雨谷の庵

[0311] 武に逆らうつもり無し (2002/11/11)
※[競馬]エリザベス女王杯


[Home]
前略。秘密結社「競馬順位傾向予測研究協議団」の皆様方。
秋のG1第5戦、いよいよ中盤の熾烈な局面に突入です。
まずはエリザベス女王杯、最強牝馬を賭けたこのレースの運命やいかに。

[競馬順位傾向予測正確性ルール]
予測点配分6point、倍率制。
単:1着10点、2着5点、3着3点、4着2点、5着1点
連:1着2着15点、1着3着13点、2着3着8点
通:1着2着3着20点

-------------------------------------------------------------------------------
徳田[連下の祈祷師]
万年連下。

いつも通りに、調子の良し悪しで選びます。

ファインモーション、レディパステル、ローズバド

さてさて、注目はファインモーションですが、なんと、どうも
この馬、絶好調の気配です。
レディパステル、ローズバドも無難に仕上げてきているのですが、
それよりも断然ファインモーションが良く見えます。

<単予想>
ファインモーション(×3)

<連予想>
ファインモーション×レディパステル(×1)
ファインモーション×ローズバド(×1)

<通予想>
ファインモーション×レディパステル×ローズバド(×1)

さあ、来て貰いましょうか。ははは。

-------------------------------------------------------------------------------
垣ノ木[通予想的中に命を懸ける]
今年は一口馬主デビューしますた(マヤノトップガン産駒)

こんにちは、天皇賞・秋の3連複的中で調子に乗りたい垣ノ木です。
あれから1週おいてのエリザベス女王杯。
なんとかここも的中させたいわけですが……。
今回の最大のポイントは
「ローズバドちゃんへのたゆまざる愛を貫くべきか否か…?」
ですね。
昨年時のように調子のいいローズバドちゃんなら一も二もなく愛を捧げるわけですが、
今年はお世辞にも調子がいいとは言えず、成長力も感じられないというのが本音です。
ああ、しかし……!! 可愛いよね! ローズバドちゃん!!

ま、そんなわけで……身を引き裂かれるような想いを胸に、垣ノ木は次なる言葉を
持ち出してこの葛藤に断を下すことにしました。

「──武とサンデーには逆らうな」

……「その言葉、ちと古いよ」と言われればそれまでですが、エリザベス女王杯が
古馬牝馬に解放されて距離が2200mになってからは、サンデーサイレンス産駒に
とってはとても相性のいいレースにもなっているのです。
昨年などはほら、武鞍上サンデー産駒トゥザビクトリー1着、愛する
ローズバドちゃん(サンデー産駒)2着なわけで、まさに武とサンデーが
てんこ盛りな結果だったわけですよ。
それにほら、一昨年とその前はサンデー産駒フサイチエアデールが2年連続で
2着とイマイチシルバーコレクターなお馬さんにも相性がいいわけです。
…きっと、中途半端な距離が紛れを呼ぶのだろうなぁ。
それはともかく。
あとは、古馬に解放された初戦はサンデー産駒ダンスパートナーが
1着になり、翌年も2着になってるわけで。
要するにまあ、今回のエリザベス女王杯はまさしく「武とサンデーには逆らうな」って
ことなんじゃないかというわけですね。あいあい。

本命:ファインモーション
対抗:ローズバド
連下:ダイヤモンドビコー、チャペルコンサート

そんなわけで、上記の通り、ローズバドちゃんを対抗としてささやかな愛を
捧げることにしました。
もちろん、武に逆らうつもり無しと堂々と白旗宣言ではございますがね。
ちなみに心の声は、「おい、こら! ファイン×ダイヤモンドでガチガチだろ!!」と
言っております。はぁ〜〜っ…。

<単予想>
ファインモーション(×3)
ローズバド(×1)

<連予想>
なし

<通予想>
ファインモーション×ローズバド×ダイヤモンドビコー(×1)
ファインモーション×ローズバド×チャペルコンサート(×1)

んな感じ〜。
がんばれ〜、ローズバド♪ G1の舞台で大復活だぁ♪

-------------------------------------------------------------------------------
火也[第5期首席]
阪神優勝!(来年)

今週は牝馬最強決定戦、エリザベス女王杯。
秋華賞を楽勝した時からファインモーションの優位が言われてたけど、
テイエムオーシャンなら逆転可能と期待したが、JCに向かう様子。
こっちなら勝てる可能性あるのに残念。
ということで、ここは素直にファインモーション本命。
対抗は4歳勢か3歳勢か悩むところだが、4歳勢優位と見る。
今年で引退のダイヤモンドビコーはこれが最後のG1獲得の舞台。
騎上もペリエと問題なし。距離に不安が残るもペリエマジックで
何とかならないかと期待。
連下は距離不安も切れるジェミードレス。
3歳で気になるのはチャペルコンサート。

