雨谷の庵

[0357] 誰か金持ちが単勝に (2003/06/30)
※[競馬]宝塚記念


[Home]
前略。秘密結社「競馬順位傾向予測研究協議団」の皆様方。
第7期ということは、この企画も3年以上やっているわけで、そんな中唯一
首席になったことの無い私の競馬眼はまさに癌そのものといえるでしょう。
夢よカモン。最終戦はもちろん、宝塚記念です。

[競馬順位傾向予測正確性ルール]
予測点配分6point、倍率制。
単:1着10点、2着5点、3着3点、4着2点、5着1点
連:1着2着15点、1着3着13点、2着3着8点
通:1着2着3着20点

-------------------------------------------------------------------------------
徳田[連下の祈祷師]
もはや連下神。

ああ、なんと今期の正確性はダントツの最下位、このままほとんど加点しないまま終わって
しまうのかと思うと、競馬には向いていないのだなぁとたそがれてみたりとか。
しかも今週のレースは天候不良で、追い切りタイムがぐちゃぐちゃです。訳が分かりません。
仕方がないので、調子の良し悪しは情報誌の記事で見ることに。

アグネスデジタル、シンボリクリスエス、バランスオブゲーム

もう、この三頭でいいや。頑張れ。

<単予想>
(なし)

<連予想>
(なし)

<通予想>
アグネスデジタル×シンボリクリスエス×バランスオブゲーム(×6)

いや、これは流石に来ないだろう。通予想だし。
来たら、首席は私のものです。

-------------------------------------------------------------------------------
垣ノ木[オッズに流されやすいヘタレ本命党?]
今年も応援! がんばれマヤノトップガン産駒!!

なんだかんだで、結構悩むことだらけ。やはり新聞を見ると心が揺らぎます。
しかしまあここはひとつ、今年に入ってこれまで見てきたレースから来る直感を
信じたいと思います。

本命:ネオユニヴァース
対抗:アグネスデジタル
連下:ヒシミラクル

その他に気になる馬は、バランスオブゲームとタップダンスシチー。
バランスオブゲームは鞍上が武幸四郎に乗り替わったのが面白い材料。
騎手自身は秋華賞と今年の安田記念の2つしかG1を勝っていませんが、
そのどちらも穴人気馬でのもの。3歳春からクラシック戦線を賑わわせ、今年も
中山記念・日経賞と2着したバランスオブゲームなら、要注意な感じです。
タップダンスシチーは言わずもがな、去年の有馬記念パドックでのあの素晴らしい
仕上がり具合と2着激走の記憶が鮮明に残っています。今年に入って連勝中で、
まさに「上がり馬」と考えても良いのではないでしょうか。
さて、前置きが長くなりましたが…。
自分の直感としては、天皇賞・春を見た段階で「今年の宝塚はヒシミラクル」と
いうことで固定されてしまいました。今でも、「本命は…」と考えると
「ヒシミラクル」と続く状態です。しかし、この素晴らしいメンバーで果たして
本当にそうなるのか?
あくまでそんな個人的直感を基準とした場合、その上を行くとするなら
この2頭しかいないだろう……それがネオユニヴァースとアグネスデジタルです。
2頭の活躍ぶりに関しては、解説の必要も無いでしょう。
ただし───。
馬だけ見るならシンボリクリスエスという存在はやはり別格です。
はずれた時の言い訳っぽくなるのでこれ以上触れませんが。(^^;)
とりあえずまあ、去年の古馬G1:2勝の実績は、あくまで「3歳の斤量」と
いうことだけは忘れてはいけない気がします。常識はずれのローテーションも
構わないのですが、それでもせめて、産経大阪杯か金鯱賞のどちらかは
使っても良かったのではないでしょうか?
まあ、常識はずれということならネオもデジタルよく似たもので、
どの常識はずれが今までの常識を越えていくのか……個人的争点はそこですね。

<単予想>
ネオユニヴァース(×2)

<連予想>
ネオユニヴァース×アグネスデジタル(×2)
ネオユニヴァース×ヒシミラクル(×1)

<通予想>
ネオユニヴァース×アグネスデジタル×ヒシミラクル(×1)

さてさて、今年はどんな夢が緑のターフに描かれるのか。
楽しみにしましょう。

-------------------------------------------------------------------------------
火也[第6期首席]
子連れ馬券師

途中まで書いてたのにフリーズした。書く気がやや失せた。

今年は阪神が絶好調のためかG1は万馬券続出。今回もか。
シンボリが今年初戦を迎えて、万全の体勢で出走する様子。
58キロの斥量、長期休養明けを問題とせずに勝つことを希望して本命に。
万馬券が出てるとはいえ、1番人気の連対率は高いことも後押しになる。
それに好意差しなので、力があれば勝てる。
対抗は格ではネオ、アグネス、ダンツ。好調さでタップダンス。
穴として考えてたのがヒシミラクル。これが2番人気だけど。
人気薄でバランスがおもしろい。
今の阪神は逃げ、先行が有利な様子。

