雨谷の庵

[0197] 衝撃のカラオケシステム (2001/10/16)


[Home]
案外、影山ひろのぶが好きだということが判明。

例えば時々見かける風評として「ひろすえとか同人とかを得意とする雨窓さん」とか
「別に縛りはないのにアニメソングをどんどん入れる徳田さん」とか
「ぷにぷにの人は、気合いが違います」とかある意味散々なことを色々言われている
当サイト(及び当サイト管理人)であるが、今日はそこら辺の誤解を解消すべく、
焼け石に水は覚悟の上で言い訳してみようと思う次第である。
って、既に諦めモード全開っぽい書き出しで、そんなことでイイのか諸君とか訊きたく
なってくるような気がしないでもないが、それは取りあえず気にしないことにしよう。

それはともかく。
ということで先日、同人仲間の柳某主催のオフ会というものに参加してみた。
何がどういういきさつで参加なのか、はたまたそれが冒頭の言い訳宣言とどのような
関係があるのかについて気になっている読者諸賢もおられることと思うのでまずは
そこら辺から書き綴ってみよう。
柳某(仮名)というのはここでもちょくちょく登場しているパーソナリティで、私の
同人活動のリーダーをやっているとても有り難い方である。
その柳某がWebサイト「やなぎ庵」を開設したのがちょうど1年くらい前。
その時柳某はプロバイダ契約もしておらず、もちろん公開用のスペースも確保して
おらず、しかも個人のパソコンすら持っていなくて、さらに当たり前かも知れないが
HTMLの書き方なぞ全く知らぬ存ぜずの状態なのであった。
それでWebサイトを開設しようなどとは言語道断ダオダンドウであるが、とりあえず
私のスペースの内、余り使っていなかった場所にサブディレクトリを切り、
そこにちまちまとコンテンツを放りこんで取りあえずはWebサイトらしき体裁だけを
整えてあげたことは良く覚えている。
ところが、である。
彼は何気に勉強熱心だった様子で、1ヶ月も立たないうちにHTMLの書き方は大方
マスターしてしまった。
更に、3ヶ月後には自分でFreeなスペースを確保し、私のサブディレクトリから独立、
あれよあれよと言う間にコンテンツを充実させ、今では1日に200カウント程度を
稼ぐまでのWebサイトになってしまった。
200という数が多いのか少ないのかは良く分からないが、少なくとも物臭でいい加減な
私が適当に管理しているここ雨谷の庵よりは多くの皆様に愛されていることは
間違いないだろう。
で。
そのやなぎ庵の、開設1周年記念ということでのオフ会があったという訳である。
柳某の活動範囲と私の活動範囲は微妙にズレていて、果たして私などが参加しても
いいものかどうかほんの少しだけ(5分くらい)迷ったりもしたが、まあ結局は
面白そうということで参加してみた。
1次会は普通の飲み会であった。
何気に、ビールを飲んでいるのは私だけのような気もしないではないというくらいの
大人しめなオフ会で、話題もAIRのサバイバル投票だとかKeyの新作の話だとか、
やっぱり誰彼は駄目だったんだろうかとか君が望む永遠はイタいだとか感動しただとか、
まあそういうマッタリとした会話で進行していくのであった。
これなら私が混じっていても大丈夫、と思ってしまったのは私の油断と言う他無い。

