雨谷の庵

[0244] ケラケラと笑われて (2002/02/05)


[Home]
心臓の悪い方は遠慮頂いた方が・・・。

いつも思うことなのだが人間というものは平凡が一番でありそれはつまり平々凡々とした人生を
何気なく全うすることであり要するに日々くだらない生活をくだらないと気づかないままに
のほほんと生活してしまうといった次第であり波乱万丈であるだとか七転八倒であるだとか
九死に一生であるだとか切磋琢磨であるだとかそういうものとは無縁なままにニコニコと
死んでいくことなのであろうとは思うのであるが、私自身それなりにそのような人となりを
目指すべく毎日毎日平凡を極めんとして無駄に人生を浪費してしまっていたりするのであるが、
しかしながら何故にかどうも平凡な割にはまだ結婚とかいうものに恵まれていなかったりして
そろそろ三十路も迎えようとかいう段になることもありこれでは不味い平凡なのだと胸を
張って生きていくには少々都合が悪かろうと思うところもありはしないかと頭を抱えながら、
仕方なくせめて心の世間では23歳くらいということにしておこうと日々自己催眠に精を
注ぎ込むことで忙しくしていたりもするかも知れない今日この頃ではある。皆さん元気ですか。
ということで徳田です。23歳。よろしくどーぞ。

だめ?

それはともかく。
本人は至って平凡なつもりであるのに世間様からは散々後ろ指を差されてしまっているような
人はやはりまあ言ってしまえば結構な割合でいてしまう訳で、むしろ自らをもって変人奇人の
類である事を標榜するような輩に限って単なる自意識過剰の構って君であったりもして、
世間というのは渡らずとも鬼ばかり、私のような無垢で心優しい好青年などにとっては誠に
世知辛いというか生き馬の目を抜くというか、騙されないように日々気をつけなければ
ならないと思うことしきりである。みんなも気をつけろ。
ということで、大抵の人は自分では自分のことを平凡だと思い込んでいたりして始末に
負えないのであるがそれでもやはりちょっとばかり他人とは変わっている所というものは
どうしても存在してしまうものでありそういったことにある日ふと突然気づいてしまったりなど
すると妙に気恥ずかしいというかおろおろしてしまうというか自分の今までの人生を顧みて
しまいそうになるというか、そういったことを経験したことのある方は意外と多いのでは
ないかとも思ったりする。私だけかも知れないが。

例えば私は会社に出勤したりするなどの際には防寒のために温かいスキー帽子を被って
いるのであるが、その私の姿をたまたま見かけた会社の同僚は何故にかケラケラと
笑うのであった。その理由を問うと答えて言うにはこうである。
「なんか変」
つまりにおいて、背広にスキー帽子というのは非常に非日常的な光景に思えるというのが
その同僚の意見であった次第である。
帽子である。帽子なのだ。
恐らく、帽子を被るという行為については世間一般に広く問うたとしても頭に被るという行為が
異端視されることはないであろう。
むしろ肩に被ったりお腹に被ったりましてやティムポに被せてみたりする方が奇妙な訳であり
そもそも帽子は頭に被るから帽子なんだろうとは思うのであるがともかく頭に被っている以上、
それについてとやかく言われてしまうことはないはずである。
ということは何か。
背広に帽子というその組合せに笑いのツボが存在するとかそういうことであろうか。
ちなみに一つだけ言い訳をするなら現在私の被っているスキー帽子の色は黒で、毛糸ではなく
厚手の布地でできたものである。伸縮性も良く非常に温かい。
私の着ているスーツの色も黒であるから、この帽子に関する限り、私の着こなしに問題の
あろうはずはないのであった。
それでもケラケラと笑われてしまうのである。
私にはおろおろする以外、為すすべがなかったことをここに申し添えておこうと思う。

例えばつい最近、同人関係の知り合いの柳某が原画を担当したギャルゲーが発売されたので
早速私は購入して遊んでみたのであるが、これが結構良く出来ていて個人的には楽しく
遊んでしまった次第である。
遊んだ後に、そのゲームに関する他の方々の感想を見てみようとそういった話題の掲示板などを
ネットで閲覧してみたのであるが、何故かどうも私の抱いている感想とは若干異なる意図の
書き込みが散見されるのであった。それらを要約するとこうである。
「オパーイは切り刻むものではなく揉むものですゴルァ」
つまり件のギャルゲーにおける一部のシーンについて、嫌悪感を催す人がかなりの割合で
いるであろうといったような意見が存在していた次第である。
ギャルゲーである。ギャルゲーなのだ。
まあ確かに猟奇殺人事件をテーマにした筋立てであったので、作中に登場する可愛い
女の子たちが器具で身体を固定されて鞭でしばきまくられるであるとか目をくりぬかれて
流血放置であるとか柱にピアノ線で縛り付けられて締め上げられてバラバラであるとか
水の中に放り込まれて硫酸を流し込まれるであるとか口とお尻にホースを突っ込まれて水を
流し込まれて破裂であるとか大量のヒルに血を吸われて失血死してしまうであるとか十字架に
張りつけられて燃やされたりであるとか脳改造施されてロボトミーになってみたりであるとか
まあそういった少々グロめの演出が目立ったことは確かなのではあるが所詮はゲームの中の
お話ではないか。目くじらを立てる程の話ではない。おかしなことを考える人がいるものだと
思うと同時に、世間の広さとその中での相互理解の難しさを改めて・・・え?
おかしいのはお前のその感覚だろうって?
でもでも、同じ掲示板のこっちのスレッドでは大好評だし。ほらほら、ここのスレッドですよ。
スレの名前は・・・鬼畜スレ?
・・・。
鬼畜?

私にはおろおろする以外、為すすべがなかったことをここに申し添えておこうと思う。

雨谷の庵は今日も雨。
< Back |List| Next >
管理者:徳田雨窓