雨谷の庵

[0306] 豊の手綱しだい (2002/10/21)
※[競馬]菊花賞


[Home]
前略。秘密結社「競馬順位傾向予測研究協議団」の皆様方。
春が皐月賞なら秋は菊花賞。
牡の若駒が競うこのレース、来年を占ううえでも目の離せないレースです。

[競馬順位傾向予測正確性ルール]
予測点配分6point、倍率制。
単:1着10点、2着5点、3着3点、4着2点、5着1点
連:1着2着15点、1着3着13点、2着3着8点
通:1着2着3着20点

-------------------------------------------------------------------------------
徳田[連下の祈祷師]
万年連下。

さてさて、ここのところの予想の不調の原因がさっぱり分からず、
対策の講じようにも決め手の見えない日々が続いていますが、
ともかく黙々と続けたいと思います。

ノーリーズン、メガスターダム、レニングラード、
バランスオブゲーム、ローエングリン

やはり本命はノーリーズン。
調子も万全、レースとの相性も過去の実績も文句なしとくれば、
騎乗の武豊騎手の安定感とも相まって堂々の本命でしょう。
他に調子良さ気な馬はメガスターダム、レニングラード、
ローエングリン、バランスオブゲームの4頭。
菊花賞は堅いというのも定番ですし、ここはこの4頭から
決まってくるのではないかと思います。

<単予想>
ノーリーズン(×2)

<連予想>
ノーリーズン×メガスターダム(×1)
ノーリーズン×レニングラード(×1)
ノーリーズン×バランスオブゲーム(×1)
ノーリーズン×ローエングリン(×1)

<通予想>
(なし)

いやはやもう、これしかないでしょう。
理由は要りません。はい。<その煽りは使い古され過ぎ。

-------------------------------------------------------------------------------
垣ノ木[通予想的中に命を懸ける]
今年は一口馬主デビューしますた(マヤノトップガン産駒)

こんにちは、前回パーフェクト予想で図に乗る垣ノ木です。(笑)
これが単発で終わらないように、今回も是非とも予想を的中させたいですね。
というわけで、今回は前置きが非常に長いです。

今週は3歳牡馬クラシックの最終戦、菊花賞。
3歳牡馬たちの最後の晴れの舞台なわけですが……。
垣ノ木が今年のクラシック戦線の軸に考えていたタニノギムレットが早々に引退し、
代わって圧倒的な輝きを放ち始めたシンボリクリスエスが天皇賞・秋への出走のため、
菊花賞回避……。
はあ〜〜、弱ったナァ〜〜……。
しかしまあ、弱音を吐いても仕方ありません。
ここは「物差し馬」を設定して、その馬を中心としたパワーバランスを導き出してみました。
垣ノ木が今回「物差し馬」として取り上げたのは、メガスターダムです。
この馬は、去年暮れのラジオたんぱ杯で垣ノ木が本命の印を打ち、見事に的中馬券を
くれたちょっとした恩ある思い出の馬です。
そしてその後のクラシック戦線においても、堅実に掲示板にのり、ダービーではあわやの
豪脚を披露して見せました。
いわば本番に強い馬と言えるでしょう。
トライアルに強いバランスオブゲームが本番で凡走に終わったことを考えるなら、
菊花賞の舞台では、まずこのメガスターダムの前にゴール板を駆け抜ける馬を探し出せば
よいのではないでしょうか?
そして参考にすべきレースは皐月賞&ダービーと菊花賞トライアルの神戸新聞杯&セントライト記念です。
それらの結果をメガスターダム中心で眺めると、自ずと神戸新聞杯組の上位馬が
菊花賞でも上位に食い込む可能性が高いように思われます。
これにプラスして、トライアル不出走別路線組の持ち時計・末脚・調教の良さなどを
考慮して、以下のような予想にしました。

本命:ノーリーズン
対抗:メガスターダム
連下:ナムラサンクス、ダンツシェイク、バンブーユベントス(応援)

