雨谷の庵

[0223] 更新頻度が落ちたサイト (2001/12/06)


[Home]
周囲の環境に変化があると更新頻度も変わるというのが本当。

じんるいあいの人は偉大でした。その愛が我々に降り注ぐことはもうないのでしょうか。
って、ご当人は注いでいるつもりは全く無いに違い無いので油断は禁物です。
とまあちょっと錯乱気味に始めてみましたが皆様如何お過ごしのことでしょう。
はい、日本語可笑しいですね。まあ、どうでもいいですが。
それはともかく。
私が常々愛読しているじんるいあいの人の日記(というかコラムというか、なんだろう)が、
最近あまり更新されていないということで私的にはちょっと寂しかったりもするのですが、
それにはちょっとした裏事情があったということが最近発覚したもようです。
って、単に私は全然知らなかったとか、そもそもその人にとって私は全くの見も知らぬ
赤の他人なわけでそういった個人的な情報を私が知っているはずも無いとか
そういうことなのですが。
なんかね、けっこんするんだそうです。けっこん。けっ。
この後将来を末永くともにする人との時間に没頭する余り、いままで周囲に注ぎ続けてきた
じんるいあいを疎かにしていたとかそういうことだったらしいのでありますよ。
つまり私とかは見捨てられていたとかそういうことになりそうなわけですね。
毎日毎日楽しみにしていたのにもうあの楽しい文章を読むことが出来なくなるというのは
かなり残念というか、もっと書けよとか我侭を言ってみたりもしてみたくなろ〜という
ものかもしれません。

とまあ、そんな超局所的な私的御都合主義には蓋をすることにして、ともあれ
おめでとうございましたとお祝いの言葉を書いておくことにしたいと思います。
お前が書くと呪いの言葉みたいで嫌だとか言われそうでちょっと不安ですが、他意は
無いですのでどうか末永くお幸せに。
まあ、結婚したところで幸せになるとは限り(自粛)<だからそういうことを書くな。

さて。
私のような文章を読むことがテキトーな程度に好きな人々にとっては有り難いことだと
思うのですが、世の中にネットが充満し始めた昨今ではお蔭様をもちまして大変
安価に、結構大量な、しかも多様性に富んだ文章を読むことが可能になっている訳です。
これは所謂テキスト系とか日記系とか雑文系とかに限らず、新聞社やテレビ局のサイトの
ニュースであるとか、政府の公開している文書であるとか、大学や研究所などの
文献であるとか、それはもうありとあらゆる文章がこれでもかこれでもかと日々
増え続けていっていると言っても過言では無いのでありましょう。
別段これは文章に限った話ではなく、画像であるとか動画であるとか音声であるとか
そういったものも日々増え続けていて、その膨大さに思いを馳せるたびに気が遠く
なりそうな毎日ですが皆様如何お過ごしでしょうか。<違う。
そういった状況で、全体としてみれば所謂情報というものは増える一方な訳ですが、
細かくその状態を観察するなら、一部の情報についてはその増分が減少方向に転じて
いるものも有るわけです。
例えば、冒頭のじんるいあいの人の日記とかはその好例と言えるでしょう。
ということはです。
私のような文章を読むことがテキトーな程度に好きな人々としては、そういった情報が
減ると非常に悲しい思いをする訳ですから、そうした減少方向に転じる理由を突き止め、
小一時間ほど問い詰めた後に、その誤った方向性を修正させるべく日々努力を惜しんでは
いけないんではないだろうかとちょっとだけ思う次第なのです。
ということで、私が最近目に付いた「文章の更新頻度が少なくなった」サイトについて、
その主な理由を検証してみようかと思います。

○恋人ができやがった

 恋人ができたとたん、更新頻度が落ちたとこってありますよね。
 文章書き綴ってサイトに恥晒すよりも、好きな人といちゃいちゃする方がいいって
 ことなのでしょう。そりゃそうだ。
 ということで、雑文書きとかに恋人が出来そうになったら、妨害するのです。

○結婚しやがった

 結婚したとたん、更新頻度が落ちたサイトは数限りありませんよね。
 結婚したら色々と家庭に費やす時間が増えて、文章書く暇も無いというのは
 理解できるのですが、いずれにしても雑文書きの結婚は雑文読みにとっての
 天敵と言わざるを得ないでしょう。
 ということで、雑文書きが結婚しそうになったら、妨害するのです。

○就職なんぞしやがった

 就職したとたん、めっきり更新しなくなったとこにも心当たり有りです。
 特に、就職する前はかなりの貧乏だった方にこの傾向が強いようで、つまり就職イコール
 小金持ちとかそういう図式が成り立つ場合、途端に文章を書く気力が萎え萎えに
 なってしまうというのが真相のようです。
 ということで、雑文書き(特に貧乏の)が就職しそうになったら、妨害するのです。

○ゲームとかにハマってやがる

 居ますよね?FFだのDQだのが発売される度に更新頻度が落ちてしまうところ。
 そりゃ、ゲームは楽しいですから時間を忘れて寝食も削って遊んでしまいたくなると
 いうのは分かるのですが、もうちょっと節度をもってもらいたいというのは
 雑文書きとしての本音かも知れません。
 ということで、雑文書きがゲームにハマりそうになったら、クリアに時間のかから無い
 別のゲームを手渡すのです。ギャルゲーとかなら、最悪10時間ほどで終わりますし。

○他人から叩かれまくり

 何故だか分かりませんが、雑文祭などを見る限りでは雑文書きにはマゾが多いようです。
 だからかも知れませんが、2chとかの他人から文章の内容を叩かれると快感のあまり
 更新頻度が落ちてしまうらしいのです。
 噂によるとサイト自体を閉鎖してしまう人も多いとか。マゾには困ったものです。
 ということで、雑文書きが他人から叩かれそうになったら・・・ってこれは防ぎようが
 ないですね。恐るべしマゾ。

こうして見てみると、どうやら雑文書きの幸せ度と更新頻度の下落には密接な関係が
あると言っても過言ではないのかも知れません。
ということで結論。
「雑文書きとかは活かさず殺さず、不幸な境遇に追い込みましょう」
具体的には失恋させたり離婚させたり失業させたりギャルゲーを与えたりと、
そういうことをすれば良いのです。
これで日々の楽しみが減ることは無くなります。ああ、安心。

そうすると、ここの更新頻度は当分減りそうにもないということに。しくしく。

雨谷の庵は今日も雨。
< Back |List| Next >
管理者:徳田雨窓