雨谷の庵

[0318] 坂は克服して楽勝 (2002/12/01)
※[競馬]阪神ジュベナイルフィリーズ


[Home]
前略。秘密結社「競馬順位傾向予測研究協議団」の皆様方。
いよいよ残すところ3レース。
第9戦は2歳の女馬のお披露目とも言える、阪神ジュベナイルフィリーズです。

[競馬順位傾向予測正確性ルール]
予測点配分6point、倍率制。
単:1着10点、2着5点、3着3点、4着2点、5着1点
連:1着2着15点、1着3着13点、2着3着8点
通:1着2着3着20点

-------------------------------------------------------------------------------
徳田[連下の祈祷師]
万年連下。

はっきり言えば、私のようなG1ヲチャーにとって、2歳馬のレースなんてものは
全くの博打といっても過言ではないです。
要するに毎年、さっぱり手がかりも無しに分からないんですが。ははは。
とりあえず、調教の時計だけで選ぶならこんなところでしょうか。

ワナ、テイエムトキメキ、オースミハルカ、
ヤマカツリリー、トーホウアスカ

ワナ、名前でポンでは無いですがなんとも気になる名前です。
これでついつい馬券に入れてしまいそうな、そんなワナ。ははは。
それにしても調教タイムもどんぐりであまり差が無いです。
なのでもしかすると騎手で選ぶのが正解なのかも知れません。
なにしろ牝馬ですし。扱いの巧い騎手に賭けてみるか。

<単予想>
ワナ(×1)
テイエムトキメキ(×1)
オースミハルカ(×1)
ヤマカツリリー(×1)
トーホウアスカ(×1)

<連予想>
なし

<通予想>
ワナ×ピースオブワールド×アドマイヤテレサ(×1)

ええ、最後の通予想はもちろんオマケですとも。
予想とは全く関係ないです。<だめじゃん。

-------------------------------------------------------------------------------
垣ノ木[通予想的中に命を懸ける]
今年は一口馬主デビューしますた(マヤノトップガン産駒)

こんにちは、垣ノ木です。
今年も早いもので、競馬のG1も残すところあと3戦。
天皇賞・秋で美味しい思いはしたものの、やはり一つでも多く当てておきたいのが本音です。

さてさて、今週は2歳牝馬の晴れ舞台阪神ジュベナイルフィリーズが行われます。
今年はデビューから3戦3勝のピースオブワールドの出走が話題の中心です。
ああ、しかし………。去年もいましたね、無敗のままこのレースに出走した馬が。
それはキタサンヒボタンという馬だったわけですが、彼女は残念ながらよい結果を
出すことが出来ませんでした。そうです。デビューしたてのこの時期から桜花賞までは、
それまでの実績通りに行かないことの方が多いのです。その理由はいろいろあると思います。
ではこの阪神JFで勝つには何が必要なのか? すでによく言われている通り、
「千八を走れるぐらいのスタミナと気力」もしくは「同期に比べて秀でたレースセンス」
そして「レース経験」といった3つのポイントであると言えるでしょう。

本命:ユキノスイトピー
対抗:シーイズトウショウ
連下:アドマイヤテレサ、ブランピュール、トーホウアスカ

赤松賞勝ち馬は阪神JFで好走しやすい傾向にあります。そして今年の勝ち馬はユキノスイトピー。
この馬はデビューが千八ということもあり、なかなか見所があると思います。鞍上の須貝というと、
去年は先述のキタサンヒボタンに乗っていた騎手。ここは密かにリベンジの炎を
燃えたぎらせていることでしょう。
対抗にはシーイズトウショウを抜擢。勝ち鞍こそ新馬戦のみですが、相手が強くなっても
相手なりに走っている安定感を買いました。血統も父ラストタイクーンという
「相手なりに走る安定感」が特徴で、まさにその特徴を色濃く受け継いでいると思います。
連下はまだまだ絞りきれないところで、他にもピースオブワールド、ワナ、トーセンリリーと
いったあたりが気になります。とりあえず、垣ノ木的に上位だと思う3頭を絞りだしました。
中でもトーホウアスカは、前走のファンタジーSで休み明けながら33.8秒の豪脚を
繰り出しており、ここでの巻き返しは十分あるとみました。

<単予想>
ユキノスイトピー(×1)

<連予想>
ユキノスイトピー×シーイズトウショウ(×2)

<通予想>
ユキノスイトピー×シーイズトウショウ×アドマイヤテレサ(×1)
ユキノスイトピー×シーイズトウショウ×ブランピュール(×1)
ユキノスイトピー×シーイズトウショウ×トーホウアスカ(×1)

少し初心に返って手広く賭けてみました。決していつもより絞り切れてないからでは
ありません。(笑)

-------------------------------------------------------------------------------
火也[第5期首席]
阪神優勝!(来年)

