雨谷の庵

[0130] 年間無敗 (2000/12/24)
※[競馬]有馬記念


[Home]
徳田 [平凡の初心者]
データ重視だがミーハーなのが玉にキズ。

前略。秘密結社「競馬順位傾向予測研究協議団」の皆様方。
とうとう秋のG1最終戦、有馬記念でございます。
正確性には少し差があるので首席研究員はもう決まったのと
同じような気もしますが、我々の真の目的は各々の正確性の
向上です。
気を抜くことなく予想しましょう。

[私の予想]

いやぁ、寒いっすね。
これはあれですよ。
真面目に走る馬なんていないって。
有馬なんてお祭りみたいなものだし。
こんな寒いなかで無理して頑張って、怪我なんかしたら損ですもんね。

アドマイヤボス、ダイワテキサス、トーホウシデン

ということで、上記の3頭を挙げました。
狙いどころは、あまりぱっとしない戦跡で、G1馬の名前の欲しそうな
実力馬です。
あ、でもトーホウシデンは好きな馬なので挙げてみました。
駄目じゃん徳田。

単予想:
アドマイヤボス(×1)
ダイワテキサス(×1)
トーホウシデン(×1)

連予想:
アドマイヤボス×トーホウシデン(×1)
ダイワテキサス×アドマイヤボス(×1)
トーホウシデン×ダイワテキサス(×1)

これが来れば、結構な正確性という気もしないではない。
今世紀を締めくくる一発に期待。

-----------------------------------------------------------------
垣ノ木 [自称応援馬券師]
ずっと風邪気味

いよいよ今年のG1戦線も最終レース有馬記念を迎えました。
秋はここまで菊花賞しか的中していないので、なんとか
当たって欲しいものです。
前置きはこの辺にして、予想です。
といっても、ズバリ「ベタ予想」です。

本命:テイエムオペラオー
対抗:トーホウシデン
連下:メイショウオウドウ

単予想:
テイエムオペラオー(×3)

連予想:
テイエムオペラオー×トーホウシデン(×3)

まあ、問題なくオペラオーが勝つんじゃないでしょうか。
対抗は鞍上からして頼りありませんが、馬には好感を持ってます。
連下は「ドトウ」ではなく、「オウドウ」です。
やっぱり連戦連勝馬に追いすがるとしたらサンデーサイレンス
産駒やブライアンズタイム産駒などの良血馬な気がします。
うーん、苦しい理由だ。(^^;)
サンデーサイレンスならもっと良血のお馬さんもいるしなぁ。
ただまあ、毎年有馬記念は新鮮度が肝なので、とりあえず
秋3戦目の馬は狙い目かなと。
オウドウは実績から見ても有力馬に匹敵すると思うし。
ただ、馬券の方はトーホウ×オウドウのワイド馬券しか買わないかも。

そんな感じ。

-----------------------------------------------------------------
火也[気分屋の予想者]
テイエムはいい枠を引いた

今年の有馬も、良馬場で行えるよう。
昨年の菊花賞は、テイエムのライバルと言われつつ、人気は差が
あったような気がするけど、逃げれば勝てるんじゃないかと思い、
この馬の単勝馬券を握ってたなぁ。
騎手は、全く信じてなかったけど。

と、前振りが長くなったけど、好きな馬の1頭。

本命:ナリタトップロード
騎手が変わったので、うまく乗ってくれると思う。
内枠は良くないようだが、個人的には前から2頭目ぐらいで、
4角までにテイエムと7,8馬身離して欲しい。つまり、この枠で十分。

対抗:テイエムオペラオー
記録を作って欲しいが、勝負のあやで鼻差で負けるような気が・・・

この2頭で決まって欲しい。

連下:トーホウシデン
いい状態で、勝ってもおかしくない。

連下:メイショウドトウ
実力では、2番手。

穴:ユーセイトップラン
何か気になる。状態いいし。

単予想:
ナリタトップロード(×1)
テイエムオペラオー(×1)
トーホウシデン  (×1)

連予想:
ナリタトップロード×テイエムオペラオー(×2)
ナリタトップロード×トーホウシデン  (×1)

-----------------------------------------------------------------
[結果]

着順:
テイエムオペラオー
メイショウドトウ
ダイワテキサス
キングヘイロー
アドマイヤボス
アメリカンボス
ステイゴールド
メイショウオウドウ
ナリタトップロード
ホットシークレット
ユーセイトップラン
マチカネキンノホシ
ジョービッグバン
トーホウシデン
ゴーイングスズカ
ツルマルツヨシ

寸評:
ホットシークレットが先行を予告していたがスタート悪く、各馬団子状に
まとまって走る展開で始まった。
ジョービックバンが先頭に立つもペースは上がらずそのまま4コーナーを回った。
直線でまずダイワテキサスが先頭に立ったが、ゴール直前にテイエムオペラオーと
メイショウドトウがそれをかわし、ゴールを並んで駆け抜けた。
レースを制したのはテイエムオペラオー、年間無敗の記録を打ち立てた。
メイショウドトウはまたも届かず、続けての2着に甘んじた。

競馬順位傾向予測正確性:
徳田 : 4点(149点)
垣ノ木:30点(139点)
火也 :10点(299点)

テイエムオペラオーの走りに尽きる一年となってしまったが、今回もそれを
見込んだ研究員が単予想で若干の正確性を確保する結果となった。
中でも垣ノ木研究員の一点予想は見事であった。

さてこれにて秘密結社「競馬順位傾向予測研究協議団」の第二期は全日程を
終了、第二期首席研究員には火也研究員が選出されることとなった。
おめでとう火也首席研究員。
来期もまた素晴らしい正確性を期待しています。

雨谷の庵は今日も雨。
< Back |List| Next >
管理者:徳田雨窓