雨谷の庵

[0118] 見事に引退レース (2000/11/13)
※[競馬]エリザベス女王杯


[Home]
徳田 [平凡の初心者]
データ重視だがミーハーなのが玉にキズ。

前略。秘密結社「競馬順位傾向予測研究協議団」の皆様方。
いよいよ秋のG1天王山、怒涛の5連戦が開幕です。
まずはエリザベス女王杯、略してエリ女。
略さんでよろしいというツッコミはおいておいて、
張り切って予想しましょう。

[私の予想]

抜きん出た馬の見当たらない今回のレース、調子の
良い馬を中心に選ぶ私に若干有利な感じですね。
ということで、今週の注目馬です。

ニホンピロスワン、
トゥザヴィクトリー、トーワトレジャー、ファレノプシス、
スプリングチケット、ウメノファイバー

調子としてはニホンピロスワンがちょっと頭ひとつ
抜き出た感じに見えます。
あとはヴィクトリーとトレジャーが良いですね。
ファレノプシスも堅い仕上がりでちょっと外せません。
あとは穴馬的にチケットかな。
ファイバーは好きな馬なので、個人的に注目しているだけです。

ということで、

単予想:
ニホンピロスワン(×2)
ウメノファイバー(×1)

連予想:
ニホンピロスワン × トゥザヴィクトリー(×1)
ニホンピロスワン × トーワトレジャー(×1)
ニホンピロスワン × ファレノプシス(×1)

という変則的な組み合わせで挑もうと思います。

-----------------------------------------------------------------
垣ノ木 [自称応援馬券師]
イングランド育ちのナマハゲ。

今週はエリザベス女王杯。
そして始まる5週連続のG1デイ。
張り切って参りましょう!

つって、初っぱなからなんとも自信がありません。
まあ、いつものことなのかもしれませんが。
とにかく、なんかピンとこないんですよね。
オッズ的には荒れそうな気がするんだけど、もしかして
割と堅く決まっちゃうのかなぁとか思ったりもします。
とりあえず……

トゥザビクトリー、フサイチエアデール、プリモディーネ

の3頭に絞ってみました。
今回は本命・対抗の格付けは無しです。
ワイドBOXでも買っちゃおうかなと。(^^)
多分、トゥザとフサイチは1番人気2番人気になると思います。
そーです。
人気サイドで決着するだろうと見たんです。
……これ、いつも通りの僕的予想だな。
そんでもって、プリモディーネを入れているのも応援的意味合い
が強いので、いつも通りの絞り込みです。
ちなみに、引退レースになるファレノプシスは外しました。
去年のメジロドーベルの再現はなかんべと。
エリモシックも引退レースだったかな?
ま、いいです。

予想ダービーは以下のように。

単予想:
トゥザビクトリー(×1)
フサイチエアデール(×1)
プリモディーネ(×1)

連予想:
トゥザビクトリー × フサイチエアデール(×1)
トゥザビクトリー × プリモディーネ(×1)
フサイチエアデール × プリモディーネ(×1)

-----------------------------------------------------------------
火也[気分屋の予想者]
今回は、はっきり言って難しい。

最近の実績からいくと2頭が抜けてるけど、このレースは比較的
差し馬有利ということで、フサイチエアデールを本命に。

トゥザヴィクトリー が2,3番手から抜け出して楽勝ということも
考えられるけど、この馬は対抗。

連として、ファレノプシス、ウメノファイバー、プリモディーネ
など有力馬がいますが、どれが来てもおかしくなく迷ってしまうので、
切ることに。

そこで穴馬として、4歳牝馬の、逃げのオリーブクラウン、
追い込みのトーワトレジャーを狙ってみようかと。

単予想:
フサイチエアデール(×2)
トゥザヴィクトリー(×1)

連予想:
フサイチエアデール × トゥザヴィクトリー(×1)
フサイチエアデール × トーワトレジャー (×1)
トゥザヴィクトリー × トーワトレジャー (×1)

以上。

購入馬券は、フサイチエアデール × トゥザヴィクトリーのワイドで
静観しようかと。

-----------------------------------------------------------------
[結果]

着順:
ファレノプシス
フサイチエアデール
エイダイクイン
トゥザヴィクトリー
シルクプリマドンナ
クリスマスツリー
ニホンピロスワン
メジロサンドラ
ナリタルナパーク
トーワトレジャー
ブゼンキャンドル
ウメノファイバー
スプリングチケット
ヒシピナクル
サニーサイドアップ
プリモディーネ
オリーブクラウン

寸評:
トゥザビクトリーが飛び出し先行、しかし全体としてはゆったりとしたペースで
レースは推移した。
トゥザビクトリーと同じく人気のフサイチエアデール、ファレノプシスは、
かなり前目でトゥザビクトリーを追いかける展開となった。
4コーナーからほぼ横一線に馬群が開いたが、これら3頭に追いすがる馬はなく、
実力馬同士の直線勝負となった。
レースはゴール直前までの激しい攻防となり、最後はファレノプシスが
制した。
ファレノプシスは見事に引退レースを飾り、昨年のメジロドーベルの
再現を演出した。

競馬順位傾向予測正確性:
徳田 : 0点(117点)
垣ノ木: 7点( 68点)
火也 :12点(211点)

各研究員とも低調な結果となってしまった。
徳田研究員はフサイチエアデールを、垣ノ木、火也両研究員はファレノプシスを
外していたことが原因か。
今後の更なる精進を期待します。

雨谷の庵は今日も雨。
< Back |List| Next >
管理者:徳田雨窓