雨谷の庵

[0338] 業者の人の採点 (2003/04/05)


[Home]
マイホームゲット作戦シリーズ。

物事になんでも点数をつけたがる人というものが存在したりしなかったりするわけであるが、
私自身は「点数付け」というのは人と人とがコミュニケーションを取る必要のある際に、
お互いに相手の価値観の基準なりなんなりをある程度まで定量化して認識するために
実に効率的なツールであるという考え方を持っていたりもする。
つまり結果としての点数が重要なのではなく、どうしてその点数を付けたのかを互いに
議論する過程で互いの中に形成されてくる価値観の共有とでも言うべきものを
重視すべきであると私は主張したい。
そういう立場でもって、コミュニケーションツールの一つとして「点数付け」を
使うことは好きなのだが、結果としての点数でその採点対象の価値を決め付けて
しまおうという傾向には賛同しかねるとともに、あまり好みでもない。

それはともかく、マイホーム探しの話を続けよう。
先日書いた通り、業者の人に3つの物件を紹介してもらう運びとなった。
そこで、それらを実際に見てみることになるわけだが、そこで業者の人からまず最初に
言われたことが、以下である。
「とにかく、見て頂いた結果を100点満点で点数付けしてみて下さい」
変わったことを言う人だなぁとも思ったが、私自身は冒頭に述べたような点数観の持ち主で
あるからして、まあ、それも面白いだろうと考えて、結構真面目に採点してみたりした。
以下が、その結果である。

==============================
[私の採点]

A.駅近郊の中古物件 --- 65点

・駅から近いのが魅力として大きい。
・駅から近いということで、深夜騒がしいということが無いか、気になる。
・車を置くスペースが無さそう。
・建物が古いのは仕方ないが、それが気になるかどうかは中を見てみないと分からない。

B.川べりの新築物件 --- 69点

・駅から徒歩20分、歩けないことは無い。
・周辺は落ち着いた住宅街で、かなり良いように思う。
・駐車スペースも狭いわりには無理ない配置で問題なさそう。
・建物の外観が可愛い。

C.丘の上の新築物件 --- 50点

・駅から徒歩20分、歩けない距離ではないが、坂がきつい。
・駐車スペースは十分だが、段差があるのが気になる。
・建物の間の間隔は余裕があり、問題なさそう。
・眺望がかなり良い。

==============================

上記の内容を、件の業者の人にメールで送ったところ、即日で返答がきた。
いやはや熱心なことである。
まあ、不動産販売の営業マンというものはそういうものなのかも知れないが。
かなりの長文だったので、以下にその抜粋を載せておこう。

==============================
[業者の人の採点]

正直駅までの距離さえ納得できればAとBは比較になりません。
昭和50年代の中古がいかに低い建築基準で作られているかが明白となります。
当時であっても高水準で作られる場合というのは当然あるのですが、それは室内の
様子で分かってしまいます。
通常和室重視の家であったりすると少し期待も持てるのですが、Aはあくまでも
量産タイプのどこにでもある当時の仕様です。
結果、Aに関しその建物強度は低いといわざるを得ません。
今回売主がリフォームをかけているのも言ってしまえば売るための術であり、
長い目で見ると新築のものより、どうしても手間隙と維持費が掛かります。
もしAの土地に新築を建てた分譲ならば、現在提示の値段よりも1000万近く
お高いものになってしまいます。
今回の紹介致しました物件のうち、一番土地として資産価値が高いのは確かに
Aなのですが、これから結婚と人生の次のステップが始まるお客さまに対しては、
やはりお勧めできません。
私としてはそうしたことも踏まえて、Aは60点と見ています。

Bの近辺は庶民的な町であり、それでいて便利でどこにでもすぐに出る事ができます。
近郊には工場地域もありますが、ここはそれを外した環境良好の地域であります。
この地域は新幹線/私鉄/高速道路/鉄塔/工場などなどがかなり属しており、
それら嫌悪施設から離れた環境が少ないくらいなのです。
それらがほとんど奇跡的に一つとして近接していないBの物件は、かなり
良好であるともいえます。
これからご結婚があり、お子様が生まれ……という流れの中では、駅から平坦で
歩けることは様々ななメリットをもたらしてくれると思います。
子供の教育費の中で無駄な通勤費は無いほうが良いですし、逆に仕事への通勤では
バス代を請求できる距離です。
せこいようですが、自転車一台でかなりの事が解決するのが、平坦徒歩20分です。
ちなみに私は以前某市に2年間住んでいたのですが、そのときの徒歩20分は
全く苦ではありませんでした。
私としてはBに80点をつけています。

Cの物件も日曜の朝に家で目覚めるには最高で家らしくもあり、文句ないと思います。
しかし丘の上でもあり、周辺の坂は将来的に何かマイナスを生じさせるかもしれません。
個人的な話で申し訳ないのですが、私は今でも坂道の多い場所に住んでいますので、
坂の多さはあまり気にならないのですが、ご指摘の通り、老後は辛いかも知れませんね。
もちろんそれでも、あの地域は家として環境が良いです。
ただ実を言いますとCの物件の周囲は私道となっているようです。
水道管の所有者も横浜市ではないはずで、何かの時に問題になる可能性もあります。
またこれも私道ゆえでしょうか、舗装の状態はあまり良くないようです。
もちろん市が直してくれれば問題ないのですが…。
逆に私道にも、路駐しても捕まることが無いなどのメリットがあったりもするのですが、
それはまあ余談でしょうか。
私としては、このCは70点くらいと考えています。

==============================

う〜む。
営業トークも混じっているのだろうが、どうやら業者の人のお勧めはBのようである。
Aの中古物件はなんとかして回避させようとしているようにも見える。
業者の人のメールでは、客自身の採点で70点を超える物件というのは、たいていの場合
その客にとってのベストの物件であるらしい。
もちろん予算をもっと掛ければそれなりにより良い物件というのは見つかるものなのだろうが、
今回は以前にも書いた通り、そうした予算面のことは最初に見切りをつけた上で話を
進めている訳で、そこのところは考えから外すべきだろう。
となると、私自身最高点をつけたBの物件、しかもそれを80点という高い点数でお勧め
というからには、この業者の人はかなりの自信でもってこの話をまとめに掛かっていると
見ていいのかも知れない。
ていうか、どこまでが営業トークなのかの見切りが難しい。
果たして私は、お勧めのままに買っても良いものなのだろうか。
それとも、今回は70点には満たなかったということで、見送るべきなのだろうか。
まさに、悩み所である。

それはともかく、今回は彼女の人も一緒に物件を見て回ったのである。
ここは一つ、彼女の人の意見も見てみよう。

==============================
[彼女の人の採点]

A.駅近郊の中古物件

 ダメだよダメだよ。中古はだめだめぇ〜。

B.川べりの新築物件

 お家〜お家〜。可愛くてぴっかぴかの新しいお家〜。

C.丘の上の新築物件

 坂道たいへん〜。ピンクの壁がヘン〜。

==============================

……さて、貴方ならどうするだろうか?

(続く)

雨谷の庵は今日も雨。
< Back |List| Next >
管理者:徳田雨窓