雨谷の庵

[0462] あるいはサンデー産駆 (2004/12/05)
※[競馬]阪神ジュベナイルフィリーズ


[Home]
前略。秘密結社「競馬順位傾向予測研究協議団」の皆様方。
いよいよ第10期も大詰めの第九戦。予想するには困難なレースの出番となりました。
阪神ジュベナイルフィリーズです。

[競馬順位傾向予測正確性ルール]
予測点配分6point、倍率制。
単:1着10点、2着5点、3着3点、4着2点、5着1点
※連、通は5着以内で的中、単の得点を合計する。

-------------------------------------------------------------------------------
徳田[連下の祈祷師]
無冠。祈るだけ。

まあ、正直2歳戦線は素人にはさっぱり分からないわけで、ていうか毎年このレースでは
分からんとぼやいているような気もしますが、今年はえらく強い馬がいる模様です。
その名はラインクラフト、まだ2戦しかしていないですが、いずれも5馬身4馬身の
大差での勝利、しかも戦い方が宜しいとのことで、ダントツの一番人気です。
いやぁ、流石に私が穴目狙いと言っても、この馬を外すのはちょっと無理でしょう。
あとは騎手で選ぶことにします。

<単予想>
(なし)

<連予想>
ラインクラフト×モンローブロンド(×1)
ラインクラフト×ライラプス(×1)
ラインクラフト×キャントンガール(×1)
ラインクラフト×デアリングハート(×1)
ラインクラフト×ジェダイト(×1)
ラインクラフト×アンブロワーズ(×1)

<通予想>
(なし)

ラインクラフトから総流しで。へたれですなぁー。

-------------------------------------------------------------------------------
垣ノ木[オッズに流されやすいヘタレ本命党?]
今年も応援! がんばれマヤノトップガン産駒!!

毎年のことながら、デビュー後間もない2歳のこの時期は、本当に予想しづらいですね。
一応、気にかけているポイントは「1600m以上の距離経験」「ファンタジーS組」
「現時点での完成度」の3つでしょうか。ただし今年は、距離経験の点については
不足したメンバーが揃ってしまいました。

  本命:ライラプス
  対抗:ラインクラフト
  連下:アンブロワーズ、ジェダイト、モンローブロンド

ファンタジーSでは控える競馬で4着に敗れましたが、1600mでの持ちタイムがメンバー1で
あること、また雨でやや馬場が渋くなりそうな点はライラプスに向きそうだという2点で
巻き返しは可能でしょう。
あまり後ろに下げさえしなければ、武豊騎手のヤマニンパラダイス以来の阪神JF制覇も
あり得ると思いますね。
対抗には現時点で単勝1.7倍の大本命に推されるラインクラフト。ファンタジーSでの
4馬身差圧勝劇はまさに圧巻でした。
秋華賞馬スイープトウショウと同じエンドスウィープ産駒らしい末脚の爆発力が大変魅力的です。
ここを圧勝するようなら、桜花賞と秋華賞もこの馬で仕方ないでしょう。
連下にはライラプスと同じ配合のアンブロワーズ、札幌2歳S出走経験があり赤松賞勝ち馬ジェダイト、
そしてスピードのありそうなモンローブロンドをあげてみました。

<単予想>
ライラプス(×2)
ラインクラフト(×1)

<通予想>
ライラプス×ラインクラフト×アンブロワーズ(×1)
ライラプス×ラインクラフト×ジェダイト(×1)
ライラプス×ラインクラフト×モンローブロンド(×1)

まだまだ競馬を覚えきらないこの時期の、2歳牝馬たちの好勝負に期待しましょう。

-------------------------------------------------------------------------------
火也[第9期首席]
子連れ馬券師

昨年の続いて”エンドスイープ産駆”で強力な末脚を持つラインクラフトが現在1番人気。
昨年のスイープトウショウが大外一気の対し、この馬は好位につけられるので大崩れはなさそう。
ラインクラフト掲示板は外さないだろうから、この馬から入るのが無難だろう。

<通予想>
ラインクラフト×ライラプス×アンブロワーズ(×1)
ラインクラフト×ライラプス×ショウナンバントル(×1)
ラインクラフト×ジェダイト×モンローブロンド(×1)
ラインクラフト×リヴァプール×モンローブロンド(×1)
ラインクラフト×アンブロワーズ×キャントンガール(×1)
ショウナンバントル×ジェダイト×デアリングハート(×1)

最後の2点は外国騎手のワン、ツーがあるかも、あるいはサンデー産駆3頭で決まったりして、
という遊びです。

-------------------------------------------------------------------------------
[結果]

着順:
ショウナンパントル
アンブロワーズ
ラインクラフト
ハギノコマチ
デアリングハート
ジェダイト
ライラプス
リヴァプール
エリモファイナル
コスモマーベラス
カシマフラワー
エイシンハッピー
モンローブロンド
テイエムチュラサン
キャントンガール
クロユリジョウ
マイネデセール
ミラクルコンサート

寸評:
レースは綺麗に揃ったスタートとなり、直後から激しい先行争いが展開されることとなった。
まず先頭に立ったのはテイエムチュラサン。しかしそれを大外からキャントンガールが
追い越す。しかしその二頭だけが独走するというわけでもなく、更にエリモファイナル、
カシマフラワー、マイネデセール、アンブロワーズといった面々が追走、先頭集団を形成した。
圧倒的な人気となったラインクラフトは先行集団のやや後方で様子を伺い、ペースは淡々と
した感じでそのまま4コーナーへと突き進んだ。
4コーナー、まず先頭に立ったのはアンブロワーズ。直線に向いてからの追い出しで体一つ
抜け出す格好に。しかしそれを大外からラインクラフトが追いかける。更に中段から
するすると馬群の隙間を抜けてショウナンパントルが飛び出し、最後はこの3頭の壮絶な
叩き合い、デッドヒートとなった。
最後、ゴールを頭の差で駆け抜けたのは粘り強さで他を振り切ったショウナンパントル。
この世代でもサンデーサイレンス産駒が底力を見せ付ける結果となった。

競馬順位傾向予測正確性:
徳田 :12点(123点)
垣ノ木: 3点(124点)
火也 : 0点(183点)

各研究員とも、軸馬の読み違いで低調な結果となってしまったようだ。
今後更なる精進を希望します。

雨谷の庵は今日も雨。
< Back |List| Next >
管理者:徳田雨窓