雨谷の庵

[0458] 敵無しの実力 (2004/11/21)
※[競馬]マイルチャンピオンシップ


[Home]
前略。秘密結社「競馬順位傾向予測研究協議団」の皆様方。
第10期も後半戦、第六戦はマイルチャンピオンシップです。
いよいよ山場ですね。

[競馬順位傾向予測正確性ルール]
予測点配分6point、倍率制。
単:1着10点、2着5点、3着3点、4着2点、5着1点
※連、通は5着以内で的中、単の得点を合計する。

-------------------------------------------------------------------------------
徳田[連下の祈祷師]
無冠。祈るだけ。

いやー、それにしてもマイルCS、面白いメンバーが揃ったものです。
G1馬多数、新古女王にスプリントやマイルの強者と目移りすること必至です。

さて、私は今回、牝馬に注目したいと思います。
まずはファインモーション。調子も良さそうですし、何よりエリザベス女王杯ではなく
こちらにエントリーというのが気になります。
次にダンスインザムード。同世代では明らかに実力上位、天皇賞・秋でもその実力が
古馬に引けを取らないことを証明済み。これはここ一番の勝負に期待したいです。
あとは無難にデュランダルを絡めて予想にしてみます。

<単予想>
ファインモーション(×1)
ダンスインザムード(×1)

<連予想>
ファインモーション×ダンスインザムード(×1)
ダンスインザムード×デュランダル(×1)
デュランダル×ファインモーション(×1)

<通予想>
ファインモーション×ダンスインザムード×デュランダル(×1)

頑張れ牝馬。

-------------------------------------------------------------------------------
垣ノ木[オッズに流されやすいヘタレ本命党?]
今年も応援! がんばれマヤノトップガン産駒!!

やや手薄感のあった今年の安田記念。しかし、秋になって昨年の短距離王デュランダルが
復帰したこともあって、マイルCSは好メンバーが揃ったと言えそうです。
唯一頭、海外から参戦のラクティも、9月のクイーンエリザベス二世S(芝1600m英国)勝ち馬と
あって高いレベルでの混戦ムードが漂ってますね。

  本命:デュランダル
  対抗:アドマイヤマックス
  連下:ラクティ、テレグノシス

裂蹄に悩まされていたというデュランダル。その影響で今年は高松宮記念とスプリンターズSに
スポット参戦のような形になってしまいました。それでも前走スプリンターズSでは、
渋った馬場でも最後方から追い上げての2着。強いところを存分に見せつけたといっても
いい内容だったと思います。裂蹄の影響もなく、秋2戦目となる今回は、まさに万全の状態と
言っても過言はないでしょう。内が荒れて伸びるのは馬場の真ん中から外という馬場状態も、
追い込み一辺倒のデュランダルにはまさに好材料です。
ゴール前、次元の違う脚で飛んでくるデュランダルの姿に期待します。
対抗には、本命視も考えたアドマイヤマックスを推します。昨年の安田記念でも2着に
突っ込んでくるなど、マイル路線に絞ってからの安定感は抜群です。体調面でも好調を
キープしている模様で、ここでもその安定感が光るのではないかと思います。
連下には外国馬ラクティとテレグノシスを。ラクティは、日本競馬のペースに着いてこれるか
どうかと京都の馬場に合うかどうかがカギになってきますが、不気味な存在には違いないでしょう。
テレグノシスは、期待された天皇賞・秋で案外な結果に終わってしまいましたが、ここでは
十分に巻き返しがあると思います。鞍上も、G1での一発には魅力のある横山典弘騎手に
乗り替わりで、まさに真価が問われる一戦になりそうです。

<連予想>
デュランダル×アドマイヤマックス(×4)

<通予想>
デュランダル×アドマイヤマックス×ラクティ(×1)
デュランダル×アドマイヤマックス×テレグノシス(×1)

その他では、マヤノトップガン産駒プリサイスマシーンやマイネル2騎、牝馬2騎あたりも
ヒモで買ってみたいと思います。

-------------------------------------------------------------------------------
火也[第9期首席]
子連れ馬券師

今週は良馬場で行えそうな”マイルC”。各馬、力を出し切って欲しいものです。
今やこの距離までなら敵無しの実力があるデュランダル。よほど、先行馬の時計が
早くならない限り、確実に差してくるはずです。
対抗には、ようやくというか、とうとう騎手代わりとなったテレグノシス。
展開一つでしょうが、力はあるので、あとは運次第。
連下に、豊騎乗のファインモーション 、3歳馬からメイショウボーラー。

<単予想>
デュランダル(×3)

<連予想>
デュランダル×テレグノシス(×1)
デュランダル×ファインモーション(×1)
デュランダル×メイショウボーラー(×1)

来たら仕方なしでラクティは切り。
疲れがどうかでダンスインザムードも切り。
力はあるけど、幸四郎騎乗なのでアドマイヤマックスも切り。
結局、デュランダルが2連覇を飾る気がする。

-------------------------------------------------------------------------------
[結果]

着順:
デュランダル
ダンスインザムード
テレグノシス
マイネルソロモン
プリサイスマシーン
アドマイヤマックス
メイショウボーラー
バランスオブゲーム
ファインモーション
マイネルモルゲン
フォルクローレ
ロードフラッグ
マイソールサウンド
ラクティ
ギャラントアロー
ナイトフライヤー

寸評:
肌寒いながらも爽やかな好天、京都の良馬場は16頭の堂々たる面々を出迎えた。
スタート、海外最強馬の声高いラクティが出遅れで会場にざわめきが走る。
先頭に立ったのはギャラントアローとメイショウボーラー。しかし出遅れた
ラクティが猛然と内を駆け上り、先行の位置につけた。ペースは速いでも遅いでもなく
混戦模様、馬群も団子状のまま4コーナーを回った。
直線、ギャラントアローを交わしてメイショウボーラーが先頭に立つ。しかしすぐさま
外からダンスインザムードが突き抜ける。最後方からはテレグノシス、デュランダルと
いった切れ味が鋭さを発揮して飛んでくる。
しかし、次元の違う実力を見せ付けたのはやはり名刀デュランダル、あっさりと
ダンスインザムードを突き放すと2馬身差をつけて圧勝、2年連続のマイル王に
輝いた。

競馬順位傾向予測正確性:
徳田 :20点( 88点)
垣ノ木: 0点( 71点)
火也 :43点(116点)

今回は各研究員ともデュランダルを軸に予想を組み立てたが、相手に何を選ぶかで
結果には差が出たようだ。火也首席は流石の一点予想と言っていいだろう。
今後とも更なる精進に期待します。

雨谷の庵は今日も雨。
< Back |List| Next >
管理者:徳田雨窓