雨谷の庵

[0313] 馬群をぬって飛び出した (2002/11/17)
※[競馬]マイルチャンピオンシップ


[Home]
前略。秘密結社「競馬順位傾向予測研究協議団」の皆様方。
秋のG1も中盤真っ只中、第6戦はマイルチャンピオンシップです。
マイルの王座に輝く馬は、一体どうなるのか。いってみましょう。

[競馬順位傾向予測正確性ルール]
予測点配分6point、倍率制。
単:1着10点、2着5点、3着3点、4着2点、5着1点
連:1着2着15点、1着3着13点、2着3着8点
通:1着2着3着20点

-------------------------------------------------------------------------------
徳田[連下の祈祷師]
万年連下。

さて、メンツの揃ったマイルCS、選ぶのに目移りしますが私の場合、いつも通りに
調子の良し悪しだけで選ぶのです。

ゼンノエルシド、アドマイヤコジーン、メイショウラムセス、
モノポライザー

ゼンノエルシド、アドマイヤコジーンといったところの調子が良いように見えます。
あとはやや格下だとは思いますがメイショウラムセスが良さ気かと。
モノポライザーも悪く無さそうですが、上記三頭に比べるとちょっと見劣りしますね。
これと、騎手やレース展開を考慮し、予想は以下のようにします。

<単予想>
ゼンノエルシド(×1)
アドマイヤコジーン(×1)
モノポライザー(×1)
メイショウラムセス(×1)

<連予想>
ゼンノエルシド×アドマイヤコジーン(×1)

<通予想>
ゼンノエルシド×アドマイヤコジーン×モノポライザー(×1)

逃げを打ちつつ、ちょっとだけ冒険という姑息な予想の組み合わせということで。
当たらないかなぁ。ははは。

-------------------------------------------------------------------------------
垣ノ木[通予想的中に命を懸ける]
今年は一口馬主デビューしますた(マヤノトップガン産駒)

今週の競馬は、秋のマイル王決定戦マイルチャンピオンシップが行われます。
今回は春のメンツに面白い存在が加わって、なかなかの混戦模様です。

本命:アドマイヤコジーン
対抗:メイショウラムセス
連下:モノポライザー、デュランダル

今年に入って連対率100%を誇る古豪アドマイヤコジーンは最盛期を迎えていると
言っても過言ではないでしょう。
秋初戦のスプリンターズSではビリーヴの2着に甘んじたものの、逃げるショウナンカンプを
ねじ伏せた力強さは特筆ものです。
そして叩き2戦目が狙い目なのは馬券の王道。ここは素直にこの馬の強さを信頼します。
……鞍上が少しまあ、不安ですが。(笑)
まずは中央G1の2勝目を狙ってがんばっていただきたいですね。
対抗に推したメイショウラムセスは、ここ3戦がすべて1600mでしかもすべてに
連対するという安定感。
鞍上も東西リーディングトップに立つ柴田善なら逆らわないのが吉。
あとはそのメイショウラムセスを破ったことのあるモノポライザー、デビュー以来
連対率100%のデュランダルに注目です。
特にモノポライザーの鞍上は武豊。
前走のスワンSこそ速い流れに置いていかれはしたものの、射程距離の1600mなら
十分に巻き返せるでしょう。

<単予想>
アドマイヤコジーン(×3)
メイショウラムセス(×1)

<連予想>
なし

<通予想>
アドマイヤコジーン×メイショウラムセス×モノポライザー(×1)
アドマイヤコジーン×メイショウラムセス×デュランダル(×1)

そんな感じ。

-------------------------------------------------------------------------------
火也[第5期首席]
阪神優勝!(来年)

先週の鉄板予想できっちり得点を計上した桧山です。
今週も当てたいものです。
1番人気は予想とおりアドマイヤコジーン、2番人気にブレイクタイム、
と週始めではこの2頭で考えてたけど、このままでは2週続けて
鉄板予想になってしまう。どうしようかな・・・

本命 ブレイクタイム
この馬の適正距離は1600mまでだと思ってたけど、天皇賞(秋)では
結果は9着。今回は悲願の初G1制覇を期待する。

対抗 アドマイヤコジーン
やはりこの馬も1600mが適距離と思う。最近、後藤がいまいちの様な
気はするのでこちらが対抗。

連下 テレグノシス グラスワールド
3歳馬ではモノポライザーよりテレグノシスの方が能力上とみる。
騎手の能力差で負ける可能性が大きいけど。
グラスワールドも前走叩いて今回デキは万全のはず。

