雨谷の庵

[0470] 豊マジックで驚きたい (2005/03/27)
※[競馬]高松宮記念


[Home]
前略。秘密結社「競馬順位傾向予測研究協議団」の皆様方。
第11期第2戦は高松宮記念。春もいよいよ開幕本番です。

[競馬順位傾向予測正確性ルール]
予測点配分6point、倍率制。
単:1着10点、2着5点、3着3点、4着2点、5着1点
※連、通は5着以内で的中、単の得点を合計する。

-------------------------------------------------------------------------------
徳田[連下の祈祷師]
無冠。祈るだけ。

春の電撃スプリント戦、高松宮記念ですね。
今年は期待の新星ありーの、昨年の好走馬も揃いーので、
楽しみなレースになりました。

まず本命はカルストンライトオ。実力的にも、レース展開的にも
面白い馬だと思います。
対抗はプレシャスカフェで。勢いはやはり今一番かと。
あとは穴馬的にウインクリューガー 、アドマイヤマックス辺りを
挙げてみます。

<単予想>
カルストンライトオ(×2)
プレシャスカフェ(×1)

<連予想>
カルストンライトオ×プレシャスカフェ(×1)
カルストンライトオ×ウインクリューガー(×1)
カルストンライトオ×アドマイヤマックス(×1)

<通予想>
(なし)

さて、どうなりますか。

-------------------------------------------------------------------------------
垣ノ木[オッズに流されやすいヘタレ本命党?]
今年も応援! がんばれマヤノトップガン産駒!!

 ダートマイル王となったメイショウボーラーを交えてのこの一戦。
好メンバーが揃ったこともあって、なかなか絞りづらいというのが本音です。

  本命:メイショウボーラー
  対抗:アドマイヤマックス
  連下:プレシャスカフェ

 斬れる脚は無いものの、とにかく走り出したら止まらないスピード持続力が、
メイショウボーラーの最大の武器です。同型のカルストンライトオと比較した場合、
テンの速さではカルストンに分があると思いますが、最高スピードとスタミナで
メイショウボーラーに軍配が上がるかなと思ってます。
 対抗にはアドマイヤマックス。過去の結果からすると、高松宮記念はやや差し追い込み有利。
鞍上武豊は300勝する勢いだし、重賞の大舞台でもその勢いが薄らぐ様子もありません。
豊マジックで驚きたい一頭です。
 あとはやっぱり外せないプレシャスカフェを。

<単予想>
メイショウボーラー(×1)

<連予想>
メイショウボーラー×アドマイヤマックス(×1)

<通予想>
メイショウボーラー×アドマイヤマックス×プレシャスカフェ(×4)

 去年のスプリンターズSで本命視したキーンランドスワンと末脚不気味な
ウインクリューガーが気になるけど、こんな感じで。

-------------------------------------------------------------------------------
火也[第10期首席]
子連れ馬券師

明日は春晴れの良馬場で行えそうな高松宮記念です。
今年は3強の模様ですが、伏兵も数頭おり、混戦と見ます。
カルストンライオは、昨年の不良馬場で勝利したが春、秋の短距離戦を
制して短距離王となれるか?
メイショウボーラーは、今年に入ってダート路線に変更し、見事ダートG1を
制したが芝のG1でも勝てるか?
プレシャスカフェは、連勝中の勢いで短距離王に名乗りを上げることができるか?

力差は無いと思うけど、本命はプレシャスカフェ、対抗にメイショウボーラー。
カルストンライオは連下まで。
注意したいのが、ウインクリューガー。人気はアドマイヤマックスより無いけど、
内枠に入れたので、運良く内が開いてスルスルと上位に上がってきそうな感じがする。

<連予想>
プレシャスカフェ×メイショウボーラー(×4)

<通予想>
プレシャスカフェ×メイショウボーラー×カルストンライオ(×1)
プレシャスカフェ×メイショウボーラー×ウインクリューガー(×1)

本命、対抗がそろって掲示板を外すことは無いと思うけど、
どちらかと言うとメイショウの方が危険性がある気がする。

-------------------------------------------------------------------------------
[結果]

着順:
アドマイヤマックス
キーンランドスワン
プレシャスカフェ
カルストンライトオ
ナイキアヘッド
ゴールデンキャスト
タマモホットプレイ
ゴールデンロドリゴ
クリノワールド
ウインクリューガー
ギャラントアロー
ブイヤマト
キョウワハピネス
シルヴァーゼット
コスモラブシック
メイショウボーラー
スリージェム
ワンダーシアトル

寸評:
春もうららかな日和、一斉に飛び出した各馬は激しく先頭争いを繰り広げながら、
1コーナーを駆け抜けていく。
まず先手を取ったのはスタートダッシュの素晴らしいカルストンライトオ。
ぐんぐんと馬群を引き連れて、緩みの無いペースを作り上げる。
それに追いすがるのはコスモラブシック、ギャラントアロー。人気のプレシャスカフェ、
メイショウボーラーは先行やや控えめの位置から好機を伺う構えとなった。
レースはそのまま大きな動き無く直線を向き、馬群は塊となったまま叩き合いとなった。
まず抜け出したのはプレシャスカフェ。それにカルストンライトオが粘り込みながら
追いすがる。
しかし大外から切れ味鋭く伸びてきたのは中段で脚を貯めていたアドマイヤマックス。
そのまま突き抜けると、一気にゴールを駆け抜けた。

競馬順位傾向予測正確性:
徳田 :24点(31点)
垣ノ木: 0点(33点)
火也 : 0点(55点)

今回はアドマイヤマックスの相手選びが明暗を分けた形となった。
カルストンライトオを軸に据えた徳田研究員が、地道に正確性を得る結果に。
今後もその正確性を期待します。

雨谷の庵は今日も雨。
< Back |List| Next >
管理者:徳田雨窓