雨谷の庵

[0380] この馬は強い (2003/10/19)
※[競馬]秋華賞


[Home]
前略。秘密結社「競馬順位傾向予測研究協議団」の皆様方。
秋の序盤、華のあるレースといえばやはり牝馬戦。
第八期第二戦目は秋華賞です。

[競馬順位傾向予測正確性ルール]
予測点配分6point、倍率制。
単:1着10点、2着5点、3着3点、4着2点、5着1点
連:1着2着15点、1着3着13点、2着3着8点
通:1着2着3着20点

-------------------------------------------------------------------------------
徳田[連下の祈祷師]
もはや連下神。

いやはや、もう、今回はこの2頭で決まりなんではないでしょうか。
2冠馬のスティルインラブの実力はとりあえず疑いなし。
アドマイヤグルーヴの強さも、光っていると思うのです。
ということで、あと上げるとすればベストアルバムかと思いますが、ここはあえて勝負目で挑もうかと。

<単予想>
アドマイヤグルーヴ(×2)
スティルインラブ(×2)

<連予想>
アドマイヤグルーブ×スティルインラブ(×2)

<通予想>
(なし)

がちがちの本命狙いで、がっぽり行かせてもらいます。
すまんのう。

-------------------------------------------------------------------------------
垣ノ木[オッズに流されやすいヘタレ本命党?]
今年も応援! がんばれマヤノトップガン産駒!!

こんにちは、垣ノ木です。
引越しは無事終わりました。ただ、引っ越し先のADSL回線が未だに使えない状況なので、
会社からカキコです。

本命:アドマイヤグルーヴ
対抗:スティルインラブ
連下:オースミハルカ、レンドフェリーチェ、メモリーキアヌ

正直なところ、「スティルインラブの三冠達成のレース」を見てみたいです。
でも、今年は桜花賞・オークスともにアドマイヤの方を本命にしてきたと思うので、
ここでも変えずに行こうと考えました。…過去に途中で鞍替えして失敗した経験も
多々あることですし。
まあ、前走を見る限りでは、まともに走ればやっぱりアドマイヤグルーヴも強いし、期待してます。
ちなみに、展開的にはローズS同様にさほど速い流れにはならないと思います。
人気どころもそろって中団前目につけるんではないでしょうか。
そして直線でヨーイドンの末脚勝負。となれば、末脚を武器とする馬に注目したいところですね。
そこで連下は「本命と同等の末脚を繰り出せるなら」ということで選んでみました。

<連予想>
アドマイヤグルーヴ×スティルインラブ(×3)
アドマイヤグルーヴ×オースミハルカ(×1)
アドマイヤグルーヴ×レンドフェリーチェ(×1)
アドマイヤグルーヴ×メモリーキアヌ(×1)

今回は連予想のみで。
ではでは。

-------------------------------------------------------------------------------
火也[第7期首席]
子連れ馬券師

今年は牝馬、牡馬ともに3冠がかかっているという珍しい年。
桜花賞の時から”この馬は強い”と思いましたが、その通り2冠を制した
スティルインラブ が本命。
前走は体重増のせいか5着に沈んだが、この一叩きで変わってくるはず。
外枠すぎるのが気にかかるが、信じるのみ。

対抗はやはりアドマイヤグルーヴ。馬の気性が成長したと言っても
まだ信用はできないと思う。豊マジックを使って、どう制御するか見物。

連下はベストアルバム 、オースミハルカ。
ベストアルバムは追い込んで、ヤマカツリリーは先行してどこまで粘れるか。

穴はヤマニンスフィアー 。これと言った理由はないがなんとなく。

<単予想>
スティルインラブ (×1)

<連予想>
スティルインラブ ×アドマイヤグルーヴ(×3)

<通予想>
スティルインラブ ×アドマイヤグルーヴ×ヤマカツリリー(×1)
スティルインラブ ×アドマイヤグルーヴ×ベストアルバム(×1)


今年は阪神優勝、徳田氏結婚、ということから牝馬牡馬ともに
3冠達成する気がする。
当然、菊花賞はネオユニバース本命です。

-------------------------------------------------------------------------------
[結果]

着順:
スティルインラブ
アドマイヤグルーヴ
ヤマカツリリー
ピースオブワールド
マイネサマンサ
オースミハルカ
メイショウバトラー
メモリーキアヌ
レンドフェリーチェ
ヤマニンスフィアー
ミルフィオリ
スターリーヘヴン
チューニー
タイムウィルテル
タンザナイト
レマーズガール
ベストアルバム
トーセンリリー

寸評:
秋晴れとはまさにこのことというべき晴天の元、レースの緊迫は否応にも高まった。
スタート直前、オースミハルカが枠を嫌いレースの開始が遅れるというハプニングが
あったものの、特に入れ込んでしまう馬もなく、綺麗なスタートで始まった。
先頭に立ったのはマイネサマンサ、チューニー。3冠を狙うスティルインラブは
中段やや後方、人気のアドマイヤグルーヴはその後ろでピタリとマークする形に。
レースは互いの位置取りを冷静に保ったまま3コーナー過ぎまで淡々と進んだ。
まず仕掛けたのはスティルインラブ。4コーナー手前で外目外目へと追い出すと、
大外を満を持してかける横綱相撲。内ではマイネサマンサが逃げ切り狙いの
素晴らしい粘りを見せて一旦突き抜けるも延びず。アドマイヤグルーヴは前を行く
スティルインラブを激しく追い上げる。が、届かず。
結局、今年の女王は3冠という栄誉を得る結果となった。

競馬順位傾向予測正確性:
徳田 :60点(74点)
垣ノ木:45点(60点)
火也 :75点(113点)

いやはや、どの研究員も選択の余地なく2強を押す結果に。確実に正確性を得た。
中でも火也首席の通予想の的中は、実力の違いを思わせる素晴らしいものだった。
今後ともその正確性を期待します。

雨谷の庵は今日も雨。
< Back |List| Next >
管理者:徳田雨窓