穴 トウカイポイント
メイショウラムセスが勝った富士Sを参考にすると、今回斤量同じ
になるので、少し注意かなと思う。

<単予想>
ブレイクタイム(×2)

<連予想>
ブレイクタイム×アドマイヤコジーン(×1)
ブレイクタイム×グラスワールド(×1)
ブレイクタイム×テレグノシス(×1)
ブレイクタイム×トウカイポイント(×1)

あと気になるのは、調子が戻っていればダンツフレームも
上位争いしてくるだろうね。

-------------------------------------------------------------------------------
秀麻呂[第4期首席]
ペーパー馬券師。

こんばんわ秀麻呂です。
いきつけの珈琲屋さんのマスターがギャンブル好きだと
判明。50過ぎたらギャンブルで飯食うつもりだったとおっ
しゃる。競馬の成績は常にプラスだとか。予想をパクろう
と思ったらマイルはまだ予想しとらんそうな。ちぇ。

モノポライザー
1600m三戦全勝の成績をかいます。それに最近、武様で
あたっているので

ゼンノエルシド
持ち時計がよさげだったので。

ブレイクタイム
同じく持ち時計がよさげだったので。

以上、ボックスで。
ブレイクタイム×ゼンノエルシド(×2)
ブレイクタイム×モノポライザー(×2)
ゼンノエルシド×モノポライザー(×2)

今回、持ち時計にこだわってみました。が、競馬場を
考慮しない持ち時計に意味はあるのか?という疑問が
あるのですが・・・・。
気にしない、気にしない(一休っぽく)

-------------------------------------------------------------------------------
<ねねの名前でポン☆>
今週の一句
『G1の せいで外出 できないよ!』

*メイショウラムセス
 名将らしいので。

*グラスワールド
 広い草原を走ってみたいです。

*ブレイクタイム 
 身重中は毎日がブレイクタイム。
 暇で暇で。

以上の三頭馬連BOXで勝負。

昨日の競馬で横向いて走ってる馬発見。
かなりお気に入りです。

---------------------------------------------
<☆カヅミ[谷川嫁(予定)]の名前でポン☆>
エッシャー展おもろかった。

ディヴァインライト
「ウェイクアップネッド?」
秀麻呂注:そういう映画があるらしい。

メイショウラムセス
「ラムセスだけに」

トウカイポイント
「宦官なのね」

-------------------------------------------------------------------------------
[結果]

着順:
トウカイポイント
エイシンプレストン
リキアイタイカン
テレグノシス
メイショウラムセス
テンザンセイザ
アドマイヤコジーン
モノポライザー
ミデオンビット
デュランダル
ブレイクタイム
グラスワールド
ミツワトップレディ
ゼンノエルシド
ディヴァインライト
エイシンスペンサー
ダンツフレーム
アローキャリー

寸評:
寒いながらも上々の日差しを受け、京都の良馬場につわもの揃いの18頭が揃った。
少々ばらつき気味のスタートから、まず抜け出したのはミデオンビット。それを
ゼンノエルシドとブレイクタイムが追う格好でレースは展開、さして速くなることもなく
淡々と推移した。
3コーナーから4コーナーで馬群は混戦模様を呈し、そのまま直線では各馬が
横一列に並んでの叩きあい。特に飛び出す馬もなく、よーいドンの力勝負が白熱した。
内々からリキアイタイカンが伸び、大外からはエイシンプレンストンが猛追、さらには
競り合うようにして追い込むテレグノシス、メイショウラムセスなどが熱戦を加熱させた。
しかし勝ったのは中段から馬群をぬって飛び出したトウカイポイント、首差で
エイシンプレンストンの追撃をかわし、マイル王に輝いた。

競馬順位傾向予測正確性:
徳田 : 1点( 57点)
垣ノ木: 1点(194点)
火也 : 0点(168点)
秀麻呂: 0点(135点)

戦前から予想の分かれた難解なレース、各研究員とも本命筋を外し、低調な結果となった。
かろうじて徳田、垣ノ木研究員が正確性を確保するも、それも焼け石に水の状態。
今回を反省材料とし、今後のより良い予測を期待します。

雨谷の庵は今日も雨。
< Back |List| Next >
管理者:徳田雨窓