ごらんの通りセントライト記念上位馬は大上段からぶった切りました。
正直なところ、底を見せてないアドマイヤマックスと、菊花賞3着のフサイチコンコルドを
父に持つバランスオブゲームはとても気になります。
しかしまあ、これで外れたら仕方ないと割り切るために、あえてここは外しました。
セントライト記念組からは唯一、マヤノトップガン産駒のバンブーユベントスを
セントライト記念組の代表馬として選出しました。
やっぱりマヤノトップガンへの愛は断ち切れません。(笑)
1番人気に推されるであろうノーリーズンは、骨折休養明けにも関わらず、
前走を2着したあたりがやはり実力の証明と言えます。
菊花賞ではいつもよい成績を残すブライアンズタイム産駒であることも好条件ですしね。
ダンツシェイクは持ち時計もよく、長距離の経験もあってしかも鞍上が河内騎手と
来るなら連下には十分加えられる存在です。
意外とマル外初の菊花賞馬はこの馬だったりね。

<単予想>
ノーリーズン(×3)

<連予想>
なし

<通予想>
ノーリーズン×メガスターダム×ナムラサンクス(×1)
ノーリーズン×メガスターダム×ダンツシェイク(×1)
ノーリーズン×メガスターダム×バンブーユベントス(×1)

通予想の的中記録を伸ばしておきたい垣ノ木としては、馬券含めて以上のような冒険に出ます。
ふふふ、どれか一つでも当たれば面白いね。
ではでは〜。

-------------------------------------------------------------------------------
火也[第5期首席]
阪神優勝!(来年)

今年最後のクラシック、菊花賞。タニノギムレット、シンボリクリスエスと
この1点で決めていただけに、両馬が出走しないので何が来るかわかりません。
そういうときは武豊ですが・・・

ノーリーズン
武豊のコメントを読むと勝つ確率は50%の気がします。というのは、本人の
思うとおりにいかなければ勝てないと言っているように思えます。
この馬が勝つかどうかは豊の手綱しだいですね。

メガスターダム
血統的に長距離は走らないはずですが、この馬は大丈夫のようです。
ノーリーズンより強いと密かに思っていますので、この馬が一押し。
ただ、雨が降ると厳しい。

レニングラード
前走、メガスターダムの邪魔をして降着になりましたが、結構走る印象
は持っています。勝つまではいかなくても2着なら。

アドマイヤドン
2歳チャンピオンが復活すれかもしれません。アドマイヤマックスより
こちらを上位にみます。

<単予想>
ノーリーズン(×2)
メガスターダム(×1)
アドマイヤドン(×1)

<連予想>
メガスターダム×ノーリーズン(×1)
メガスターダム×レニングラード(×1)

その他に気になる馬。

ヤマノブリザード
調子は良さそうなので、大外から末脚のばしてどこまでか。

ローエングリン
この馬が勝つには、逃げて逃げて逃げ切るしかないと思います。
おそらく逃げてくれるはずなので、岡部騎乗でどこまでいけるか。

雨が降るとメガスターダムは無理かもしれないけど、今回は応援重視の予想。

-------------------------------------------------------------------------------
秀麻呂[第4期首席]
ペーパー馬券師。

嫁(予定)の参入により名前予想のポジションがうまってしまい、
名前予想ができなくなりました。徳田氏の陰謀ですね。

本命をノーリーズンに据えます。前回のレースで武+一番人気で
ウハウハだったので、今回もいただきの勢いで。

<単予想>
ノーリーズン(×3)

個人的に通予想をあてたいのですが、能力的に無理そうなので
通予想は半ばあきらめてます。単予想は割と当たりやすいので
当たってもあまり嬉しくないッス。実は一番気合をいれている
のが連予想なのです。
ダービーの1〜3着がいないなら4着だろってことで
メガスターダム。アドマイヤマックスとバランスオブゲームで
考えたが、能力的にはアドマイヤマックスが上と判断。

<連予想>
ノーリーズン×アドマイヤマックス(×1)
ノーリーズン×メガスターダム(×2)

-------------------------------------------------------------------------------
<☆かすみの名前でぽん☆>