本命:シンボリクリスエス
辺に押さえ込まずに好意差しで。
この馬は強い。

対抗:アグネスデジタル、ネオユニヴァース
土曜日に四位が負傷のため、騎乗できるかわからないが、
順調さでこちらが上。
斥量優位でネオユニヴァースが次点。

<単予想>
シンボリクリスエス(×2)

<連予想>
シンボリクリスエス×アグネスデジタル(×2)
シンボリクリスエス×タップダンスシチー(×1)

<通予想>
シンボリクリスエス×ネオユニヴァース×ダンツフレーム(×1)

ネオユニヴァースは強いと思う。敵がシンボリクリスエスだけなら
可能性あるが、今回は強敵がそろいすぎてるのが運がないように感じる。
明日は良馬場で行えそうなので、勝った馬がまさに一番強い。
中山で見たかったな。

-------------------------------------------------------------------------------
秀麻呂[第4期首席]
ペーパー馬券師。

最後の勝負の時がやってきました。

最後まで統計にこだわっていきたいと思います。

過去10年、1番人気は7勝2着2回ということでございます。
これは人気どおりに勝負するしかないでしょう。1番人気と
2番人気で勝負です。しかし、現在トップをマクルためには
配分を集中させるしかないでしょう。
そして「問題はいかに勝負に勝つか」です。勝つだけなら
連予想に×6で、組み合わせ次第でどうにかなるのですが。
「逆転じゃぁ!!!」という興奮を味わいたいのです。と
いう訳で通予想にします。
となると3番目をどの馬にするか?ワタシは天皇賞に目をつ
けます。天皇賞組は8連対していてなかなか好成績。

そんなこんなでこんな予想。

シンボリクリスエス×ネオユニヴァース×ヒシミラクル(×6)

勝てば官軍。

-------------------------------------------------------------------------------
[結果]

着順:
ヒシミラクル
ツルマルボーイ
タップダンスシチー
ネオユニヴァース
シンボリクリスエス
ダイタクバートラム
ダンツフレーム
サンライズジェガー
ファストタテヤマ
サイレントディール
バランスオブゲーム
メジロランバート
アグネスデジタル
イーグルカフェ
アサカディフィート
マイソールサウンド
ストップザワールド

寸評:
前日の一番人気はヒシミラクル。それに対して、当研究団の一致したコメントは
火也「誰か金持ちが単勝に100万円でも突っ込んだのだろうか?」
垣ノ木「でもまあ、日曜日には人気も逆転してると思いますが」
さて、予想通り当日の一番人気は昨年の強馬シンボリクリスエス。そんなちょっと
妙な雰囲気の中、しかし晴れ渡った青空の下、宝塚記念はスタートを切った。
特に逃げを打つ馬も無く、するすると先頭に立ったのはマイソールサウンド。
しかしそれにぴったりとつけるようにしてバランスオブゲーム、アサカディフィートが
続き、人気どころもやや前目で勝機をうかがう、ややスローペース気味のレースとなった。
縦に長く伸びた馬群はしかし、4コーナーで見所を迎えた。
まず馬群を割って抜け出したのは実力馬シンボリクリスエス、しかしその外から前目で
脚を溜めていたタップダンスシチーがそれを突き放して坂を駆け上がる。
しかしそれでも馬場の状態の良い外目から後方待機のヒシミラクルがグングンと伸び、
更に大外からは超穴馬のツルマルボーイが目を見張るような末脚を大爆発。
最後は壮絶な叩き合いとなったこのレース、しかし過去に菊花賞と天皇賞を制した
格の違いをまざまざと見せ付けるように、ヒシミラクルがこの激戦を制することとなった。
しかし、このレースの真の勝者は、前日に1000万円あまりをヒシミラクル一点につぎ込み、
結果2億円弱を稼ぎ出した名も無きサラリーマン氏であったことは言うまでも無い。

競馬順位傾向予測正確性:
徳田 :0点( 58点)
垣ノ木:4点(119点)
火也 :2点(127点)
秀麻呂:0点( 72点)

例年通りと言うか、期待に違わずと言うか、今回も垣ノ木研究員と火也首席の熱戦であった。
しかし最終の予測はいずれも低調に終わり、またもや火也首席の逃げ切りという結果に終わった。
これで火也首席は三期連続。磐石のこの正確性を、来期は果たして誰が打ち破るのか。
ていうか、来期もやるのかな。やるんだろうな…。
精進します。

雨谷の庵は今日も雨。
< Back |List| Next >
管理者:徳田雨窓