本命 ファインモーション
対抗 ダイヤモンドビコー
連下 ジェミードレス、チャペルコンサート

<連予想>
ファインモーション×ダイヤモンドビコー(×6)

垣ノ木氏に勝つためにも、ここで大勝負。
来週以降は予想が難しいしね。
武様、ペリエ様、がんばってくれ〜〜〜

-------------------------------------------------------------------------------
秀麻呂[第4期首席]
ペーパー馬券師。

支離滅裂酔っ払い予想。

風呂あがりの徳田氏が「さかな、さかな、さかなー」と口ずさんで数ヶ月。例の歌は大ヒット。
徳田氏のはじめたうどん製作。いまや、ヤンサンの漫画でとりあげられ、各地に
讃岐うどん店が新設され、行列ができるほどのうどん
ブーム。
徳田氏が裏でブームを操っているのでは?と思わなくもない。
そんな徳田氏がお気に入りだったのが、「いいちこ」。次に焼酎ブームが
来たらちょっと怖い。
などと考えたのは今日はいっぱい焼酎を飲んだから。

<単予想>
ファインモーション(×3)

<連予想>
ファインモーション×ダイヤモンドビコー(×3)

いっぱい飲んだので予想はしぼりんこ。ウィッ

-------------------------------------------------------------------------------
<☆かすみの名前でぽん☆>

☆ファインモーション
武〜♪

☆レディパステル
女の子でパステル。買いでしょう。
去年もずっと応援してますた。

☆シルクプリマドンナ
シルクホースは基本的に応援するのです。
しかもプリマドンナ、女の子は憧れずにはいられまいまい。にゅ〜ん。

---------------------------------------------
<ねねの名前でポン☆>
意気込みを短歌に。

『高配当 夢見て武しゃん はずしたよ』

*ダイヤモンドビコー
紅茶のオレンジペコーが好きなので♪

*ローズバド
ネットゲームのキャラ名に使ってました。
情が移っちゃって…。

*レディパステル
レディにはパステル色がお似合いです。
そういえば最近虹見てないなぁ。

以上の三頭ワイドで勝負。

冷静と情熱の間を見終わった今、
私の心はまさに「堅実と冒険の間」です。
ああ、どうか武しゃんこないでね…。

---------------------------------------------
<☆カヅミ[谷川嫁(予定)]の名前でポン☆>
牧草飼育中

タムロチェリー
「コンビニ前でタムロってる」

ローズバド
「ローズバッドのパクリ?」

スマイルトゥモロー
「そうでありたいです」

牧草急成長、ウマ、ウハウハ。

-------------------------------------------------------------------------------
[結果]

着順:
ファインモーション
ダイヤモンドビコー
レディパステル
トーワトレジャー
ユウキャラット
スマイルトゥモロー
チャペルコンサート
ローズバド
シルクプリマドンナ
ジェミードレス
ビルアンドクー
タムロチェリー
ブルーエンプレス

寸評:
最近の急な冬模様、しかしその合間の見事な秋晴れのもと、京都競馬場に揃った牝馬の
競演の幕は開いた。
スタート、戦前の予想通りユウキャラットが先頭に立ち、それをダントツの一番人気の
ファインモーションが追う展開。名手ペリエ騎手騎乗のダイヤモンドビコーは
先行する馬を眺めつつ、機会をうかがうこととなった。
3コーナーまではかなり遅めのペースで、特に動きも無く推移したが、3コーナー過ぎから
展開は激変。武騎手が気合をつけなくともグングンと前に出るファインモーションは、
4コーナー過ぎで満を持してのトップに立った。
それを前目からダイアモンドビコー、後方からレディパステルが猛追するも届かず、
結局女帝ファインモーションが無傷の6連勝、史上初の快挙を成し遂げた。

競馬順位傾向予測正確性:
徳田 :43点( 56点)
垣ノ木:30点(193点)
火也 :90点(168点)
秀麻呂:75点(135点)

今回は全ての研究員がファインモーションを推す鉄板レース、結果も全くその通りで、
各研究員ともに高い正確性を確保することとなった。
結果的に、垣ノ木、火也、秀麻呂の三人の混戦模様、今後の展開が楽しみである。
今後の更なる精進を期待します。

雨谷の庵は今日も雨。
< Back |List| Next >
管理者:徳田雨窓