雨谷の庵

[0463] 素質溢れる走り (2004/12/12)
※[競馬]朝日杯フューチャリティS


[Home]
前略。秘密結社「競馬順位傾向予測研究協議団」の皆様方。
第10期第十戦も二歳馬戦。続けて難しい判断を迫られるようです。
朝日杯フューチャリティSです。

[競馬順位傾向予測正確性ルール]
予測点配分6point、倍率制。
単:1着10点、2着5点、3着3点、4着2点、5着1点
※連、通は5着以内で的中、単の得点を合計する。

-------------------------------------------------------------------------------
徳田[連下の祈祷師]
無冠。祈るだけ。

さて、今度は牡馬の若駒というわけです。さっぱりわかりません。
とりあえず、サンデーサイレンス産駒をが2頭しかいないので、マルカジークと
ペールギュントを入れてみる。
あとは……まあ、気になる感じのところを適当にチョイス。

<単予想>
ペールギュント(×1)
マルカジーク(×1)
エイシンヴァイデン(×1)
テイエムヒットベ(×1)

<連予想>
マルカジーク×ペールギュント(×1)
ペールギュント×エイシンヴァイデン(×1)

<通予想>
(なし)

なんか投げやり〜。

-------------------------------------------------------------------------------
垣ノ木[オッズに流されやすいヘタレ本命党?]
今年も応援! がんばれマヤノトップガン産駒!!

朝日杯FSは、G1の中でももっとも堅く収まるケースの多いレースだそうです。
確かに、毎年1番人気が好走しているイメージがありますね。
ただし、今年は少々様相が違うように感じます。

  本命:ローランコングレ
  対抗:ディープサマー
  連下:ペールギュント、マイネルレコルト

大混戦なら人気どころから手広くでも馬券的には構わないわけですが、どうも今ひとつ
人気どころを信用する気になれませんでした。こういうときは騎手で選ぶのも手なわけで、
それも含めて鞍上が外国人騎手のローランコングレから手広く買ってみたいと思います。
先週の阪神JFで3着に来たラインクラフトや秋華賞馬スイープトウショウと同じく
エンドスウィープ産駒です。このへんも魅力的なところですね。
対抗には有力馬の1頭ディープサマー。前走では垣ノ木一押しの2歳馬ローゼンクロイツと
走っており、レベルの高いところと肌を合わせたという点を買いました。
末もペールギュントあたりよりも切れそうな感じなので、こちらを対抗に。
連下にはペールギュントとマイネルレコルト。マイネルレコルトは鞍上さえまともなら
相当強いかも知れません。ただ、前走の負け方が少々気にかかりますね。
ペールギュントは切れると言われているようですが、垣ノ木的にはしぶとく伸びてくるタイプの
イメージがあります。

<連予想>
ローランコングレ×ディープサマー(×2)

<通予想>
ローランコングレ×ディープサマー×ペールギュント(×2)
ローランコングレ×ディープサマー×マイネルレコルト(×2)

研究団は有馬の前の加点狙いで配点を絞ってみました。
穴狙いでやるこっちゃないかもですが。(^^;)
とにもかくにも、まだ経験浅い2歳牡馬たちの素質溢れる走りを期待しましょう。

-------------------------------------------------------------------------------
火也[第9期首席]
子連れ馬券師

今年も残り2戦。今週は混戦あので、軸馬探しが難しく、結局絞りきれない状況。
先週に引き続きサンデー産駆に期待して、ペールギュントとマルカジークを軸にする。
ストーミーカフェは先行して粘りきれる可能性はあるが勝ちきれるかはもうひとつ
足りない気がする。
外人騎手騎乗馬のエイシンヴァイデンとローランコングレも押さえる。

<単予想>
マルカジーク(×1)
ペールギュント(×1)

<連予想>
ペールギュント×マルカジーク(×1)
ペールギュント×ストーミーカフェ(×1)
ペールギュント×エイシンヴァイデン(×1)
ペールギュント×ローランコングレ(×1)

小牧太がG1制覇となるか。そろそろ蛯名が取るかもしれないけど。

-------------------------------------------------------------------------------
[結果]

着順:
マイネルレコルト
ストーミーカフェ
ペールギュント
マイネルハーティー
セイウンニムカウ
ディープサマー
エイシンヴァイデン
ローランコングレ
マルカジーク
メジロスパイダー
スキップジャック
コパノフウジン
サクセスドマーニ
エイシンサリヴァン
テイエムヒットベ
シルクネクサス

寸評:
小雨のぱらつく天気も一段落し、空は曇り空ながらも馬場は良。しかもむしろ程好い
湿り具合とも言えそうな、そんな高速レースの予感に場内はざわめいていた。
スタートは各馬猛然とダッシュを掛ける激しい出だし。まず先頭に立ったのは
コパノフウジン。しかしそれをすぐさまテイエムヒットベとストーミーカフェが
追い抜き、そのままストーミーカフェが快足を飛ばして引っ張る展開に。
レースはペースに緩み無く、そのまま長い馬群が4コーナー直前まで続く。
4コーナー直前になって激しい位置取り争いで動き出したレース、団子状にもみ合うように
直線を向いた中から抜け出してきたのは前目の位置から中段を通ったマイネルレコルト。
しかし先行したストーミーカフェもそれに負けじと粘る。更には最後方から外を
回って人気のペールギュントが追いすがり、それに続けとマイネルハーティー、
セイウンニムカウ、ディープサマーも切れ込んでくる。
しかしそんな他馬の追撃もなんのその、最後にもう一伸びの圧倒的な切れを見せたのは
マイネルレコルト。貫禄さえ思わせる堂々の勝利で二歳チャンピオンの座に駆け上がった。

競馬順位傾向予測正確性:
徳田 : 3点(126点)
垣ノ木: 0点(124点)
火也 :11点(194点)

各研究員とも、軸馬の選び方が甘かったため、低調な結果に終わった。
今後の更なる精進を期待します。

雨谷の庵は今日も雨。
< Back |List| Next >
管理者:徳田雨窓