雨谷の庵

[0032] 半端な0.5個の癖 (1999/12/10)


[Home]
癖が有るというのは何も奇人変人の類ばかりとは限らぬであろう。

常日頃から自らを平凡平凡と強調している割には、周囲から特殊なる人物として
後ろ指差される機会に何かと出会い、困惑を隠せないでいる今日このごろである。
それにしても社長を目の前にして、私のことを
「大変に変わった人物である」
とか評するのは、人として若干どうかと思うのである。親愛なる部長よ。
貴方のせいで、私のボーナスが減ったとしたら、困るではないか。
日本の中間管理職の皆様に置きましては、もう少し常識をわきまえた紹介の
仕方を身につけて頂きたいものである。
僭越とは思うが、ウケが取れればいいというものではないと愚考する次第である。
そうか。ここが大阪だから駄目なのか。
おそるべし関西経済圏の中間管理職。

奇人変人の行為を差して奇癖と呼ぶ事がある。
無くて7癖、有って48癖。
いくら癖の無さそうな人物であっても、7つくらいは人目を引くような
奇癖を持っているものである。いや、持っていなければそれは変人である。
私はもちろん奇人変人では有り得ないので奇癖を幾つか持っている。
しかもごく普通平凡並々なる人柄であるからして、7と48の平均値である
27.5個の奇癖を持っているに違いないのである。
この半端な0.5個の癖を持っているかどうかが凡人と奇人との境目に違いないので、
凡人を志しているであろう老若男女は重々注意して頂きたいものである。

さて、目を転じて私が現在有していると思われる癖を列挙してみたいと思う。

 貧乏揺すり:奇癖の王様と言えばこれであろう。
 鼻くそをほじる:私はアレルギー性鼻炎なので鼻くそが溜まりやすいのである。
 鼻毛を抜く:どうも関西に住み始めてからというもの、鼻毛に勢いがあり困る。
 頭を掻く:最近は毎日洗髪しているのでフケが落ちてきたりはしない。
 爪をかむ:これのお陰で、爪切り要らずの毎日である。
 あぐらをかく:畳で育った為か、オフィスチェアなるものの上でもあぐらである。
 指をバキバキ鳴らす:指の関節が節くれだっているのはこの為かも。

とここまで書いてみて・・・まだ7個であるな。無くて7癖の。
あと20.5個も癖が有るということか。私には。
癖というものは自分ではなかなか気がつきにくいものであるというが、
本当であるな。
もちろん、私の自覚が足りないだけという可能性もあるが、
とりあえずそういった至極常套なツッコミについては横において置こう。

他人に指摘されて初めて、自身の癖というものに気づくという場面も
結構あるように思う。
私の場合、小学生の時にそのような経験をしたことがある。
通信簿である。
通信簿といえば、日頃の学業に関しての教師サイドの見解を3段階なり
5段階なりで評し、児童生徒の今後の研鑚についての一定の指針を
与えるものである。
またそのほかにも、協調性であるとか、自主性であるとかいう行動傾向、
性格の様な曖昧なものについて、教師の主観的な評価を
書き記した欄もあったように記憶している。

問題なのは所感の欄であった。
これは教師がその対象の児童についての感想を書く欄なのであるが、
これが私にとっては何とも鬼門であった。大体、碌な事が書かれたためしが無い。
ある時はこのような事が書かれていた。
「授業中に奇声を発する」
ちょっとまて。何だそれは。
奇声というとあれか。奇妙な声であるな。
常人には理解不能な人語とも獣の咆哮ともつかぬ異様な声のことであろう。
それを私が発していたと。
そのように教師が指摘しているわけである。
私には、まったく身に覚えの無いことであったが、周囲の級友に尋ねて
みたところ、思い当たる節が無いわけではないとの答えが
返ったきたように記憶している。
知らぬは己ばかりなり。世の中はなかなか本人の思うようには
できていないのだなあと、この時から既に悟っていた、嫌な類に属する
餓鬼ンチョな私ではあった。

さて、0.5個の癖というのはである。
先ほどの私の体験に有るような、
「自分は気づいていないが実は周知の事実である」ような癖であると、
私はここで主張しておきたい。
であるから、私には上記列挙した7個の自認他認の癖のほかに、
あと41個の自不認他認な癖があるのである。
これらを足しあわせると、ちょうど48となり、有って48癖となるのである。
うむ。数字の合わせ技であるな。まとまりがよいではないか。
これでこそ平々凡々な私にふさわしいというものである。

何だか強引な気もするが、そうなのであるから反論は差し控えて頂きたい。
ナニがソウなのかは私にも分かるはずが無いので、説明を求められても困る。
あと、雑文を書いているのは趣味であって癖ではないので、そこのところも
予めご了承頂きたい。
って、何だかよく分からないまとめだな。今日は。

雨谷の庵は今日も雨。
< Back |List| Next >
管理者:徳田雨窓