雨谷の庵

[0104] タマタマかも知れない (2000/09/05)


[Home]
タマっているのです。

さて、もし目の前にいる人物が「タマっている」などという発言を行なったとすれば、
あなたはどのような意味にそれを受け取るであろうか。
なにしろタマである。タマタマかも知れないのだ。
もしこのタマがタマタマでなかったとしても油断してはいけない。
何しろそれは、もしかするとあなたの想像の限界を遥かに超えたタマであるのかも
知れないのである。
十分に注意する必要があるであろう。
そこで、当雨谷の庵では、そんな突発的な状況に陥ったりしてしまったときに、
あなたが全く躊躇することなく適切な対応を選択することが可能になるような、
有益な判断材料をご提供しようと思い立った次第である。
以下、様々な「タマっている」について、考察してみようではないか。

-----------------------------------------------------------------
1. 「タマっている --> 貯まっている」の場合

件の目の前の人物は、自身の貯金が沢山あるのであるということをあなたに向かって
主張していることになるのではないかと思う次第であるが、どうであろうか。
とにもかくにも貯金が多い人物であるところのその人は、きっとお金が有り余っている
ことを自慢したいに違いないのである。
とりあえず、そんな奴はムカツクのでボコである。

-----------------------------------------------------------------
2. 「タマっている --> 溜まっている」の場合

件の目の前の人物は、すぐ傍らの池に水が結構な分量、溜まっているのであるということを
あなたに向かって主張していることになるのではないかと思う次第であるが、どうであろうか。
とにもかくにも池の水が増量の現象を顕にしていることが気になって
仕方ないのであろうこの人物は、きっと水練において自身の自信がないことを
暗に匂わせているに違いないのである。
もちろん、そんな奴は即刻池に突き落としてやるのが親心とかいうものである。

-----------------------------------------------------------------
3. 「タマっている --> 堪っている」の場合

件の目の前の人物は、自身の欲求がかなり不満であることをあなたに向かって
主張していることになるのではないかと思う次第であるが、どうであろうか。
とにもかくにも欲求が不満で不満でもう堪ったものではなくなってしまっている
人物であるところのその人は、きっとあなたのことを押し倒してしまいたいに
違いないのである。
すぐにもその場から退却せねばならぬところである。

-----------------------------------------------------------------
4. 「タマっている --> 賜っている」の場合

件の目の前の人物は、何かは良く分からないが偉い人々から褒美を貰っている
最中であることを主張していることになるのではないかと思う次第であるが、どうであろうか。
とにもかくにも褒美を賜ってしまった人物であるところのその人は、
きっと何か他人から誉められるようなことを成し遂げたに違いないのである。
もちろん、その件の人物が私でないことは云うまでもない。

-----------------------------------------------------------------
5. 「タマっている --> タマタマ待っている」の場合

件の目の前の人物は、自身のタマタマが待ち焦がれまくっていることをあなたに向かって
主張していることになるのではないかと思う次第であるが、どうであろうか。
その人物のタマタマが一体何を待ち焦がれているかについては浅学にして想像も付かないが、
もしかするとア〜ンなことやコ〜ンなことを、うへへへへ、であるかもしれないに
違いないのである。
それはともかく、文法おかしいぞ徳田。

-----------------------------------------------------------------
6. 「タマっている --> タマっている」の場合

件の目の前の人物は、もしかすると自身の愛猫であるところのタマについて何かを
主張していることになるのではないかと思う次第であるが、どうであろうか。
つまりは云うところのタマであるから、きっと何かしらタマ的なる様態を指し示して
いるに違いないのである。
そのタマ的なるものが一体何かについては、聞かない方が無難だとは思うが。

-----------------------------------------------------------------

いかがであろうか。
これであなたも今日からタマ御仁である。
如何なる時、如何なる場面において、見知らぬ人物から「タマっている」との言動を
向けられようとも、何ら動揺する必要はないのである。
多い日も安心とかそういう事である。

ということで、「第五回雑文祭〜秋の夜長を鳴き通す〜」に私がお題として
提案している「タマっている」についてその用例と利用法について解説してみた
次第である。
このお題がまかり間違って採用されてしまった場合には、きっと雑文書き諸氏の
お役に立たずにはいられないとかそういうコトになるに違い無いといまから
しっかと確信している次第である。嘘だけど。

ちなみに件の雑文祭の詳細については以下を参照して頂きたい。
http://kazu-p.net/festa5/index.html

楽しみなことである。

雨谷の庵は今日も雨。
< Back |List| Next >
管理者:徳田雨窓