雨谷の庵

[0393] 2頭の差は無い (2003/11/30)
※[競馬]ジャパンカップダート


[Home]
前略。秘密結社「競馬順位傾向予測研究協議団」の皆様方。
第八期も山場の第七戦目、2日間連続のG1でいよいよ盛り上がってくるので
しょうか。ジャパンカップダートです。

[競馬順位傾向予測正確性ルール]
予測点配分6point、倍率制。
単:1着10点、2着5点、3着3点、4着2点、5着1点
連:1着2着15点、1着3着13点、2着3着8点
通:1着2着3着20点

-------------------------------------------------------------------------------
徳田[連下の祈祷師]
もはや連下神。

今年も二日連続のG1がやってまいりました。
初日はJCダート。
正直ダートは良く分かってないんですが、とりあえず実力上位から
選択してみたいと思います。

<単予想>
アドマイヤドン(×1)
サイレントディール(×1)
ユートピア(×1)

<連予想>
アドマイヤドン×サイレントディール(×2)

<通予想>
アドマイヤドン×サイレントディール×ユートピア(×1)

アドマイヤドンは今回ちょっと頭抜けている感じか。
サイレントディールは少し見劣りするんですが、騎乗がペリエだけに
対抗馬として押さえておきたいところ。
ユートピアは未知数の穴馬という気もしますが押さえで。
あと気になるのはネームヴァリューか。
実績で行けばノボトゥルー、カネツフルーヴあたりもありな気もしますが、
ここは思い切って切りで。

-------------------------------------------------------------------------------
垣ノ木[オッズに流されやすいヘタレ本命党?]
今年も応援! がんばれマヤノトップガン産駒!!

今週は土日の2日間でG1が連続開催です。まずは土曜日に行われるダートの
国際G1ジャパンカップダートの予想から行きましょう。合い言葉は、
「雨が降れば降るほど固くなる」ってなかんじで。

本命:サイレントディール
対抗:アドマイヤドン
連下:ネームバリュー、ユートピア、ビッグウルフ、グラスエイコウオー

今年も2頭のアメリカ馬が参戦しますが、どうもあまりパッとしません。
まあ、競馬は何があるかわかりませんから、決して可能性がないわけでは無いとは思います……。
とりあえず、日本馬の中ならサイレントディールとアドマイヤドンの2頭が抜けてそうです。
ダービー馬アドマイヤベガを兄に持つアドマイヤドンと、エリザベス女王杯勝ち馬
トゥザビクトリーを姉に持つサイレントディール。
本命と対抗の区分けをしたものの、垣ノ木的にこの2頭の差は無いように思います。
良血の2頭の活躍に期待しましょう。
連下は3歳馬のユートピア、ビッグウルフを中心で、ネームバリューとグラスエイコウオーを
押さえる感じです。

<連予想>
アドマイヤドン×サイレントディール(×2)

<通予想>
アドマイヤドン×サイレントディール×ユートピア(×1)
アドマイヤドン×サイレントディール×ビッグウルフ(×1)
アドマイヤドン×サイレントディール×ネームバリュー(×1)
アドマイヤドン×サイレントディール×グラスエイコウオー(×1)

日曜日には今年のダービー馬と菊花賞馬も参戦のジャパンカップ。胸躍る週末ですね。

-------------------------------------------------------------------------------
火也[第7期首席]
子連れ馬券師

今年の競馬も山場を迎えての”JC”ウィークです。
まずはJCダート。今年はアドマイヤドンが断然の1番人気のはず。
少し気分屋のところがあるけど、力上位。
よほどのことがない限り上位にくるでしょう。

本命:アドマイヤドン
連下:サイレントディール、リージェントブラフ

<単予想>
アドマイヤドン(×4)

<連予想>
アドマイヤドン×サイレントディール(×1)
アドマイヤドン×リージェントブラフ(×1)

ここはアドマイヤドンに勝って欲しい。

-------------------------------------------------------------------------------
[結果]

着順:
フリートストリート
アドマイヤドン
ハギノハイグレイド
スターキングマン
ディーエスサンダー
シロキタゴッドラン
サイレントディール
リージェントブラフ
オウタヒア
ネームヴァリュー
カネツフルーヴ
ユートピア
ビッグウルフ
ノボトゥルー
グラスエイコウオー
スマートボーイ

寸評:
冷たい雨の降りしきる悪天候、馬場も不良状態となりぬかるんでいた。
スタートから飛び出したのはカネツフルーヴ、人気のアドマイヤドン、サイレントディールは
やや前目につけて、機会を伺う形となった。レースは3コーナーを過ぎた辺りから各馬位置取りを
気にする展開となり、4コーナーに一気に突入した。
泥の跳ね飛ぶ団子集団からいち早く抜け出したのはフリートストリート。粘るカネツフルーブを
一気に抜き去って先頭へ。しかしそれをすぐさまアドマイヤドンが追い、2頭は激しく体を
併せながらの猛烈な叩き合いとなった。
抜きつ抜かれつの激戦は最後まで行方の分からない名勝負となり、しかし写真判定の末ハナ差で
勝利を手にしたのは、フリートストリートであった。

競馬順位傾向予測正確性:
徳田 : 5点(126点)
垣ノ木: 0点(103点)
火也 :20点(181点)

各研究員ともにアドマイヤドンを軸に据えて臨んだが、フリートストリートの激走を予測できずに
低調な結果となった。
今後の奮起に期待します。

雨谷の庵は今日も雨。
< Back |List| Next >
管理者:徳田雨窓