雨谷の庵

[0247] レベルの高い相手に勝っている (2002/02/17)
※[競馬]フェブラリーS


[Home]
ポスト黒船は世界最強の証。

前略。秘密結社「競馬順位傾向予測研究協議団」の皆様方。
いよいよ当秘密結社も円熟の第5期となりましたが皆様如何お過ごしでしょうか。
今期から正確性の測定方法を若干変更し、三連複の導入と、正確性得点の見直しを
行いましたのでご留意ください。
それでは今年第1戦、フェブラリーS。行ってみましょう。

[競馬順位傾向予測正確性ルール]
予測点配分6point、倍率制。
単:1着10点、2着5点、3着3点、4着2点、5着1点
連:1着2着15点、1着3着13点、2着3着8点
通:1着2着3着20点

-------------------------------------------------------------------------------
徳田[連下の祈祷師]
無冠返上に秘策あり?

いつも通り調子の良さそうな馬をピックアップ。

ゲイリーイグリット、トゥザビクトリー、サウスヴィグラス
ウイングアロー、アグネスデジタル

この中では、ゲイリーとトゥザの切れ味が良い。
ただダートは力勝負なので、そうなるとアグネスが良く見えます。
ということで、予想は以下の通りに。

単予想:
アグネスデジタル(×1)
ゲイリーイグリット(×1)
トゥザビクトリー(×1)

連予想:
アグネスデジタル×ゲイリーイグリット(×1)
アグネスデジタル×トゥザビクトリー(×1)

通予想:
アグネスデジタル×ゲイリーイグリット×トゥザビクトリー(×1)

これでどうだ。

-------------------------------------------------------------------------------
垣ノ木[人気通りの鉄板予想]
頑張れマヤノトップガン産駒。

さてさて、いよいよ今年最初のG1レース(中央)、
ダートのマイル戦フェブラリーSです。
最初から気合いを入れて予想しますよ。
…と言っても、今回も「ガチガチ予想」ですが。

単予想:
アグネスデジタル(×2)

連予想:
アグネスデジタル×サウスヴィグラス(×1)
アグネスデジタル×トーホウエンペラー(×1)
トーホウエンペラー×サウスヴィグラス(×1)

通予想:
アグネスデジタル×サウスヴィグラス×トーホウエンペラー(×1)

はっきり言って、このレースは各研究員とも差が付かない気がします。
とにかくは、このフェブラリーSで最重視すべきは「前走、前々走が
重賞で、かつ勝っている」ことです。
つまりは、近走が順調でかつレベルの高い相手に勝っていることが重要なわけです。
また傾向として、近走が不調な実力馬の復活も厳しい舞台です。
それからすると、単純にアグネス、トーホウ、サウス、リージェントの4頭に絞られます。
この4頭BOX買いなら、まず、外れることはないでしょう。
ですが、今回は通予想デビュー戦ということもあり、どうしても個人
的には3頭に絞ってみたかったのです。
そこでリージェントを切った訳は、川崎記念(地方交流G1)勝ち馬はフェブラリーSで
あまり好走がないことです。
……ちょいとうろ覚えな情報ですが理由はそれだけ。
しかし、リージェントに関しては近走がG1二連戦で二連対という実績は
捨てがたいものがありますね…。
とりあえずそんな感じです。

-------------------------------------------------------------------------------
火也[新婚馬券師]
よく考えると、今年で競馬歴10年。

第5期の始まりやね。今年は最高と考えられるメンバーがそろい、とても楽しみな1戦。
有力馬は、どの馬が勝ってもおかしくない。なので、予想が難しいわ。
アグネスデジタルかノボトゥルーを本命に考えてたけど、引退レースである
ウイングアローを本命にする。

本命 ウイングアロー
岡部復活で有終の美を期待。

対抗 アグネスデジタル
1番強いと思うけど、今回は10割の仕上げではないはず。
死角はその点。

注意 ノボトゥルー
ペリエ様騎乗なんで、軽視できない。馬の疲労度が心配。

連下 イーグルカフェ
1番時計を持っている。一応、G1馬やし。

警戒 プリエミネンス
この距離、府中はベスト。大外から差し切れるかもしれないことはないわな?

単予想:
ウイングアロー(×1)
アグネスデジタル(×1)
ノボトゥルー(×1)

連予想:
アグネスデジタル×ノボトゥルー(×2)

通予想:
ウイングアロー×アグネスデジタル×ノボトゥルー(×1)

逃げ馬2頭は捕まると思う。
馬券的には上の5頭BOX。
レースが楽しみやわ。

-------------------------------------------------------------------------------
秀麻呂[第4期首席]
目指せ2連覇。

単予想:
ノボトゥルー(×2)

連予想:
トゥザヴィクトリー×アグネスデジタル(×1)
ウィングアロー×トゥザヴィクトリ(×1)
ウィングアロー×アグネスデジタル(×1)

通予想:
アグネスデジタル×トゥザヴィクトリー×ウィングアロー(×1)

どうもどうも。谷川首席です。
素人の予想では加点しにくいのではないかと思われる新得点制度。
がんばるのであります。
相変わらず意図のはっきりしない配分ですが、これでよいのです。
前回はこれで首席とれたんですから。勝てば官軍。
素人の蘊蓄は期待しないでくださいまし。

-------------------------------------------------------------------------------
[結果]

着順:
アグネスデジタル
トーシンブリザード
ノボトゥルー
トゥザヴィクトリー
トーホウエンペラー
サウスヴィグラス
ゲイリーイグリット
プリエミネンス
ウイングアロー
ノボジャック
リージェントブラフ
ゴールドティアラ
スノーエンデバー
イーグルカフェ
イシヤクマッハ
ワシントンカラー

寸評:
今にも崩れそうな天候の東京競馬場、しかし馬場状態は良好なまま、レースは始まった。
スタートで飛び出したのはノボジャック。
1番人気のアグネスデジタル騎乗の四位騎手はスタート直後2番手につけたものの、
流れがやや速いと見たのか3コーナー前では若干抑えて後ろに下がった。
結果として2番手としてトゥザビクトリーが先行、4コーナーまではそのまま大きな
動きも無くレースは展開した。
4コーナーから直線に入りトゥザビクトリーは先頭に立ったものの今ひとつ伸びず、
外目から一気の差し脚でアグネスデジタルが貫禄を見せ付けることとなった。
2着には土壇場の猛追を見せたトーシンブリザードが、3着にはペリエ騎手がまたも
豪腕を見せ付けノボトゥルーが入った。

競馬順位傾向予測正確性:
徳田 : 12点(12点)
垣ノ木: 20点(20点)
火也 : 39点(39点)
秀麻呂: 6点( 6点)

結果的に、ただ一人ノボトゥルーを軸にした谷川首席にとっては不本意な
レースとなったようだ。
アグネスデジタルを軸に選んだ研究員は順当に得点を重ねることとなったが、
中でも火也研究員の正確性は見事だった。
おめでとう火也研究員。今後ともの活躍を期待します。

雨谷の庵は今日も雨。
< Back |List| Next >
管理者:徳田雨窓