雨谷の庵

[0398] レコード勝ちの実績 (2003/12/14)
※[競馬]朝日杯フューチャリティS


[Home]
前略。秘密結社「競馬順位傾向予測研究協議団」の皆様方。
先週の二歳牝馬G1に続いて今週は二歳牡馬G1の朝日杯。
いよいよ大団円目前の研究員の予測はどうなるのか。

[競馬順位傾向予測正確性ルール]
予測点配分6point、倍率制。
単:1着10点、2着5点、3着3点、4着2点、5着1点
連:1着2着15点、1着3着13点、2着3着8点
通:1着2着3着20点

-------------------------------------------------------------------------------
徳田[連下の祈祷師]
もはや連下神。

今週は二歳牡馬、牝馬も散々だった二歳は牡馬も同様でさっぱりです。
しかしまあ、今年は前評判がずば抜けて高いメイショウボーラーを軸に据えるのが無難と
言うのは間違いないかと。
あとはレコード勝ちの実績を買ってコスモサンビーム、力のいる勝負で勝ちを重ねてきた
メテオバーストあたりを対抗に据えてみましょう。
他に気になるのはフォーカルポイント、キョウワスプレンダあたりか。
ただまあ、予想はちょっと絞り気味でやってみます。

<単予想>
メイショウボーラー(×1)
コスモサンビーム(×1)
メテオバースト(×1)

<連予想>
メイショウボーラー×コスモサンビーム(×1)
メイショウボーラー×メテオバースト(×1)

<通予想>
メイショウボーラー×コスモサンビーム×メテオバースト(×1)

とりあえずメイショウボーラーに来てもらわないと成り立たないので、
頑張ってもらうという方向で。

-------------------------------------------------------------------------------
垣ノ木[オッズに流されやすいヘタレ本命党?]
今年も応援! がんばれマヤノトップガン産駒!!

毎年、出走馬の中にその後の活躍馬が含まれるこのレース。
去年は2着のサクラプレジデント、一昨年は1着アドマイヤドン、もっとさかのぼれば
あのナリタブライアンもやバブルガムフェローもここを勝っています。
一時期は有力馬がラジオたんぱ杯に流れるケースが目立ちましたが、
ここ数年は将来の楽しみなメンバーが揃う傾向にあります。
今年もなかなか面白い素質馬たちが集いました。

本命:メイショウボーラー
連下:フォーカルポイント、メテオバースト

血統的には物凄く短距離向きなメイショウボーラーですが、ここでの好走と断然の
1番人気に支持されることは疑う余地がありません。
垣ノ木的に「マイルでのタイキシャトル産駒には気をつけろ」というのもあったりします。
ともかく、この馬を軸として相手選びで考えていきたいと思います。
相手にはフォーカルポイント、メテオバーストを選んでみました。
フォーカルポイントは前走の東京スポーツ杯で垣ノ木に馬券を取らせてくれた馬。
そのお礼も込めて、ここでもまた買わせて頂こうと思います。
…馬券の相性って結構重要だし。(笑)
メテオバーストはレースを見たことがないのですが、まだ底を見せてない感じなので不気味です。
あとはスズカマンボ、グレートジャーニー、モエレエスポワール辺りも気になります。
特にモエレエスポワールは先の阪神JF勝ち馬ヤマニンシュクルと2度やりあった馬。
こういう馬も不気味ですね。ですがまあ、今回は上記3頭を重要視するということで。

<単予想>
メイショウボーラー(×2)

<通予想>
メイショウボーラー×メテオバースト×フォーカルポイント(×4)

今回はそこそこ自信有り?(笑)
当たるといいですね。

-------------------------------------------------------------------------------
火也[第7期首席]
子連れ馬券師

今年も残すところG1もあと2戦となりました。
先週は1番人気がまたしても連にすらからまなく
万馬券で収まりました。今週は先週以上に断然1番人気
のメイショウボーラーがいます。
強いと言われてるけど、なぜかレースを見たことがありません。
時計から見ると、かなり強そうですが絶対視はできません。
でも、切ることはできないので連下まで。

本命はグレイトジャーニー。
武豊はコスモサンビームではなくこの馬に騎乗を決めたところが”みそ”。
好位から差してくる武豊に期待しましょう。

対抗は少し穴狙いでキョウワスプレンダ。
調子がのっている佐藤騎手に期待。

あとは、コスモサンビーム、メテオバースト、スズカマンボまで。
<単予想>
グレイトジャーニー(×1)

<連予想>
グレイトジャーニー×メイショウボーラー(×1)
グレイトジャーニー×メテオバースト(×1)
グレイトジャーニー×キョウワスプレンダ(×1)
グレイトジャーニー×コスモサンビーム(×1)
グレイトジャーニー×スズカマンボ(×1)

有馬記念では現状勝てそうな馬に乗らない武豊に期待。
豊を軸にするとこないし、外すとくるしと、相性今ひとつだけど・・
メイショウボーラーが圧勝するかが見所です。

-------------------------------------------------------------------------------
[結果]

着順:
コスモサンビーム
メイショウボーラー
アポインテッドデイ
フォーカルポイント
フサイチホクトセイ
メテオバースト
グレイトジャーニー
マイネルゼスト
キョウワスプレンダ
メイショウムネノリ
ダイワバンディット
コスモステージ
スズカマンボ
モエレエスポワール
リガードシチー
マイネルパナシュ(中止)

寸評:
素晴らしい冬晴れのもと、若々しいというよりも幼さの残る若駒が馬体を揃えた。
スタートは一斉、各馬厳しい位置争いで混乱気味となり、初っ端からレースには審議の
ランプが点灯した。
まず先頭に突き抜けたのは大外から勢い良く飛び出したメイショウボーラー。
しかしそのまま大逃げはせず、絶妙にペースをコントロールし、レースの主導権を
がっちりと掴んだ。馬群はやや速いペースでバタバタとした感じで進み、4コーナーに
突き進んだ。
先頭のメイショウボーラーは直線に入っても万全の駆け上がりを見せゴールを目指す。
しかし内々を丁寧に進んでいたコスモサンビーム、前目で粘るアポインテッドデイなどが
それを猛追、ゴール直前は見応えある競り合いとなり、熱戦を演じた。
結果、激しい追い込みを競り勝ったのはコスモサンビーム、クビ差でメイショウボーラーを
かわして二歳王者を手にした。

競馬順位傾向予測正確性:
徳田 :30点(167点)
垣ノ木:10点(124点)
火也 : 0点(203点)

今回はメイショウボーラーを軸にすえた研究員が着実に正確性を得る結果となった。
中でもコスモサンビームの激走を読み切った徳田研究員の正確性には素晴らしいの
一言以外には無い。
今後とも、その正確性を期待します。

雨谷の庵は今日も雨。
< Back |List| Next >
管理者:徳田雨窓