雨谷の庵

[0414] 海外の大舞台へと旅だって (2004/02/22)
※[競馬]フェブラリーS


[Home]
前略。秘密結社「競馬順位傾向予測研究協議団」の皆様方。
第9期になりました。まずはフェブラリーSです。
なお、今期からルール改正となりますので、ご注意ください。

[競馬順位傾向予測正確性ルール]
予測点配分6point、倍率制。
単:1着10点、2着5点、3着3点、4着2点、5着1点
※連、通は5着以内で的中、単の得点を合計する。

-------------------------------------------------------------------------------
徳田[連下の祈祷師]
無冠。祈るだけ。

今期からルールが変わったので「より安定した走りをする馬」を狙う傾向が強くなると思われます。
まずこのレースではやはり、安定感抜群のアドマイヤドンは外せないかと。
あとは実力十分のユートピア、斤量有利のノボトゥルー辺りを押さえてみます。
気になるのはサイレントディールなんですが、大崩が恐いので今回は外しで。

<単予想>
アドマイヤドン(×1)
ユートピア(×1)
ノボトゥルー(×1)

<連予想>
アドマイヤドン×ユートピア(×1)
ユートピア×ノボトゥルー(×1)
ノボトゥルー×アドマイヤドン(×1)

<通予想>
(なし)

ちなみに妻の人予想はスターリングローズ、タイムパラドックス、ノボトゥルーだそうです。
……これは来ないと思うけどなぁ。

-------------------------------------------------------------------------------
垣ノ木[オッズに流されやすいヘタレ本命党?]
今年も応援! がんばれマヤノトップガン産駒!!

去年同様、今年はダートレースにも楽しみな馬がいます。去年はゴールドアリュール、
そして双璧と言われたアドマイヤドンが、今年の主役です。

本命:アドマイヤドン
対抗:スターリングローズ
連下:ストロングブラッド

昨年のこのレースは大敗してしまったものの、復帰してからはダートで安定したレースが
出来るようになったアドマイヤドン。
JCダートで米国馬フリートストリートダンサーに足下をすくわれてしまいはしましたが、
後続には5馬身差をつけています。
年明け後もこれといった上り馬はなく、力関係に変動はなさそうです。
唯一の不安は休養明けということになりますが、ドバイWCに向けての体調維持を考えると
仕方のないところ。
改めてもう一度強いところを見せつけて、海外の大舞台へと旅だってもらいたいものです。
とりあえずアドマイヤドンの相手探しというわけですが、これは横一線な気がします。
先行勢の中からスターリングローズを対抗に抜擢。前走の大敗は斤量もあると思いますし、
調教タイムからは体調面の上昇も伺えます。期待しましょう。
あとはもう、本当に気になる馬ばかりです。
とりあえず、ストロングブラッドが一番面白そうだなぁと思ってます。

<単予想>
アドマイヤドン(×2)

<連予想>
アドマイヤドン×スターリングローズ(×1)
アドマイヤドン×ストロングブラッド(×1)

<通予想>
アドマイヤドン×スターリングローズ×ストロングブラッド(×2)

なにはともあれ2004年最初の中央G1レース。面白いレースを期待しましょう。

-------------------------------------------------------------------------------
火也[第8期首席]
子連れ馬券師

今年もG1戦線が始まります。
まずはダートG1でトップに踊り出ましょう。

圧倒的強さを誇るアドマイヤドン。これは外せない。
その他は、
人気でもサイレントディール、ユートピア
古豪のイーグルカフェ、スターリングローズ

<連予想>
アドマイヤドン×ユートピア(×2)
アドマイヤドン×サイレントディール(×1)
アドマイヤドン×イーグルカフェ(×1)
アドマイヤドン×スターリングローズ(×1)

<通予想>
アドマイヤドン×ユートピア×サイレントディール(×1)

今年の初戦は武豊を外して勝負してみます。
これで豊が来たら、今年は買い続けよう。

-------------------------------------------------------------------------------
[結果]

着順:
アドマイヤドン
サイレントディール
スターリングローズ
ミツアキタービン
ブルーコンコルド
タイムパラドックス
イーグルカフェ
ユートピア
ノボトゥルー
ブイロッキー
ストロングブラッド
トーシンブリザード
シャドウスケイプ
ハタノアドニス
ヒューマ
ノボジャック

寸評:
風の強い東京競馬場、しかし各馬の落ち着きに問題は無く、スタートのファンファーレが鳴った。
団子状に一群となったまま突き進むその先頭に立ったのはハタノアドニス、ミツアキタービンなど。
しかし競り合い激しく、中段での位置取りが細かに変動し、各馬ともに機を伺った。
4コーナーから長い直線に入り、内でミツアキタービンが粘って先頭に。しかしすぐさま
中段からスターリングローズ、サイレントディールなどが駆け上がってくる。
しかしやや外目から猛然と末脚を効かせたアドマイヤドンが先頭に立つと、他馬を
寄せ付けることなく、ゴールを押し切った。

競馬順位傾向予測正確性:
徳田 :10点(10点)
垣ノ木:33点(33点)
火也 :28点(28点)

各研究員ともにアドマイヤドンを軸に、正確性を確保することに成功した。
今後とも、その正確性を期待します。
ちなみに今回、新ルールの影響は全く無かった。

雨谷の庵は今日も雨。
< Back |List| Next >
管理者:徳田雨窓