雨谷の庵

[0088] とんでもない値段 (2000/06/09)


[Home]
もしかして取り憑かれているのか。

茄子である。
何が茄子なのかというと、これが茄子であると応えねばならない。
紫色の鮮やかなこの野菜の一種であるところの茄子である。
もちろん食い物である。
間違ってもこの茄子でアンなことやコンなことをやってしまったりしてはイケナイ。
オケツに茄子。この太さと肌触りが堪らないのだ。
不潔ですお兄様とか言う奴だ。なんだそれは。
とにかく、食い物であるところの茄子様を粗末に扱ってはイケナイ。
そんなことをしようものなら、勿体無いお化けが早晩にでも襲い来ること疑うべく無しとか
そういうことなので、注意が必要だ。
つまり、いくらオケツが寂しくても茄子を入れてしまったりしては駄目なのである。
だから下ネタは止めなさい。不潔ですお兄様。

まあそれはともかく。
とにかく茄子である。
何を隠そう私は先週、茄子ばかりを喰らっていたのである。
恐怖、茄子喰らい星人。なんだそれは。
理由は簡単である。安かったのだ。
私の下宿の近所に存在する八百屋は、とにかく時々とんでもなく安い野菜を販売することで、
私の心の中では世界的に有名だったりするのであるが、その八百屋の奴がまたやって
くれたのである。
茄子1袋が150円。
1袋と言っても、そこらのスーパーマーケットで売っているようなチンケな1袋などでは
もちろん無い。
でかい、でか過ぎるぅ。
即刻購入した上で自宅にて開封、茄子の数を数えて見たところ、なんと20本ばかりの
茄子が封入されていたのである。
1本当たり、わずか7円50銭とかいう、とんでもない値段である。
家計に疎いであろう世のおじさん連中の為に解説すると、通常茄子は3本1組で150円とか
そういう値段がついていることが多いものなのである。
1本当たり、50円。これが世の中の相場とかそういう事である。
それが7円50銭である。
買わねばならぬ、喰わねばならぬ。
人として、これは見逃してはイケナイものの一つではないかと私は強く主張する者である。
見逃そうものなら、勿体無いお化けがあなたのケツに茄子を突っ込みに来ること
請け合いである。
あな恐ろしや。

胡瓜である。
何が胡瓜なのかというと、これが胡瓜であると応えねばならない。
緑色の鮮やかなこの野菜の一種であるところの胡瓜である。
もちろん食い物である。
間違ってもこの胡瓜でアンなことやコンなことをやってしまったりしてはイケナイ。
オケツに胡瓜。この曲がり具合とイボイボが堪らないのだ。
不潔ですお兄様とか言う奴だ。いやぁ〜〜〜。
とにかく、食い物であるところの胡瓜様を粗末に扱ってはイケナイ。
そんなことをしようものなら、勿体無いお化けが早晩にでも襲い来ること疑うべく無しとか
そういうことなので、注意が必要だ。
つまり、いくらオケツが寂しくても胡瓜を入れてしまったりしては駄目なのである。
下ネタは止めろと言うに。不潔ですお兄様。いやぁ〜〜〜。

まあそれはともかく。
とにかく胡瓜である。
何を隠そう私は今週、胡瓜ばかりを喰らっていたのである。
恐怖、胡瓜喰らい星人。いねぇよそんなの。
理由は簡単である。安かったのだ。
私の下宿の近所に存在する八百屋は、とにかく時々とんでもなく安い野菜を販売することで、
私の心の中では宇宙的に有名だったりするのであるが、その八百屋の奴がまたやって
くれたのである。
胡瓜1箱が250円。
1箱と言えば、そこらのスーパーマーケットで売っているはずはもちろん無い。
何を考えているのだ私の下宿の近所に存在する八百屋よ。
嬉しすぎるではないか。
即刻購入した上で自宅にて開封、胡瓜の数を数えて見たところ、なんと40本ばかりの
胡瓜が封入されていたのである。
1本当たり、わずか6円50銭とかいう、とんでもない値段である。
家計のことなどろくに知りもしないであろう世のおじさん連中の為に解説してやるとすると、
通常胡瓜は3本1組で100円とかそういう値段がついていることが多いものなのである。
1本当たり、33円33銭あまり。これが世の中の相場とかそういう事である。
それが6円50銭である。
買わねばならぬ、喰わねばならぬ。
人として、これは見逃してはイケナイものの一つではないかと私は強く主張する者である。
見逃そうものなら、勿体無いお化けがあなたのケツに胡瓜を突っ込みに来ること
請け合いである。
いや、来るとすればもしかしてカッパか?
もしかしてこれはカッパの仕業なのか。
それともあの八百屋のオヤジがカッパか。
百歩譲ってカッパの手先なのか。別に譲る必要も無いが。
とにもかくにも恐ろしいことである。

ところで、件の八百屋は今私に第3の刺客を送り込もうとしているようだ。
ピーマンである。
1袋15円。
見たところ、袋の中には5つばかりのピーマンが封入されているようである。
1個当たり3円とかいう、とんでもない値段である。
人として、これは見逃してはイケナイものの一つではないかと私は強く主張する者である。
ああでも、ピーマンはオケツには入れられぬしなぁ。
不潔ですお兄様。カッパに喰われてしまえ。
ということで来週はピーマン尽くし。
しくしく。

雨谷の庵は今日も雨。
< Back |List| Next >
管理者:徳田雨窓