雨谷の庵

[0188] 素早くしかも適切に (2001/09/25)


[Home]
爺寝た?

私はいまはまだ平凡な一市民に過ぎないが、もしかするとある日突然物凄く有名になって
しまうかも知れないということを想像してみた。
その結果、そうなった場合私は大変困るのではないかという結論に達した次第である。
例えば。
先ごろに起こった米国同時多発テロに類似の出来事があった場合、有名人となった私の
もとには、多くの取材陣が訪れることになってしまうかも知れないではないか。
そうなっては困る。心の準備が出来ていない。
記者とかレポーターとかが次々と繰り出してくるであろう質問に対して、素早くしかも適切に
回答しなければならないハメになることは確実である。
しかし今の私では、そんな状況にはとても対応できそうにはない。
せいぜい寝ボケた顔で「うにゅにゅ〜」とか言って誤魔化すのが関の山なのではなかろうか。
うにゅにゅ〜はまずい。
有名人として、うにゅにゅ〜とか言ってしまっては立つ瀬がないとか
そういう深刻な局面である。
なんとしてもうにゅにゅ〜だけは避けねばなるまい。
と、何の脈絡もなくて大変申し訳ないのであるが、将来の有名な私のために今から心の準備を
着々と進めることにした次第である。
ということで手始めに、例の多発テロについて取材陣に取り囲まれた場面を想定して
Q&Aのようなものを書いてみることにした訳である。

-----------------------------------------------------------------------------

Q:アメリカで起こった今回のテロ事件についてどう思われますか。
A:なんとも思わない。基本的に他人のことなど知ったことではない。

Q:テロ行為自体は決して許してはならないものだと思うのですが。
A:テロ行為が悪であると決めつけるのは危険な発想だ。それは元々善でも悪でもないという
  基本を忘れてはならない。テロというものはまず社会的な現象の一つであるという観点から
  出発することが、多くの人々が被っているであろう被害の減少に寄与するために適切な
  態度のはずである。

Q:でも世間の多くの人々は感情的には許せないと考えているのではないでしょうか。
A:そもそも過去に行なわれた行為に対して許す許さないなどと論じること自体、
  無駄の多い発想だ。もしある人物が何かを行なおうとしていることが事前に判明していた
  場合にのみ、その行為による自身への影響を予測し、その結果なんらかの被害が
  自身に及ぶであろうということがほぼ確実である場合に、その人物に対して自らの
  立場から適切な主張を行なうべきだろう。今回のテロはすでに起こってしまった
  過去の現象であり、その行為に対して今更その是非を論じても時間の無駄だ。

Q:しかし犠牲になった方の遺族の悲しみは深いでしょう。
A:それはそうだろう。社会に暮らす人間として当然の感情だ。ただ、私には関係のない話だ。

Q:アメリカ経済への影響についてはどうお考えですか。
A:知るか。基本的に、アメリカ経済はアメリカ人のものだ。その質問はアメリカ人に
  尋ねなさい。

Q:アメリカ経済の不況が深刻化した場合、日本経済への影響が懸念されていますが。
A:それは当然注意して経緯を見守るべきことだ。ただし、それはテロがあってもなくても
  同じことのはずで、この時期だけ取り立てて注目しなければならないということではない。

Q:しかし今回の事態を受けて石油価格の高騰などが心配されます。
A:それはその通りだ。ただし、元々中東は政情不安定でありこのような事態は常日頃から
  考慮していなければならないことのはずだ。

Q:アメリカは報復を行なうと明言していますが、これについてはどうお思いでしょうか。
A:なんとも思わない。他人の殺し合いなど、私の知ったことではない。勝手にすれば良い。

Q:アメリカの報復について日本政府は全面協力を表明していますが。
A:私の利益にならない事柄に税金を使うことには反対だ。ていうか、戦争に協力する金が
  有るくらいなら私に金をくれ。

Q:アメリカはテロ組織の撲滅を目指しています。それに協力するのは当然ではないですか。
A:あなたは撲滅という言葉を簡単に使っているが、その意味するところは要するに人殺しだ。
  先にも述べたが私は他人の殺し合いについて何ら興味を持たない。好きにすれば良いと
  思っている。従ってそういった私の利益とは無関係の事柄について、税金が使用される
  ことには反対だ。

Q:自衛隊の派遣についてはどう思われますか。
A:先ほどの回答と同じだ。自衛隊の派遣が私の利益につながるとは考え難い。

Q:しかし自衛隊を派遣しないと国際社会から日本が孤立するのではないですか。
A:孤立して何が悪い。それとも、どこかの国が日本を経済封鎖しようとでもしているのか。
  経済的孤立は私にとって不利益だが、政治的孤立については私にとって全く
  関係のない話だ。経済的に孤立しそうであるのなら、政治的に土下座でもして
  他国の施しを受ければ良いだけの話だろう。そもそも、政治家の連中にはそのために
  多額の年俸を税金から支出しているはずだ。

Q:貴方には日本人としてのプライドはないのですか。
A:あるわけねぇだろ。だいたいプライドが高ければいいと云うものでもない。
  そもそも日本人であれば自動的に偉いなどと考えるのは私には理解しがたい発想だ。
  ならば実力でその偉さを示して見せろと言いたい。

Q:テロの黒幕と云われているビンラディン氏についてはどうお考えですか。
A:君もしつこいね。そんな赤の他人のことなんてどうでもいいんだよ私は。テロでもなんでも
  好きにすればいい。それは彼の自由だしまた、アメリカが彼を殺そうがどうしようが、
  それも好きにすればいい。私には関係ない。

Q:貴方はテロ行為を肯定するのですか。
A:肯定はしない。もちろん否定もしない。基本的に他人が誰を殺そうが、誰かに殺されようが
  私には興味がない。もちろん、私が殺されることについては最大限可能な範囲でそれを
  回避すべくあらゆる努力を常日頃から行なっているつもりだ。また私は誰かを殺すつもりは
  毛頭ない。私がテロ行為に加担する予定もない。日本政府にはテロ行為を未然に防ぐための
  手段を講じて欲しいと思っている。今回の場合、国内のアメリカの軍事施設などの警備を
  強化するなどの措置について税金を使うことは当然だと考えている。

Q:貴方の考え方は身勝手なものに思えます。そのせいで恋人が出来ないのではないですか。
A:う・・・そ、それは。

Q:だから三十路前になっても結婚すらできない駄目な人なのだとは思いませんか。
A:う・・・うにゅにゅ〜。

-----------------------------------------------------------------------------

・・・って、あかんやんけ。
有名人への道は険しい。うにゅにゅ〜。

雨谷の庵は今日も雨。
< Back |List| Next >
管理者:徳田雨窓