雨谷の庵

[0046] 不審なモノを片づけて (2000/01/20)


[Home]
どうやらとんでもなく安かった様子である。

何が安かったのかと問われれば、ドラえもんのお任せパックの引越し業者の見積もりがと
応えてしまうのである。
ここまで書いたところで既にお気づきになった勘の良い方も居られるかとは思うが、
先週ネタにした引越し業者の見積もりに関するくだりの、今回は続編とでもいうことに
なるのであったりする。
そんなことぐらい勘が良くなくったって一目にして瞭然であろうという主張も
そこはかとなくあろうこととは思うが、例によって気にしてはいけない。
人生、何事も気にしないことが肝要である。ストレスは体に良くない。
お前がいい加減なだけではないのかとかいうごもっともなご指摘も、丁重でもって
却下である。
何しろ私は平凡人なのである。暖簾に腕押しが座右の銘と自負している次第でもある。
そんなもん自負すんなよ徳田。

それはともかく。
先週の土曜日に敢行したのが、ドラえもんのお任せパックの引越し業者によるところの
引越しにかかる経費の見積もり作業であったわけである。
貴奴等は事もあろうに他人の自宅にずかずかと上り込み、見積もりとかいうものを
ヤリ果せたのである。

「徳田さん。この本棚は持っていかれますか」
当然である。それらの経費も見積もりたまへ。どうせ会社持ちであることだしな。
「中身もですか?」
勿論である・・・って、あわわ、そんなにジロジロ見ないで頂きたい。そこには
某イベントで仕入れてきたエロ同人・・・もとい、お子様から大人まで皆で楽しめる
アマチュア作家の漫画を掲載した書籍が所狭しと並んでいるのであるからして。
「書籍は重いですからねぇ。捨てても良さそうなものでしたら、予め処分して頂いて
 おいた方が、料金もお安くできるのですが」
そ、そうなのであるか。
「?こちらのケースは衣装ケースですか」
あわわ、そ、それも開けないで頂きたい。そこには会社から勝手に拝借したLANケーブルや
電源コード、果ては不要なPentium100MHzやらジャンクのモデムなどがぎしぎしと
詰まっているのであるからして。
「重そうですね。こういったものも処分しておいて頂けると・・・」
わ、判りましたである。それはともかく、なるべく穏便に作業を進めてはいただけぬか。
「パソコンが有りますね」
精密機器である。私は断じて、丁寧に取り扱って頂くことを所望する者である。
「ええ、それは勿論ですが・・・3台も有りますね」
うむ多いであるか。
「ちょっと多いですね。ところで服はこれだけですか?背広はクリーニングに
 出しているとか、そういう事は無いんですね」
はあ。服はこれだけですがそれがどうかしたとでも。
「スーツ3着、と。スーツって、運ぶ手間が掛かるんですよ。シワになったりとかすると
 駄目なものですから。たったこれだけなら、料金はお安くできますね」

とにもかくにも、このようにドラえもんのお任せパックの引越し業者の営業マンは
結構失礼な奴であった。失礼だぞドラえもんのお任せパックの引越し業者の営業マン。
お客様は神様とかいう格言の、爪の垢でも煎じて飲みやがりなさい。
ああ、でもそこのダンボールは開けないでくださいであるそこには友人知人から集めた
エロビデ・・・もとい、お子様から大人まで皆で楽しめる無修正の芸術ビデオ作品の
数々が所狭しと・・・。

 教訓:引越しの見積もりの前には、不審なモノを片づけておいた方がよい。
    何が不審であるのかを聞いてはいけない。男と漢との公然の秘密である。

いや、まあそんな訳で見積もりは無事に終了した訳である。
全然無事ではないような気がしないでもないが、気にしてはいけない。
気にしていない割に、どうも精神的ダメージが非常に大きいような気もしないではないが、
とにかく気にしてはいけないのである。しくしく。

で。
その見積もりの結果は、どうやら今週の月曜日には私の勤務する会社宛てに送られてきた
様子である。
例の、引越し担当の人事部のお姉様が私にこのように申し渡したのである。
「あ、徳田さん。ドラえもんのお任せパックの引越し業者に御願いしておきましたから」
ああそうであるか。ゾウのマークの引越し業者よりもドラえもんのお任せパックの
引越し業者の方が安かったのであるな。
「ええ。もう、断然安かったんですよ。10万円は軽く切っちゃてます。驚いちゃいました」
そうであるか驚いちゃったりしちゃった訳なのであるなそれは大変である。
とまあこのように、引越し担当のお姉様は笑顔が絶えないのであった。

それにしても10万円を軽く切ったであるか。
見積もりに来た営業マンの人の話から察するに、勝因はやはりスーツが3着しかない
という点であろうか。
しかし、パソコンの台数とスーツの数が同じというのは人としてちょっと
どうかしているのではないか徳田。
でも、パンツも実は3つしか持ってないんだよな。
あかんやんけ。

雨谷の庵は今日も雨。
< Back |List| Next >
管理者:徳田雨窓