雨谷の庵

[0220] ペリエの乗る馬に注目 (2001/12/02)
※[競馬]阪神ジュベナイルフィリーズ


[Home]
3週連続。

前略。秘密結社「競馬順位傾向予測研究協議団」の皆様方。
秋のG1もいよいよ終盤戦、取りこぼしの無いように神経を
使う季節になりました。
第9戦は阪神ジュベナイルフィリーズ、2歳牝馬のG1です。

[競馬順位傾向予測正確性ルール]
予測点配分6point、倍率制。
単予想:1着10点、2着5点、3着3点、4着2点、5着1点
連予想:1着2着50点、1着3着10点、2着3着5点

-----------------------------------------------------------------
徳田[連下の祈祷師]
本気モード?

読み難いことこの上ないレースの一つですが、
できる限りやってみます。

さて。
牝馬や若駒は騎手で買えというのはいわゆる定説ですが、
今回は武豊とペリエの乗る馬に注目かも。

ツルマルグラマー、タムロチェリー

そして、前評判も結構重要視するなら、この2頭。

キタサンヒボタン、マイネヴィータ

最後に、調教タイムで選ぶならこんな感じ。

ブライアンズイブ、ミニーチャン

・・・う〜ん。わからねぇ。
ということで、例の巨大掲示板の情報を加味した結果は、以下。

単予想:
マイネヴィータ(×1)
ツルマルグラマー(×1)
ブライアンズイブ(×1)

連予想:
マイネヴィータ×ツルマルグラマー(×1)
ツルマルグラマー×ブライアンズイブ(×1)
ブライアンズイブ×マイネヴィータ(×1)

まあ、当たるかどうかは分かりませんが。

それにしても安藤勝己がJRAの試験落ちたというのは、
ちょっとショック。楽しみにしていたのに。残念。

---------------------------------------------------------------------
垣ノ木[人気通りの鉄板予想]
頑張れマヤノトップガン産駒。

今週は2歳牝馬の女王決定戦、阪神ジュベナイルフィリーズです。

はっきりいって、まったくよく分かりません。
先週は同じように悩みながらも馬券は的中したのですが、今回の
この難解さはその上を行っていると言っていいでしょう。
まず第一に、久々に軸馬が絞れませんでした。
本来の自分の買い方だと、迷わずキタサンヒボタンを本命に推す
はずなのですが…。
今、アタマをちらついているのが、サイコーキララで負けた去年の
桜花賞です。
あのときと、出走メンバーなどの雰囲気が似ているように思えます。
…せめて、ヒボタンのジョッキーが武とか蛯名だったらなぁ…。
というわけで…。

マイネヴィータ、マイネノエル、ツルマルグラマー、キタサンヒボタン

この4頭にまずは絞って、馬券の方はオッズと相談してみます。

単予想:
マイネノエル(×1)

連予想:
マイネノエル×ツルマルグラマー(×1)
マイネノエル×マイネヴィータ(×1)
マイネノエル×キタサンヒボタン(×1)
ツルマルグラマー×キタサンヒボタン(×1)
ツルマルグラマー×マイネヴィータ(×1)

研究団の方は、一応、マイネノエル中心で考えてみました。
次点がツルマルグラマー。

未だに、オースミコスモ、ヘルスウォール、シェーンクライト、
ブライアンズイブあたりの取捨を悩んでいます。
今回は特に、有力馬に先行馬が多いので、Hペースになりそうなのですが、
差し馬にこれといった良い瞬発力の持ち主がいないのがまた悩みどころです。
Mペースぐらいに落ち着けば、前目の有力どころで堅く決まることもある
でしょうけどねぇ…。
…そういう意味では、武ツルマルグラマーには展開が向きそうだなぁ。
でも、デムーロやペリエも上手いからなぁ…。
ああ、本当に絞れないッス。(TxT)

