雨谷の庵

[0169] ドクターマッド (2001/07/16)


[Home]
こんにちは。徳田です。

名前というものは難しいもので、それ自身が色々な意味や印象を受け手に
喚起させるものであるから、取扱には重々の注意が必要とされる。
何気にこんな書き出しで申し訳ないが、つい先日上記のような問題に遭遇したので
今日はそれについて書き記しておこうと思う次第である。
さて。
私はこの雑文を書くにあたって「徳田雨窓」という名前を用いていることは
すでにご承知のことだろうとは思う訳であるが、この名前を見た読者諸兄は
これをどう発音しているであろうか?
まず苗字の部分の「徳田」であるが、これは「とくだ」ということで問題ないであろう。
何しろ徳田というのは世間一般でもかなり頻繁に見受けられる苗字であるし、
その読み方も「とくだ」以外にはちょっと思いつきそうにもない。
実際のところ、このペンネームを考えるに当たってはそういった、世間で普通に
使われている苗字がようかろうよかろうと考えてのことだったので、
これはまあ私の思惑通りと言えばその通りなのである。
で。
問題は「雨窓」の方である。
実は最近、この名前の読み方にいく通りかが存在することを私は聞き知る機会に
恵まれた。

 A. あまど
 B. うそう
 C. あめまど

読者諸兄は、どのように呼んでいたであろうか?
もし上記以外の読み方をしていたという方が居られれば、是非ともご連絡頂きたい。
さて。
実は私の意図していた読み方はA.の「あまど」である。
これには立派な理由もあるので、ついでなのでここで解説しておこう。

元々、私のペンネームは「Dr.Mad」というものであった。
これは高校時代から既に10年以上も愛用しているペンネームで、漫画やら小説やら
といったものを書き散らすたびにこの名前を作者名として使っていたというわけである。
高校生だった当時の私が何を思ってこの「Dr.Mad」を採用したのかについては、
すでに記憶の忘却機構のターゲットとなっており定かでは無いが、概ね次のような
理由であったように思う。

 1. 本名のイニシャルがD.M.だったので、それが同じになるようなもの
 2. 将来大学院の博士課程まで行って、博士号を取るつもりだった。だからDr.
 3. 友達からよく「変わり者だ」と言われ続けていたので、Mad
 4. 自分自身、マッドサイエンティストとか好きだったから
 5. ワープロとかだとASCII文字の方がバイト数が少なくて済む

実際、5.の理由とかは先見の明があったのかも知れない。
その後、インターネットの利用が一般的になってくると、私もご多分にもれず
Webサイトを持つコトになるのだが、そのときのユーザ名としてdrmadという
文字列は結構普通に使えたので重宝した。
実はこの雨谷の庵とは別に、自作のCGを見せびらかすためだけに造った
サイトもあるのであるが、そっちの方は未だにDr.Madの名前でやっていたりもする。
同人誌でもペンネームはDr.Madのままだ。
実際には、CG/漫画系の創作物にはDr.Madで作者名を表記し、文章系の創作物には
徳田雨窓で作者名を表記するという住み分けが心の中であったりするので
油断がならない。

さて。
この旧ペンネーム(いや、別ペンネームか?)である「Dr.Mad」であるが、
困ったことが一つだけあった。
それは「実際にその名前で呼ばれると恥ずかしい」ということである。
なにしろ「Dr.Mad」である。
「マッドさん」などと呼ばれてしまうのである。
平凡な人生を目指す私にとって、それはちょっと勘弁して頂きたい状況である。
しかも、高校生だった私の意図に反して、私は博士号を持っていない。
何気にDr.Madとか名乗っていては、身分詐称との後ろ指を差されても文句が
言えないことになってしまっているのである。スマン高校の時の私。
これはナントカしなければならないだろう。
そこで、私は新たなペンネームを名乗ることを決意した次第である。
新たなペンネームに課せられた条件は以下のようなものである。

 1. 呼ばれても恥ずかしくない、普通の苗字であること
 2. 身分詐称にならないこと
 3. 呼び方が「Dr.Mad」に似ていること
 4. それでもなお、ペンネームであることがはっきりと分かること

問題だったのは3. である。
Dr.Madは普通に考えれば「ドクターマッド」と読むコトになる。
これと似た発音の名前を、私は一生懸命考えて見た。
「毒多松土」なんだか枯れ果てた松林みたいでイヤだ。
「独田末怒」かなり怒りっぽそうである。
どうもドクターの部分の座りが悪い。
ついでに言えば、マッドだけでは名前のバリエーションがかなり限定されてしまう。
仕方が無いので、条件を緩めるコトにした。
「ドクターマッド」という発音に似ていれば、まあここは良しとすべきではなかろうか。
「どくたあまっど」「どくたあままど」「とくだあままど」「とくだあまど」
おお。「とくだあまど」はイイ感じではないか。
こうしてあとは適当に字を当てて「徳田雨窓」の出来あがりである。

と、いうわけで雨窓は「あまど」なのである。
「うそう」の方がカッコイイと思うというご意見を頂いたりもしているが、
一応の下方互換性も考慮すると、私としてはもうしばらく「あまど」で
通そうと思っている次第であるからご了承頂きたい。

ところで、実は「雨谷の庵」の方の読み方にもいくつかあるということを
聞き知ったのだが・・・。
名前の悩みは尽きない。

雨谷の庵は今日も雨。
< Back |List| Next >
管理者:徳田雨窓