雨谷の庵

[0187] 相手はどこから沸いて来た (2001/09/21)


[Home]
そろってアンチ巨人だとか。

ふむふむ。和6、和6、和6の3Kですな。しかもバス・トイレ別と。
お。クーラーもついているではないか。人類の科学の恩恵である。嗚呼涼しい。
なるほどな。なかなか良さそうな部屋である。和室が3つというのも気に入った。
といっても、私が住むわけではないから別にどうだって良いのだが。
なんとなく築年が古そうなのが気になったりもするが、慣れればどうということは無かろう。
4階建ての4階ということでもあるし、眺めが良い。
だいたいここら辺は高層な建物が無くて良いであるな。
ウチなどは辺り一面がビルの壁だったりして狭苦しいコトこの上ない。
なに?夜は真っ暗になってしまうのだと?
良いではないか。っていうか、私は好きだぞ。暗闇。
まあ、それはともかく。
なんで、私は君んとこに遊びに来たんだっけ桧山某?

ふむふむ。なかなか繁盛してますな。しかもかなり駐車場が広い。
お。マッサージとかもやっているのか。まるで健康ランドのようであるな。
なるほどな。なかなか良さそうな銭湯である。男湯に幼い女の子が(略)も気に入った。
といっても、君んとこにはお風呂はちゃんと有るのだから関係無いが。
なんとなくマスカット風呂というのがインチキ臭かったりするのが気になったりもするが、
慣れればどうということはなかろう多分。
結構新しく出来たのかそれとも改築した結果なのかは知らないが、建物も綺麗だし。
受け付けとかの人が妙齢のお姉様というのも、個人的にはポイントが高い。
ウチの近くの銭湯など、外見は汚いし番台にはしわくちゃの人々がいたりとかで
もう散々である。
なに?結構お気に入りで、ここには良く来るのだと?
そうか。銭湯代とすると500円は高いが、健康ランドと考えれば破格の値段であるしな。
まあ、それはともかく。
なんで、私は君と一緒に銭湯なんかに来てたりするんだ桧山某?

ふむふむ。やっぱり風呂上りのビールは格別ですな。しかもちゃんと発泡酒で節約万全である。
お。冷蔵庫の中にはビールてんこもりではないか。しかもこの冷蔵庫、野菜忠心蔵か。
これ欲しいんだよな。野菜が真中から取り出せるというのがいいのだ。
といっても、男所帯のウチにこんなデカイ冷蔵庫は必要ないが。
台所は若干狭くて動きが制限されるような気がしないでもないが、それも慣れの問題だろう。
なになにつまみは手作り餃子を焼いてくれるのか。
うむうむなかなかお味が宜しいようである。
そういえばウチではまだ餃子を作って見たことがないであるな。今度やってみよう。
なに?餃子はちょっと作り過ぎてしまって全部で60個もあるのだと?
大丈夫だ。何しろ私は餃子なら100個程度は軽く平らげるのであるからして。
まあ、それはともかく。
なんで、私は君ん家でビールをご馳走になっているんだっけ桧山某?

ふむふむ。赤プリの直径24cmのフルーツてんこもりケーキですな。重さは約1kgと。
お。何気にあっさり味で甘さ控えめ、ダイエット中の方でも一安心な設計ではないか。
なるほどな。やはり高い値段にはそれなりの理由があるとかそういうことであろう。
といっても、私が買ってきたわけではないから値段など気にしなくてよいのであるが。
ただ、このホワイトチョコに書かれているHappy marriage の文字だけは不可解であるが。
それにしても生地はふわふわ、クリームもふわふわ、口当たりの良いコトこの上なしであるな。
上にのっかっているフルーツ類も適度なくちごたえで食べ易い。
前に私が自作したケーキなど、乾パンか何かと作り方を間違えたのかと思うほど堅かったり
したこともあったが、それとは雲泥の差、月とすっぽんとはこのことであろう。
なに?余った分は月曜日の夜まで取っておくつもりだと?
何気に良く分からない措置を講じるものであるな。
まあ、それはともかく。
なんで、私は谷川某の持参したケーキを君ん家でご相伴にあずかっていたりするのだ桧山某?

ふむふむ。やはりここはトレジャーから穴めの馬に流して馬連を狙うのが良さそうですな。
お。パドックで見る限りだとなんとなくシンコウカリドが良さそうでは無いか。
何気に人気も今一つだし、ここは狙い目かもしれないであるな。
といっても、トレジャーとの組み合わせだと19倍程度にしかならないが。
ちょっぴりちゃかついていて落ちつきに欠ける気がしないでもないが、まあ本命がちがちに
張るよりも夢があっていいではないか。
もう1頭、何か穴めの馬を探したいところだが・・・難しいであるな。
そういえば今月末から秋のG1も始まることだし、秘密結社「競馬順位傾向
予測研究協議団」もいよいよ第4期を迎えるわけであるな。
なに?今度も首席の座は俺のものだ?
何言ってやがる今期こそは私が・・・って、きききき、きた〜っ!馬連ゲットぉ!
まあ、そ、それはともかく。
なんで、私は君と一緒に中山競馬場で馬券握り締めてるんだっけ桧山某?

桧山「だから、俺の結婚祝いに遊びに来てくれたんだろ?」
徳田「なにっ!お前結婚したのかっ!?」
桧山「だから引越ししたんだし、冷蔵庫も大きいのを買ったんだ」
谷川「僕が持ってきたケーキに、ちゃんと書いてあったでしょ」

そうだったのか。知らなかった。
っていうか、いつのまに結婚したのですか桧山某。
そもそも、相手はどこから沸いて来たのですか桧山某。
も、もしかして道端で拾ったとか?
い、いやもしかして幼女をテイクアウトで10年計画が光源氏だったとか?
ま、まさか無理やり手篭めにして既成事実が3ヶ月のらーじポンポンだったりするのか?

桧山「う〜ん。徳田は覚えていないのかなぁ。前、一緒に飲みに行ったやんか」
徳田「何時の話だ」
桧山「ほら、競馬順位傾向予測研究協議団第1期首席祝賀会のときに連れて行ったやん」

そういえばそんなこともあったっけ。
いや、もちろん覚えていますよ。お酒飲んで記憶飛ぶまでは。
いや、そんなことはどうでも良くて。

徳田「ところで、その結婚相手の姿がさっきから全然見えないんだが」
桧山「ああ、今実家に帰っているから月曜日までいない」

なんだよそれ。俺たちが遊びに来た意味無いじゃん。
それはともかく、ご結婚おめでとうございます。
けっ。

雨谷の庵は今日も雨。
< Back |List| Next >
管理者:徳田雨窓