雨谷の庵

[0139] 波乱の幕開け (2001/02/19)
※[競馬]フェブラリーS


[Home]
いよいよ第三期開幕。

前略。秘密結社「競馬順位傾向予測研究協議団」の皆様方。
G1事始、フェブラリーSでございます。
第三期首席を目指して、今後とも精進致しましょう。

さて。
ルール、一部変更しました。

・持ち点は1回につき、単連合わせて6点。
・1つの予想に振り分けることが出来るのは3点まで。

ご注意ください。

-----------------------------------------------------------------
徳田[連下の祈祷師]
祈ってるだけっす。

それではいつものように、調教の様子を見てみるです。
私の見る限り、以下の馬が良さそうでありますです。

イーグルカフェ、ビーマイナカヤマ、プリエミネンス、
トゥザヴィクトリー

え?根拠ですか?
そんなものはないっす。
私は祈るだけっすから。

単予想
イーグルカフェ(×1)
ビーマイナカヤマ(×1)
プリエミネンス(×1)
トゥザヴィクトリー(×1)

連予想
イーグルカフェ×トゥザヴィクトリー(×2)

来い〜。来い〜。

-----------------------------------------------------------------
垣ノ木[弱気な直感馬券師]
堅めなワイドに小銭を投資。

今年最初のG1レース、フェブラリーS。
さて、はりきって予想しましょう。

本命:タマモストロング
ヒモ:サンフォードシチー、ゴールドティアラ、ウイングアロー

単予想
タマモストロング(×2)
サンフォードシチー(×1)

連予想
タマモストロング×サンフォードシチー(×1)
タマモストロング×ゴールドティアラ(×1)
タマモストロング×ウイングアロー(×1)

直感的には、シチー、ティアラ、アローの人気どころはどれか来るだろうと。
ただまあ、この3頭で決まってもオッズ的には大したことはないのも確か。
そこであえて軸馬を中人気になるであろうタマモストロングにしました。
今回の予想は、ちょっとばかし好オッズ狙いです。(^^)
といっても初ダートのトゥザビクトリー、ダートの強豪牝馬
ファストフレンドには見向きもしません。
鞍上ペリエのノボトゥルーと厩舎が同じノボジャックは少し
気になりますが、まあ今回は見送ります。
そんな感じ。

-----------------------------------------------------------------
火也[第六感予想人]
今期はこれで行きます

今年の初G1は、”ウイングアロー、ダートG1、3連覇なるか”
という興味深いレース。
どんなレースになるか・・・

本命 ゴールドティアラ
武騎乗じゃないが、武は最近調子がいまいち。
後藤騎乗で良い結果につながる気がする。
馬の状態も良いようで、末脚勝負になれば。

対抗その1 サンフォードシチー
迷ったあげく、こちらが対抗その1。
最近勝ちきれないが、実力的にトップクラス。

対抗2 ウイングアロー
昨年はペリエ騎乗だったので、本命にした気がする。
見事な差しで決まったが、今年は岡部騎乗なので対抗まで。
岡部が悪いということではないが、私の勘で勝てない気がする。
でも、2,3着は十分な実力を持つ。

連下 ファストフレンド、タマモストロング
ファストフレンドは、昨年のこのレースで2着とハナ差の3着。
展開向けば、今年は2着が考えられる。
タマモストロングは、人気薄なら連下で一考できる。

単予想
ゴールドティアラ (×2)
サンフォードシチー(×1)

連予想
ゴールドティアラ×サンフォードシチー(×2)
ゴールドティアラ×ウイングアロー  (×1)

-----------------------------------------------------------------
[結果]

着順:
ノボトゥルー
ウイングアロー
トゥザヴィクトリー
サンフォードシチー
ゴールドティアラ
ファストフレンド
タマモストロング
イーグルカフェ
ビーマイナカヤマ
アローセプテンバー
プリエミネンス
ナショナルスパイ
ノボジャック
ワールドクリーク
マンボツイスト
レイズスズラン

寸評:
21世紀初のG1は、レース直前にウイングアローが計量のやり直しを行うという
トラブルがあり、一時場内がざわめくという波乱の幕開けとなった。
しかしレースは若干遅れて無事にスタート。
各馬綺麗に飛び出し、ほぼ一団となって4コーナーまで飛び込んだ。
トゥザビクトリーが先行の位置から直線を粘りに粘り、昨年の覇者ウイングアローが
それに対して厳しい追い込みを掛けるという見ごたえある展開となった。
しかしゴール直前、ペリエ騎手騎乗のノボトゥルーが見事な末脚を見せ、
両馬を差しきった。

競馬順位傾向予測正確性:
徳田 :3点(3点)
垣ノ木:2点(2点)
火也 :4点(4点)

各研究員ともノボトゥルーを読み切れずに、低調な結果となってしまいましたです。
恐るべし、ペリエ騎手ということでしょうか。
皆様の今後の精進に期待したいです。

雨谷の庵は今日も雨。
< Back |List| Next >
管理者:徳田雨窓