雨谷の庵

[0129] ピカチュウになってしまう (2000/12/20)


[Home]
元気でちゅ〜〜〜。

以前、とはいってももう1年以上も前の事であるから覚えている人は皆無に
違い無いのであるが、私はシーマンというゲームが好きである。
持ってないけど。
駄目じゃん。いきなり。
前にネタにした時にも書いたような気もするが、私がこのシーマンという
ゲームを持っていないという事実については非常に込み入った、所謂ところの
大人達の事情というものがあるので残念ながらここでお話する訳にはいかないとか
そういうことなので是非ともご了承頂きたい。
嘘です。単にDreamcastを持っていないだけです。しくしく。

ところで。
そんなDreamcastも買えないような貧乏社会人の貴方にも朗報である。
なんと、Windows版のシーマンが無償配布されるそうなのである。
詳細はネットのニュースサイトでも見て頂くとして。
このWindows版シーマン、デスクトップに常駐するタイプのユーティリティで、
Postpetと同様にメールで成長したりもするそうである。
シーマンを使っている人同志でのメール交換の際にはこのシーマン自身が
自らメールを持っていき、受け取り側の画面で「もって来てやったぞ」とか
なんとかふざけた台詞を吐くらしい。
また、シーマンの機能追加も考慮されているようで、来年にはネット上から
情報を収集してくる機能の追加が予定されているとのことである。
朝起きてメールを読もうとパソコンを立ち上げると、寝起きのシーマンが
ニュースサイトからの情報を元に話題をふってくるとかいう奇妙な
日常ももう目前とかそういう事である。

シーマン「おまえ、寝ボケ顔は見苦しいぞ。歯ぐらい磨けよ」
ご主人様「あ、おはようシーマン」
シーマン「今日、マイクロソフトが裁判に負けたって知ってるか?」
ご主人様「え!?ホントなのそれ」
シーマン「もちろん嘘だ」
ご主人様「なんだ吃驚させるなよ」
シーマン「ホントは、ソニーがプレステ3を出したんだ」
ご主人様「それも嘘だね」
シーマン「その通りだ。少しは勉強したようだな」
ご主人様「ところでメールは来ているのかな」
シーマン「お前の憧れの朋子ちゃんから来ているぞ。題名はI love you...」
ご主人様「はいはい。そのネタは前にも聞いたし」

...楽しい朝になること請け合いである。
多分。

それにしてもネタがシーマンだけにここはやはり対抗馬の
「ピカチュウ元気でちゅ〜〜」にも頑張ってもらいたいものである。
Windows版ピカチュウ元気でちゅ〜〜〜。是非欲しい。
もちろんユーザ同志のメール交換が可能で、更にメールで成長するのだ。
ネットから情報を収集して来てネタを振ってくれるのだ。
毎朝ピカチュウと楽しくお話しまくるという夢のような21世紀はもう目前とか、
そういうことに違いないのですである。

ピカチュウ「ぴっかぁ」
マスター 「ああ、今日も元気でちゅねピカチュウ」
ピカチュウ「ぴかぴぃかぁ」
マスター 「え!?マイクロソフトが裁判に負けたんでちゅか?」
ピカチュウ「ぴ〜かぢゅう」
マスター 「なんだ嘘でちゅか。驚かさないで欲しいでちゅ」
ピカチュウ「ぴか、ぴっぴかちゅ〜〜」
マスター 「え?僕の憧れの朋子ちゃんからメールが来てるでちゅか?」
ピカチュウ「ぴ〜かぢゅう」
マスター 「なんだそれも嘘でちゅか。嘘はイケナイでちゅね」

楽しい。楽しいではないかピカチュウ。ぴっぴかちゅう。
任天堂には是非ともWindows版ピカチュウ元気でちゅ〜〜を出して欲しいものである。
それともあれだ。
Windows版シーマンを改造したら、ピカチュウとして復活するとかそういうのでも
オッケーである。
何しろシーマンはメールを受け取ったりもするのであるから、ウイルスに感染する
というのもきっと有りに違いない。
是非ともどこかのどなたかに、シーマンがピカチュウになってしまうウイルスを
開発して欲しいものだと思うのは、私だけでは無いに違いないと言っても過言では
ないはずであるとかそういうことにしておきたいものである。

それは犯罪なのでわ徳田。
まあいいか。ピカチュウだし。<違っ

雨谷の庵は今日も雨。
< Back |List| Next >
管理者:徳田雨窓