あんまり予想になってないですが。
ではでは〜。

---------------------------------------------------------------------
火也[新婚馬券師]
よく考えると、今年で競馬歴10年。

今週は2歳牝馬戦やな。今まで当てたことがないような気がするんで、
今週も鉄板予想させてもらうかな。
ここのところ、騎手の腕がものをいってるような気がするんで、
今週もそれに従わせてもらうわ。
もう、軸はわかってるね。

本命 ツルマルグラマー
前走は太めで2着。馬もなかなか素質がある。それに武が乗るんで、軸決定。

連下
キタサンヒボタン 実力馬
タムロチェリー  ペリエに注意
オースミコスモ  素質あるようで
マイネヴィータ  確か逃げ馬だった気がするので、前残り注意

単予想:
ツルマルグラマー (×2)

連予想:
ツルマルグラマー×キタサンヒボタン(×1)
ツルマルグラマー×タムロチェリー(×1)
ツルマルグラマー×オースミコスモ(×1)
ツルマルグラマー×マイネヴィータ(×1)

調子のいい騎手を狙ってみるわ。

---------------------------------------------------------------------
秀麻呂[素人予想人]
素人ならではの斬新な予想がウリ。

どうも。秀麻呂です。

メル友さんとオフ会したらかわいかったのでか
なりご機嫌です。今度は女子高生ゲットできる
ようにがんばります。中学生くらいをゲットし
てしまったら徳田氏に、小学生くらいは浜中氏
におまかせいたします。

徳田さんが、酒飲みながら「わかんねぇ」って
叫んでましたが、僕はシラフで踊りたい気分で
す。じぇんじぇん、わかりません。ここが勝負
どころの臭いがするのは気のせいでしょうか。
個々の予想に差がでてるんだろうなぁ。

単予想:
(なし)

連予想:
キタサンヒボタン×マイネヴィータ(×1)
キタサンヒボタン×オースミコスモ(×1)
オースミコスモ×マイネヴィータ(×1)
オースミコスモ×ブライアンズイブ(×1)
オースミコスモ×ツルマルグラマー(×1)
ブライアンズイブ×ツルマルグラマー(×1)

血統もクソもなく、その時の気分の予想であたるか?

---------------------------------------------------------------------
[結果]

着順:
タムロチェリー
アローキャリー
オースミコスモ
キタサンヒボタン
マイネヴィータ
チャペルコンサート
カネトシディザイア
ヘルスウォール
ブライアンズイブ
シェーンクライト
オメガグレイス
フォルクローレ
ツルマルグラマー
ミニーチャン
テイエムハーバー
マイネノエル
シーバスビコー
ワイドパッション

寸評:
2歳牝馬にしては落ち着いた雰囲気のスタート前、特に枠入りを嫌う馬も無く、
レースは始まった。
スタートは2頭ほど出遅れ気味の馬もいるばらついたものとなった。
先頭に立ったのはアローキャリー。そのまま平均的なペースを維持し、
先行集団は縦長になることなく、一団のまま4コーナーを曲がった。
直線、まず先頭に立ったのは人気のキタサンヒボタン。
しかし今ひとつ伸びに欠け、各馬が直線で横一線に並ぶ大混戦。
しかしその中からゴール寸前でペリエ騎手騎乗のタムロチェリーが
鋭い切れ味を見せ、G1馬の栄誉を手にした。
ペリエ騎手は3週連続のG1制覇、これは史上初の快挙となった。

競馬順位傾向予測正確性:
徳田 :1点(118点)
垣ノ木:0点(231点)
火也 :0点(290点)
秀麻呂:0点(305点)

やはり2歳牝馬は難しい。そんなことを思わせる、惨憺たる結果となった。
かろうじて徳田研究員が正確性を確保したものの、それも焼け石に水と
いった感じだろうか。
今後の各研究員の精進に期待したい。

雨谷の庵は今日も雨。
< Back |List| Next >
管理者:徳田雨窓