さて。
そのまま調子に乗って2次会のカラオケにも参加した私に突きつけられた現実は、
その時点での私の想像を遥かに超えるものだった。
まず、何気に机の真中にノートパソコンが展開されている。
そこからは何本かのオーディオ端子が延び、そのもう一方の先は何故かカラオケ装置に
接続されている。
つまりこういうことですね。
ノートパソコンのHDDに満載されたMP3データをWinAmpで再生、しかもプラグインを
利用して自前の歌詞同調システムでもってカラオケとし、それをカラオケボックスの
装置に出力していると。
カラオケ屋が提供しているメニューだけでは、自分達の歌う歌がないので、自前で
用意してみたと。
思わず凄ぇとか感心していたのだが、どうやらこれは他の参加者にとっては
デフォルト設定だった模様で、皆様特に驚いた様子もなく準備の完了を
待っている様だった。
そして始まる10時間半耐久オタク縛りカラオケ大会。
何しろ自前で用意したカラオケシステムである。
用意した本人は、ぷにケットで2万円近くを使い切る猛者である。
当然、そこらの軟弱なJ-Popなどエントリーされていようはずも無い。
しかも、デフォルトでHDDに入っているのは主にギャルゲーの主題歌。
アニメや特撮の主題歌などは、別途用意されたCD-Rから逐次読出しという方式である。
更には「中華王・先行者」などのネットならではのネタ歌も完備されており、
それを全員で合唱したときには感動で涙が出そうになった程である。いやマジで。
ちなみに朝までかかって歌った歌は全110曲。
その中で私の歌った歌は以下である。

-------------------------------------------------------
[徳田雨窓歌唱リスト]

01. 翔べ!ガンダム(機動戦士ガンダム)
02. WE GOTTA POWER(ドラゴンボールZ)
03. Wild Flowers(ZOIDS)
04. SOUND OF DESTINY(WHITE ALBUM)
05. 君の青春は輝いているか(超人機メタルダー)
06. Feeling Heart(TO HEART)
07. レッツゴー!!ライダーキック(仮面ライダー)
08. 夢色チェイサー(機甲戦記ドラグナー)
09. YOU GET TO BURNING(機動戦艦ナデシコ)
10. メロスのように-Lonely Way-(蒼き流星STPレイズナー)
11. スターダストボーイズ(宇宙船サジタリウス)
12. To lose in amber(奴隷市場)
13. 乙女のポリシー(美少女戦士セーラームーン)
14. Successful Mission(セイバーマリオネットJ)
15. STEP(魔神英雄伝ワタル)
16. サイレント・ヴォイス(機動戦士ガンダムZZ)
17. CHA-LA HEAD-CHA-LA(ドラゴンボールZ)
-------------------------------------------------------

会社とかでこんなものを歌えば間違いなくオタク呼ばわりされるところであるが、
今回は違った。

「そんなの、普通のカラオケ屋でも歌えるじゃねえか」
「なんだか、メジャーどころばっかりですね〜」
「もしかしてミーハーですか?」

恐るべしやなぎ庵オフ。
もしかして恐怖、マニア星人ばかりなのか。いやマジで。
そんな彼等が歌った曲は、やはり私の知らないようなものばかり。
その中でも記憶に残っている名曲は以下であろうか。

-------------------------------------------------------
ドリルでルンルン クルルンルン(D4プリンセス)
ボクはロリコン(KAWAI)
WELCOME!2000(デ・ジ・キャラット)
メイドさんブギ(MAID iN HEAVEN)
降臨!アニメの大王(山本正之)
FUCK ME(吐溜)
陸上自衛隊の歌(花右京メイド隊の替え歌)
ウルトラESP(センチメンタルグラフィティより永倉えみる)
-------------------------------------------------------

なお、上記徹夜カラオケの全歌唱リストについては、衝撃のカラオケシステムの
管理者の方の公開しているサイト「無敵要塞ザイガス」の10/15から辿って
頂くことができる。興味のある方はそちらをどうぞ。

で。
何気に話が逸れまくってしまっていて何が言いたかったのか今一つ分からなく
なってしまっているが、要するに私などはまだまだオタクとかロリコンを自称するには
知識も度胸も足りないとかそういうことを思い知らされた一幕であったことを
ここに書き記しておきたい。
知識はこれから励めばなんとかなるかも知れないが、度胸だけは小心者なので
いかんともしがたい。
悔しいことだが、私が彼等の境地に追いつくことはこの先恐らくないだろう。

ということで。
以上の理由を以って、私が決してロリコンでもオタクでもないということの証左に
しようかと思うのであるが、どうであろうか。

・・・だめ?

雨谷の庵は今日も雨。
< Back |List| Next >
管理者:徳田雨窓