雨谷の庵

[0057] プロジェクタなどと称する (2000/02/25)


[Home]
スクリーン一杯の綾波レイとか。

今の私の部屋には、スクリーンがあったりする。
これは引越しのドサクサにまぎれて、私の無意識が購入してしまった
代物の一つである。
当然ながら、スクリーンには映写機がつきものである。
映写機の存在しない世界では恐らく、スクリーンなるものもその存在理由を
見失ってしまうであろう。
そうなって困るのはスクリーンと、スクリーンを製造している方々だ。
私が困っちゃったりするわけでは勿論無いので、当然私は気にしない。
いやいやまてまて。映写機が無ければ当然映画も存在しないわけであるな。
ということは故淀川某もさぞかし天国で困っていることであろう。
更に故黒澤某など、映画が無ければ只の変なオジさんだ。
そうなると日本が世界に誇るべき文化人の数がまた一人減って
しまうことになるわけで、諸外国からイエローだのモンキィだのの
誹りを受けかねない。
となるとそういった文化的劣等感を植え付けられた日本の庶民は
「け、てやんでぃ」とばかりにお酒を飲みすぎ、1億総二日酔いな状態で、
仕事中毒なんだかアル中なんだか訳の分からない状態になってしまうこと
請け合いである。これで働き過ぎとはもう言わせないとかそういう事だべらんめぃ。
・・・そんな訳はない。

それはともかく、映写機である。
最近ではコレを以ってプロジェクタなどと称するようである。ハイカラである。
プロジェクタと言えば昔は3管式のものが主流であったように記憶している。
赤いランプと緑のランプと青いランプ。
信号機のバッタモンちゃうんかとツッコミたくなるようなその外観から、
私は個人的にそれを信号機の偽者と呼んでいたりした。
私の通っていた高等学校にあった3管式プロジェクタなどは、視聴覚教室の
天上から偉そうにぶら下がっていたりしたものだから、余計に信号機然として
見えたのかも知れぬ。
信号機の偽者。今から考えるとそのまんまであるな。
少しはひねれよ。若かりし頃の徳田。

それはともかく、今私の部屋に鎮座している映写機の話である。
これは前述した3管式のモノではなく、液晶プロジェクタと呼称されているものである。
原理は寡聞にして良く分からないが、とにかく液晶なのであろう。
液晶と言えばかつてはモノクロな存在で、電卓に使われていたり、電子ゲームに
使われていたりしたものだが、最近ではカラフル版が広く出まわり、ノートパソコンに
使われていたりゲームボーイでピカチュウだったりして大人気である。
聞くところによるとこの液晶の生産のほとんどは日本で行われているとの事であり、
今や液晶は日本が誇る一大輸出品目の一角を担っているとの事である。
更に伝え聞くところによると、液晶の需要の結構な部分がゲームボーイでピカチュウ
であるとのことであり、まさに液晶の人気はピカチュウによるもので、液晶を
製造している方々は毎日ピカチュウを神棚に奉っているとの事である。
とすれば、日本経済を牽引すべき輸出はピカチュウによってその威信を保っていると
結論付けざるを得ないわけで、日本の庶民はすべからく仏壇をもってピカチュウと成し、
神社仏閣の一部をピカチュウとして拝むべきではないかとの議論が巻き起こらざるを
得ないと言わざるを得なくて、過言ではなかったりするのだピ、ピカチュウ。
・・・そんな訳はない。

それはともかく。
私の部屋には何故かスクリーンと映写機があり、私はここの所毎日その大画面で
テレビを見ていたりするわけである。
締めて約50万円。
何かの話のネタにしようとか馬鹿なことを考えての購入だったような気もするが、
使い始めるとそんな意識も特に関係無く、普通のテレビと同じだったりする。
ちょっと画面がでかいが。
50万もあれば、もっと別の何か良いものを買った方が良かったかななどと
考えたりしてはいけない。
人生には何事にも勢いというものが必要だったりするわけで、お金で買えない幸福とか
いうものもたまには必要だったりするのだし、ええいとにかく気にしてはいけないのである。
君らも気にするな。しくしく。

なんだか意味も無くとっても悔しいので、私の知人の一人である浜中某(仮名)に
電話をかけることにした。
もちろん自慢するためである。
浜中某は自他ともに認める生粋のオタク野郎であり、その自室に何故か存在する数千枚の
レーザーディスクがすべてアニメだったり特撮モノだったりととんでもないライブラリを
所蔵しているような、人としてちょっとなんだかアレな奴である。
私の大画面環境のことを話せば、さぞかし羨ましがることであろう。えっへっへ。
プルルルル・・・ガチャ。
もしもし、浜中?あ、徳田だけど。

「あ、徳田さん?いいところに電話をかけてきましたね。ちょうど自慢したかったんです」

???な、なんだ?

「実は僕、プロジェクタ買ったんですよ。3管式の奴」

な、何ぃ!
解説しよう。
液晶プロジェクタは大体10万円〜100万円なのだが、3管式のは最低でも100万円するのだ。
上には上、馬鹿の底が果てることは無いと言うか、私の周囲はこんな馬鹿ばっかり
だったりする。
も〜しかして類友?
・・・そんな訳はない。と信じたい。しくしく。

雨谷の庵は今日も雨。
< Back |List| Next >
管理者:徳田雨窓