雨谷の庵

[0451] 戦前から逃げを (2004/10/03)
※[競馬]スプリンターズS


[Home]
前略。秘密結社「競馬順位傾向予測研究協議団」の皆様方。
いよいよ当秘密結社も第10期。節目の時期と言えるでしょう。今期もビシッとキメて
いきたいと思います。まずは第一戦、スプリンターズSです。

[競馬順位傾向予測正確性ルール]
予測点配分6point、倍率制。
単:1着10点、2着5点、3着3点、4着2点、5着1点
※連、通は5着以内で的中、単の得点を合計する。

-------------------------------------------------------------------------------
徳田[連下の祈祷師]
無冠。祈るだけ。

秋競馬、まずはスプリント戦から始まります。
極上馬場の中山、まず上位陣に紛れは無いと見ています。人気通りに来るのではないかと。
あとは、外国勢を考慮してみましょう。
ということで本命筋はデュランダル、サニングデール辺りは押さえておきたいと思います。
外国勢としてはケープオブグッドホープでしょうか。あとは個人的な好みで
ウインラディウスを入れてみます。

<単予想>
デュランダル(×1)
サニングデール(×1)

<連予想>
デュランダル×サニングデール(×1)
デュランダル×ケープオブグッドホープ(×1)
デュランダル×ウインラディウス(×1)

<通予想>
デュランダル×サニングデール×ウインラディウス(×1)

こんな感じで。相変わらずの優柔不断予想ですな。ははは。

-------------------------------------------------------------------------------
垣ノ木[オッズに流されやすいヘタレ本命党?]
今年も応援! がんばれマヤノトップガン産駒!!

秋初戦、まずは綺麗なスタートを切りたいですね。

本命:キーンランドスワン
対抗:デュランダル
連下:アシュダウンエクスプレス、サニングデール、シーイズトウショウ、ゴールデンキャスト

個人的な直感では、キーンランドスワン、デュランダル、サニングデール、ゴールデンキャストの
4頭の中から勝ち馬が出る気がしています。その中でも、高松宮記念で3着に突っ込んできて
当たり馬券をくれたキーンランドスワンを本命に抜擢したいと思います。
デュランダルやサニングデールに比べると、やや物足りなさはあるものの、上記4頭の中では
一番順調かつ安定した実績がある点を評価しました。速くなりそうな流れの中で、
後ろに下げすぎなければかなり勝機があるのではないでしょうか。
対抗にはデュランダル。春初戦がぶっつけで高松宮記念でしたが、2着と強いところを見せました。
調教の動きも悪く無さそうで、実績面での評価を重視したいと思います。
連下には牝馬の強豪シーイズトウショウと外国馬で勢いがあるというアシュダウンエクスプレスを
加えた4頭を抑えておきました。

<単予想>
キーンランドスワン(×1)

<連予想>
キーンランドスワン×デュランダル(×1)

<通予想>
キーンランドスワン×デュランダル×サニングデール(×1)
キーンランドスワン×デュランダル×アシュダウンエクスプレス(×1)
キーンランドスワン×デュランダル×ゴールデンキャスト(×1)
キーンランドスワン×デュランダル×シーイズトウショウ(×1)

あとはシルキーラグーンとタマモホットプレイあたりも余裕があれば少し買ってみようと思います。

-------------------------------------------------------------------------------
火也[第9期首席]
子連れ馬券師

今週から秋競馬が始まります。今期も首席を狙っていきます。
出走メンバーを見る限り、ゴールデンキャストしか上がり馬は見当たりません。
これに実績上位の2頭で固いと予想します。

<通予想>
デュランダル×サニングデール×ゴールデンキャスト(×6)

外国馬はとりあえず無視の予想です。
来るなら香港馬でしょう。

-------------------------------------------------------------------------------
[結果]

着順:
カルストンライトオ
デュランダル
ケープオブグッドホープ
ウインラディウス
シルキーラグーン
キーンランドスワン
シーイズトウショウ
タマモホットプレイ
サニングデール
シルヴァーゼット
ゴールデンキャスト
ワンダーシアトル
アシュダウンエクス
ナムラビッグタイム
カフェボストニアン
フェアジャグ

寸評:
秋雨の降りしきる中山競馬場、馬場状態は不良。
スタート、雨を弾くようにして一斉に各馬の先行争い。トップに立ったのは戦前から逃げを
宣言していたカルストンライトオ。それにナムラビッグタイム、ゴールデンキャスト、
シーイズトウショウ、などが続く。馬場は重いながらもスプリント戦、ペースは緩まず
力の入る展開となった。
3コーナー過ぎから徐々に外目を上がり始めたのは最後方からのデュランダル、レースは
4コーナー手前で動きが激しくなり、そのまま各馬一団となって直線へ。
しかしここで勢い良く伸びたのは先頭を走っていたカルストンライトオ。外から切れ味
鋭く上がって来るデュランダル、中段からしぶとく伸びたケープオブグッドホープなどの
追撃を交わし、堂々のG1勝利を手にした。

競馬順位傾向予測正確性:
徳田 :20点(20点)
垣ノ木: 0点( 0点)
火也 : 0点( 0点)

今回、どの研究員もカルストンライトオの逃げを予測できなかった。ただ、徳田研究員だけは
2、3、4着を堅実に予測、手堅く正確性を獲得した。
今後ともその正確性を期待します。

雨谷の庵は今日も雨。
< Back |List| Next >
管理者:徳田雨窓