雨谷の庵

[0337] 騎手買いでビリーブ (2003/03/31)
※[競馬]高松宮記念


[Home]
前略。秘密結社「競馬順位傾向予測研究協議団」の皆様方。
スプリントは競馬で最も短い1200mを争うものですが、その春の決戦の舞台といえば
高松宮記念。それが第七期の第2戦です。

[競馬順位傾向予測正確性ルール]
予測点配分6point、倍率制。
単:1着10点、2着5点、3着3点、4着2点、5着1点
連:1着2着15点、1着3着13点、2着3着8点
通:1着2着3着20点

-------------------------------------------------------------------------------
徳田[連下の祈祷師]
もはや連下神。

なんだか春先に体調を崩してしまってへにょへにょですが。
それでもまあ、予想は出来るわけでして。

ショウナンカンプ
シベリアンメドウ、ディスタービングザピース、アグネスソニック

調子の良さそうなのはショウナンカンプ。
昨年の覇者でもあり、前走からいっても万全と見ていいのではないかと。
あとはシベリアンメドウとディスタービングザかな。
アグネスソニックはその昇り調子振りを評価しました。
これらに騎手買いでビリーブを加えて予想にします。

<単予想>
ショウナンカンプ(×2)
ビリーブ(×1)

<連予想>
ショウナンカンプ×シベリアンメドウ(×1)
ショウナンカンプ×ディスタービングザピース(×1)
ショウナンカンプ×アグネスソニック(×1)

<通予想>
(なし)

さて、これでどうか。

-------------------------------------------------------------------------------
垣ノ木[オッズに流されやすいヘタレ本命党?]
今年も応援! がんばれマヤノトップガン産駒!!

今週は高松宮記念。フェブラリーSでは後れを取ってしまいましたので、ここは外せません。

本命:ショウナンカンプ
対抗:テイエムサンデー
連下:サニングデール、カフェボストニアン

かなり鉄板予想に近いです。てか、去年などの予想を見返すと、垣ノ木は
高松宮記念ではいつも堅い予想をしてました。
それはともかく。
ショウナンカンプは万全と言っていいでしょう。2番枠も逃げ馬には好材料です。
気になるとすれば、アメリカから参戦の逃げ馬エコーディの存在でしょうね。
行き足さえ悪くなければ、振り切れるとは思いますが。
対抗は、7歳にして心境著しいテエムサンデーです。タイムは速くなりそうなので、
差し馬が届く展開になると思います。
連下の2頭以外にも、ネイティブハートや武豊騎乗のアメリカ馬ディスタービングザピース、
そしてアグネスソニック辺りは気になりますね。オッズ次第で手を出したいと思います。

<単予想>
ショウナンカンプ(×3)

<連予想>
ショウナンカンプ×テイエムサンデー(×1)

<通予想>
ショウナンカンプ×テイエムサンデー×サニングデール(×1)
ショウナンカンプ×テイエムサンデー×カフェボストニアン(×1)

きっと当たります。えへっ。

-------------------------------------------------------------------------------
火也[第6期首席]
子連れ馬券師

春のGI2戦目は高松宮記念です。

今年は話題の米国から2頭参戦です。
両馬ともダート馬ですが、その内の1頭に武豊が乗るのであれば、
油断禁物です。

本命ですが、よほどつつかれまくらなければショウナンカンプの
2連覇が濃厚で人気も断然の1番人気です。
ハイペースでショウナンカンプが勝利することを希望します。
今年は応援してる1頭なので。

今回は2着に何が来るかというのを考えると、意外と難しく、
先行馬が残るか、差し馬が来るか、はっきり言ってわかりません。
こういう時は騎手でしょうかねぇ。

<単予想>
ショウナンカンプ(×2)

<連予想>
ショウナンカンプ×エコーエディ(×1)
ショウナンカンプ×ディスタービングザピース(×1)
ショウナンカンプ×ビリーヴ(×1)
ショウナンカンプ×サニングデール(×1)

<通予想>
(なし)

アグネスソニック、ネイティヴハートあたりも気になりますが、
時計勝負になることを予測して外します。

-------------------------------------------------------------------------------
秀麻呂[第4期首席]
ペーパー馬券師。

今回の予想は非科学的です。ウフ。
ワタシには毎週行っている珈琲屋さんがあります。今や
すっかり顔なじみになっているのですが、そこのマスター
がウフフのフなのです。かつて、就職するときに競馬新聞
社に内定をいただいていたという競馬好き。一見お洒落な
喫茶店の片隅にある液晶テレビは何故か競馬中継が・・・。
そして、そのマスターが言いました。
「昨日、蛇の夢見ちゃってさ、いっぱい出てきて気持ち悪
いのなんのって」
!?
蛇?夢で蛇?夢で蛇と言えば、金運ですよ。マスター、がっ
ぽりですか?そこでワタシ「高松宮、何がくると思います?」
と聞いてみました。
「んーーー。一点しか思いつかないですねぇ。」
一点!勝負の匂いがします。これは何かのめぐりあわせで
はないでしょうか?チャンスの神様は前髪しかないといい
ます。躊躇しているとチャンスを逃してしまいます。迷って
いる暇はありません。

<連予想>
ショウナンカンプ×ネイティヴハート(×3)

<単予想>
ショウナンカンプ(×2)
ネイティヴハート(×1)

ウハ!いつもは買わない馬券も火也さんに頼んじゃった。
その額500円・・・って少ないですがな(一人つっこみ)!!

-------------------------------------------------------------------------------
[結果]

着順:
ビリーヴ
サニングデール
リキアイタイカン
テイエムサンデー
ゴールデンロドリゴ
アグネスソニック
ショウナンカンプ
ネイティヴハート
キーゴールド
シベリアンメドウ
ジェミードレス
テイエムサウスポー
ディスタービングザピース
カフェボストニアン
マンデームスメ
エアトゥーレ
エコーエディ
ナムラマイカ

寸評:
レースは電撃の6ハロン、スタートから全く目の離せないレースとなった。
先頭を取ったのは断然の一番人気ショウナンカンプ。昨年のレースを思い起こさせるような
好スタートから、速いペースを保ったまま先頭に踊り出ると、そのまま一気に4コーナーに
突き進んだ。それに追走したのは外国勢エコーエディ。流れに乗る形でビリーブも前目の
好位につけた。4コーナーでまずはショウナンカンプが頭抜け出したものの、思ったよりも
リードすることが出来ずに失速、それまで流れを見ていたビリーヴが一気にそれをかわして
直線を駆け抜けた。終盤、大外からサニングデール、中段からリキアイタイカンも猛烈な
末脚を飛ばしたが届かず、ビリーヴは鞍上の安藤騎手にG1初制覇を献上した。

競馬順位傾向予測正確性:
徳田 :10点(10点)
垣ノ木: 0点( 0点)
火也 : 0点(25点)
秀麻呂: 0点(20点)

全ての研究員がショウナンカンプを推したものの、それが裏目に出て軒並みの
全滅状態となった。
唯一、ビリーヴの単予想で徳田研究員が正確性を確保したものの、今回は
反省すべきレースだったと言えるだろう。
今後の精進に期待します。

雨谷の庵は今日も雨。
< Back |List| Next >
管理者:徳田雨窓