまで無敗。寒竹賞では実力牡馬を相手に
勝ってますし、よほどのアクシデントが無い限りは着外に沈むことはないでしょう。
ここは自信を持って、本命に推したいと思います。

対抗にはアネモネSを勝ったペニーホイッスル。アネモネSの勝ちタイムが優秀で
あることを評価のポイントにしました。
連下にはやはり無視できないエイシンテンダーとラインクラフト。
エイシンテンダーは垣ノ木が対抗評価のペニーホイッスルに勝っている上、
チューリップ賞は余裕の内容ながらアネモネSと同タイムの好時計。
本来ならば、本命対抗にも十分な存在です。
ラインクラフトは阪神JFでも1番人気を背負った実力馬。出走メンバー中、
唯一重賞2勝をマークしている点は十分に評価できると思います。

<連予想>
シーザリオ×ペニーホイッスル(×1)
シーザリオ×エイシンテンダー(×1)
シーザリオ×ラインクラフト(×1)

<通予想>
シーザリオ×ペニーホイッスル×エイシンテンダー(×1)
シーザリオ×ペニーホイッスル×ラインクラフト(×1)
シーザリオ×エイシンテンダー×ラインクラフト(×1)

とにもかくにも、牝馬クラシック戦線第一弾。天才少女たちの競演に胸躍らせましょう。

-------------------------------------------------------------------------------
火也[第10期首席]
子連れ馬券師

桜の開花が桜花賞を待っていたかのように、明日は満開の桜の下で桜花賞が行われそうです。
ただ、残念なことに阪神は雨模様。雨の量によっては差し馬に有利になるかもしれません。
あれこれ考えたが、結局決めきれないので、前回のG1で軽視した武豊におまかせしようと思う。
1番人気にはならない馬なので、勝つようであれば良い配当になるはず。

本命:エアメサイア
対抗:ラインクラフト

あとは大差なしと思うけど、穴は横山騎乗のジョウノビクトリア。
2,3着狙いで乗るはず。

<単予想>
エアメサイア(×2)
ラインクラフト(×1)

<連予想>
エアメサイア×ラインクラフト(×2)

<通予想>
エアメサイア×ラインクラフト×ジョウノビクトリア(×1)

実はエイシンテンダーが一番興味がある馬だったりしますが、
幸四郎は頼りにできないので、ここは見送り。

-------------------------------------------------------------------------------
[結果]

着順:
ラインクラフト
シーザリオ
デアリングハート
エアメサイア
ダンツクインビー
エイシンテンダー
ジョウノビクトリア
エリモファイナル
アドマイヤメガミ
モンローブロンド
ペニーホイッスル
ライラプス
ショウナンパントル
アンブロワーズ
カシマフラワー
テイエムチュラサン
マイネコンテッサ
フェリシア

寸評:
スタート地点に舞い咲くは桜花、ヨーイの掛け声で一斉に飛び出した各馬は、
まず先頭争いから熾烈な戦いの火蓋を切ることとなった。
まっすぐに飛び出していったのはテイエムチュラサン。1馬身程の差をつけて
ぐいぐいと快脚を飛ばし、ペースを緩めない。それにモンローブロンド、
アドマイヤメガミ、デアリングハートといったところが続く格好に。
人気のシーザリオ、ラインクラフトはそれら先行勢のやや後ろにつけ、好機を
伺う態勢となった。
レースは速いペースのまま4コーナーを団子状になりつつ回ることとなった。
先行から抜け出したのはデアリングハート、無駄の無いレース運びで内で粘りこむ。
しかしそれに競りかかるようにラインクラフトが伸び、直線一気に駆け上がる。
更に中段を縫ってシーザリオが割って出て追走、大外からはエアメサイアが
飛んでくる。
しかしそれらを首差で交わし、結局はレコードタイムを叩き出す強さを見せ付けたのは
ラインクラフト。桜花の栄冠に輝くこととなった。

競馬順位傾向予測正確性:
徳田 : 9点(40点)
垣ノ木:15点(48点)
火也 :38点(93点)

ラインクラフトの好走を読み切った火也首席が貫禄の正確性を叩き出す
結果となった。今後ともその正確性を期待します。

雨谷の庵は今日も雨。
< Back |List| Next >
管理者:徳田雨窓