今年のG1も早いもので残り3レース。
例年、2歳戦はよくわからないけど、今年はピースオブワールドのレースを
見てて、このまま成長すればファインモーションに続く大物牝馬誕生かと
思うほど、強いレースをしてきている。
例年の1番人気馬とは異なり、能力はかなり高いように思える。

本命 ピースオブワールド
負ければ疲れか坂があるとダメとか言われそうだが、大崩はないと見る。
レースセンス抜群なので、疲れがなければ坂は克服して楽勝する。

対抗 シーイズトウショウ
枠によってはトーホウアスカを対抗にするつもりだったが、こちらが
内枠に入ったので。どちらがコース適正あるのかわからんけど。

連下 トーホウアスカ
今の阪神でこの枠で勝てば、かなりの能力があると思うが、今回は
良くて2着かな。


<単予想>
ピースオブワールド(×2)
シーイズトウショウ(×1)
トーホウアスカ(×1)

<連予想>
ピースオブワールド×シーイズトウショウ(×2)


ワナも気になるけど、パドックで入れ込む可能性があるので、外すことに。

-------------------------------------------------------------------------------
秀麻呂[第4期首席]
ペーパー馬券師。

先日テレビで、「キスは浮気にならない」と放映されて
いました。法律上は「キス程度では不貞行為にあたらな
い」ということらしい。カナーリ衝撃的でした。が、さ
らに衝撃的だったのはこないだコンビニで立ち読みした
本に書いてあった真実。
「売春行為は罪にはならない」
らしい。組織的に行ったり、場所を提供したりすると罪
になるだけで金払って体売るのは罪ではないんだそうな。
あ、今嫁(予定)の冷たい視線を感じたのでこの話はこ
のへんで・・・。

<単予想>
ワナ(×4)

<連予想>
ワナ×ソルティビッド(×1)
ワナ×アドマイヤテレサ (×1)

ワナ一本。虎穴にいらずんば孤児を得ず。罠にはまった
らおなぐさみ。

っつーか、嫁(予定)、機嫌なおしてください。何もしませんってば。

-------------------------------------------------------------------------------
<ねねの名前でポン☆>

今週も万馬券の神様が降りてくるのかな?
そして旦那様また固まるのかな??

*メイプルロード
メイプルシロップ大好きです。

*グランドサファイヤ
サファイヤは誕生石なので。おっきな石買ってね>旦那様

*ソルティビッド
ソルティドック飲みたいです。
お酒を断って6ヶ月目。ああ、酒が飲みたいよう…。

---------------------------------------------
<☆カヅミ[谷川嫁(予定)]の名前でポン☆>
明日は中華街食い倒れです。ウキウキ。

オースミハルカ
「大隈春香?人間?」

シーイズトウキョウ
「She is Tokyo!」

テイエムトキメキ
「TMときめき」

-------------------------------------------------------------------------------
[結果]

着順:
ピースオブワールド
ヤマカツリリー
ブランピュール
シーイズトウショウ
プラントパラダイス
ユキノスイトピー
オースミハルカ
リリーキャスケード
ホワイトカーニバル
ワナ
アドマイヤテレサ
マイネラベンダー
トーセンリリー
テイエムトキメキ
メイプルロード
トーホウアスカ
ソルティビッド
グランドサファイヤ

寸評:
天候は曇りがちだったものの馬場の状態は良好な中、18頭の若い娘たちが思い思いに
レースに臨むこととなった。
スタート、先手を取ったのはホワイトカーニバル。馬群の頭を抑え、ペースを
コントロールした。レースはそのまま速くも無く遅くも無い混戦ペースで推移し、
そのまま3コーナーへ向かうこととなった。
3コーナーで、各馬は一気に競り合うこととなった。速めに仕掛けたのは前目で
好機を伺っていたヤマカツリリー。それと競り合うようにブランピュール、
シーイズトウショウも前へ出る。最後方からはブラントパラダイスが追撃を見せ、
馬群は大混戦のまま直線へなだれ込んだ。
しかし結局レースを制したのは一番人気のピースオブワールド。つねに大外を回り
ながらも、余裕の末脚で一気に混戦を差し切り、格の違いを見せ付けた。


競馬順位傾向予測正確性:
徳田 : 5点( 77点)
垣ノ木: 0点(194点)
火也 :22点(193点)
秀麻呂: 0点(135点)

読み辛い2歳牝馬、各研究員がそれそれの持論を展開しつつ、ばらばらな予想を上げることに
なった結果、正確性の確保状況もそれぞれ明暗を分けたようだ。
ともあれ、ピースオブワールドの快勝を予測した火也首席研究員は見事であった。
おめでとう火也首席。今後の更なる精進を期待します。

雨谷の庵は今日も雨。
< Back |List| Next >
管理者:徳田雨窓