 先週は牝馬の祭典秋華賞とかで、今週は菊花賞とやら。先週予想をした時は、
そのレースが牝馬限定という事も知らなかったあちきです。ええと、500円分
当たったけど、他のも買ったから多分プラスマイナスはゼロ。
 今回はさらにさらにシンプルに予想するのだ。とにかくワイド、ワイドで
買えば当たる、当たる。バットは短く持って、こつこつ当てる方向で。うみゅう、
渋いバント作戦〜。あ、でも倍率は見ちゃ駄目ですのよ。心が揺れるから。
名前でシンプルに大予想。

☆ノーリーズン
武豊騎乗。それだけで即買い。名前も即買いしろって言ってますですよ。

☆タイキブリザード
自然現象は強いに決まっているのだ。タイキを大気と書けば大気吹雪。
自然現象の二乗で貰ったも同然ですのよ。もきゅきゅきゅきゅ。

☆ローエングリン
オペラの名前だった様な気がするですのよ、ローエングリン。
ええとええと、シェイクスピア(違います)。オペラといえばノルバンシュタイン城。
白鳥城ですのよ、乙女の憧れ、それは城。シャトー。おほほほほ。

 という訳で、今回のレースイメージは、美しき古城にブリザードが吹きすさび、
それは理由など無い不条理な世界。嗚呼、名前だけで選ぶ不条理な世界にぴった
り。(≧▽≦)O

---------------------------------------------
<☆ねねの名前でぽん☆>

☆タイガーカフェ
トラキチなら、この馬を応援しないとね。
(調子が戻ってきている蛯名騎乗で少し注意。by相方)

☆レニングラード
好きな映画のタイトルに似たようなのがあったので。
(この馬は強いかも)

☆ノーリーズン
豊さんにはノーリーズン
(逆らっちゃいけないね)

以上のワイドboxと3連複で勝負だ〜
当たったら豪華ディナーでも食べようっと。

---------------------------------------------
<☆カヅミ[谷川嫁(予定)]の名前でポン☆>
最近、だんな(予定)が相手してくれない。マリッジブルー第二弾突入。

ヤマノブリザード
「ブリザードとかついてるくせに”山の”かよ」

シンデレラボーイ
「気障じゃん!」

ノーリーズン
「コカコーラかよ!」

谷川、ヨダレ垂らすんじゃねぇ。

-------------------------------------------------------------------------------
[結果]

着順:
ヒシミラクル
ファストタテヤマ
メガスターダム
アドマイヤドン
バランスオブゲーム
レニングラード
バンブーユベントス
ダンツシェイク
ヤマノブリザード
ナムラサンクス
アドマイヤマックス
キーボランチ
タイガーカフェ
マイネルアムンゼン
シンデレラボーイ
ローエングリン
ダイタクフラッグ
ノーリーズン(落馬)

寸評:
レースはスタート直後、異様などよめきに包まれることとなった。
大本命のノーリズン、名手武豊騎手騎乗にも関わらず不覚の落馬、レースは初手から
波乱含みの展開となった。
各馬とも落馬の影響か、ペースはかなりの掛かり気味で突っ走ることとなった。
場内のどよめきが収まらない中で、先行したのはローエングリン。
戦前の予想通りの逃げとはいえ、ペース配分を全く欠いたその走りが終盤まで
持つことはなかった。
4コーナーでトップに立ったのはヒシミラクル。
それをメガスターダムが追い、この2頭で決まるかと思われたゴール直前、外目から
後方一気の末脚でファストタテヤマが2着に滑り込んだ。
ノーリーズンの落馬騒動があったとはいえ、見事な粘り脚で駆け抜けたヒシミラクル、
まさに名前通りの奇跡的なレースを制することとなった。

競馬順位傾向予測正確性:
徳田 :0点( 2点)
垣ノ木:0点(73点)
火也 :5点(71点)
秀麻呂:0点(60点)

大本命のノーリーズン、まさかの落馬のため、ノーリーズンを全ての研究員が軸とした
今回はかなりの正確性を欠く結果となった。
僅かに火也首席が正確性を確保、しかしそれもささやかな点数に留まった。
今回の落馬は流石に誰にも予想できなかったようだ。
これに負けず、次からのより高い正確性を期待します。

雨谷の庵は今日も雨。
< Back |List| Next >
管理者:徳田雨窓