雨谷の庵

[0468] 自信を持って前に (2005/02/20)
※[競馬]フェブラリーS


[Home]
前略。秘密結社「競馬順位傾向予測研究協議団」の皆様方。
さて、いよいよ第11期の開始です。
まずは年が明けて初のG1、フェブラリーステークスです。

[競馬順位傾向予測正確性ルール]
予測点配分6point、倍率制。
単:1着10点、2着5点、3着3点、4着2点、5着1点
※連、通は5着以内で的中、単の得点を合計する。

-------------------------------------------------------------------------------
徳田[連下の祈祷師]
無冠。祈るだけ。

いやはや、まだまだ寒いですなぁ。
そんな中、元気に走るお馬様を見て景気付けと行きたいものです。

さて、今回は実績と距離適性で選んでみました。
本命はアドマイヤドン。年による衰えがどこまで響くかが気になりますが、
実績と適性はピカイチだと思います。
対抗にはユートピアを。常に上位に食い込むその安定感を買います。
最後はシーキングザダイヤ。格は少し下がるような気もしますが、
騎乗がペリエというのが侮れないかと。

<単予想>
アドマイヤドン(×1)
ユートピア(×1)

<連予想>
アドマイヤドン×ユートピア(×1)
ユートピア×シーキングザダイヤ(×1)
シーキングザダイヤ×アドマイヤドン(×1)

<通予想>
アドマイヤドン×ユートピア×シーキングザダイヤ(×1)

さて、今年の予想始め。吉と出るか凶と出るか。

-------------------------------------------------------------------------------
垣ノ木[オッズに流されやすいヘタレ本命党?]
今年も応援! がんばれマヤノトップガン産駒!!

ゴールドアリュール・アドマイヤドンの同世代2騎が守ってきたダート王の称号も、
昨年のジャパンカップダートを境に風雲急を告げる様相を呈してきました。

  本命:メイショウボーラー
  対抗:パーソナルラッシュ
  連下:アドマイヤドン、タイムパラドックス、シーキングザダイヤ

本命は、初ダートでいきなり強いとこを見せ、重賞2連勝でここに望んできた
メイショウボーラーです。
きっとバリバリの1番人気でしょう。唯一の不安は疲労のみ。自信を持って前に行き、
自信を持って仕掛けてほしいですね。
対抗にはBCクラシックに出走した強者、パーソナルラッシュです。東京大賞典では
気の悪いところを見せて破れましたが、4歳世代の中でも実力は抜きんでたものを持っています。
連下にはなんだかんだで外せないアドマイヤドン、タイムパラドックスに加え、
これまた4歳で実力上位と見たシーキングザダイヤを選びました。

<単予想>
メイショウボーラー(×2)

<通予想>
メイショウボーラー×パーソナルラッシュ×アドマイヤドン(×1)
メイショウボーラー×パーソナルラッシュ×タイムパラドックス(×1)
メイショウボーラー×パーソナルラッシュ×シーキングザダイヤ(×1)
メイショウボーラー×タイムパラドックス×アドマイヤドン(×1)
-------------------------------------------------------------------------------
火也[第10期首席]
子連れ馬券師

今年、初G1が早くもやってきました。砂の王者と言われたアドマイヤドンが
JCDで負けて以来、評価が下がってきたけど、そこへ今年に入ってダート2連勝
と、それも圧勝を演じたメイショウボーラーが出現し、今年はこの馬が1番人気
になるはず。そうであれば、アドマイヤドンを応援したくなるのが阪神ファンの
心情。頑張って2連覇して欲しいです。

本命:アドマイヤドン
対抗:メイショウボーラー
連下:ピットファイター

<連予想>
アドマイヤドン×メイショウボーラー(×5)

<通予想>
アドマイヤドン×メイショウボーラー×ピットファイター (×1)

-------------------------------------------------------------------------------
[結果]

着順:
メイショウボーラー
シーキングザダイヤ
ヒシアトラス
タイムパラドックス
アドマイヤドン
ピットファイター
ストロングブラッド
サイレンスボーイ
ハードクリスタル
カフェオリンポス
ヘヴンリーロマンス
パーソナルラッシュ
トップオブワールド
ノボトゥルー
ユートピア

寸評:
冷たい雨が時折ぱらつく東京競馬場、砂馬場の状態は生憎の不良。この状況がレースに
大きく影響するであろうと予想される中、レースのスタートが切られた。
まずは一番人気のメイショウボーラーが好スタート、一気に先頭に立ち快足を飛ばす。
一方、二番人気のアドマイヤドンはアクシデントによる大きな出遅れをこうむり、
最後方からの競馬となった。
レースはそのまま超ハイペースとなり、メイショウボーラーの独走態勢。それを
サイレンスボーイ、ストロングブラッド、シーキングザダイヤなどが追い、そのままの
状態で4コーナーに雪崩れ込んだ。
直線を向いても快脚の衰えないメイショウボーラーに、中段からヒシアトラスが大きな
馬体を轟かせて迫る。内からはシーキングザダイヤ、後方からタイムパラドックスも伸び、
更に出遅れたアドマイヤドンが前王者の意地を見せて追いすがる。
しかしメイショウボーラーはそのまま一気にゴールを駆け抜け、不良馬場にも関わらず
レコードタイムを叩き出す見事な勝利を掴み取った。

競馬順位傾向予測正確性:
徳田 : 7点( 7点)
垣ノ木:33点(33点)
火也 :55点(55点)

メイショウボーラーの快走を予想した垣ノ木研究員、対抗に推した火也首席がそれぞれ
高い正確性を得た。
今後ともその正確性を期待します。

雨谷の庵は今日も雨。
< Back |List| Next >
管理者:徳田雨窓