雨谷の庵

[0017] 予言者でも何でもない (1999/10/29)


[Home]
ダイエーが優勝してしまいました。

オメデトウ、ダイエー。お疲れ様です王監督。
以前書きましたが、私は日本シリーズを4:3でダイエーと予想していましたので、
昨日は力いっぱい中日を応援していました。
こんな煮え切らない奴でゴメンナサイ、ダイエーファンの皆様。
4:1での優勝は予想と違うので困ってしまっているのです。
いや、別に何か賭けているとか云うわけではないので、何も困ってなぞいなかったり
するのが本当のところなのですが。

さて、こんな話をお聞きになったことはないでしょうか。

ちょっと凝った詐欺の一つ。
阪神が試合を行うであろう日毎に貴方の元に届く、阪神の勝ち負け予想の手紙。
しかもそれは毎日必ず当たるのです。今のところ、10回連続で。
貴方がこの手紙を信じ込みかけたところのある日、この手紙を書いた予言者が
やってきて株式への投資を持ち掛ける...

この詐欺のからくりは、最初に2の10乗、つまり1024通の手紙を出す点なのだそうです。
その半分には「阪神が勝つ」と書いてあり、残りの半分には「阪神が負ける」と
書いてあるというわけです。
もうお分かりですね。
前の予想が当たった方の手紙の宛先にだけ、再び半分づつ勝ち手紙と負け手紙を送るのです。
1024通を最初に出しておけば、これを10回繰り返したところで必ずお一人様、
10回連続的中宛先ができるという仕組みです。
手紙を出す人は予言者でも何でもないですが、そのお一人にとってはまさに予言者だったり
してしまうのです。

私が上記の話をある雑文サイトで初めて読んだ時、とても感心してしまいました。
ありがとう「大西科学」。いつも楽しみにしています。

さて、件の雑文サイトでは、以下のように話をまとめていました。

「根性とハガキ代さえあれば、理論的には25回位まで連続的中できるはずである。
 それ以上になると、日本の人口が足りなくなる。」

ここで私はふと思ったわけです。
別に根性もハガキ代も要らないですよね。この詐欺。

そうです。電子メールです。
電子メールでこれをやってしまっちゃったりすればもうバッチリデス。
なにせ電子メールです。自動化してしまえば自分でメールを書く必要すらありません。
文面は「阪神が勝つ」と「阪神が負ける」しかないわけですから、簡単なスクリプトでも
組んでしまえば後は放っておいても、何週間後かには的中宛先をターゲットとして
ピックアップしてくれることでしょう。
しかも日本に限らないので、世界中の人たちを相手にできますね。
そうなれば25回連続とかいうケチな制限もクリアです。32回ぐらいまでは
いけるんじゃないでしょうか。って、あまり変わりない気もしますね。
それに、いまはまだインターネットでメールをやり取りしている人の数もそんなに
多くはないかもしれないですし。
まあそれ以前に、世界中に出すんだったら何語で書くのだとか、
どんな勝ち負けなら全世界に通用するのかとかいう別の問題もありますが。
少なくともフィンランドの方が阪神の勝ち負けを気に掛けているという
ことはないでしょうし。

それに。
もしアフリカとかの国の人が的中宛先だったとして、私はどうやって
そこに行けばよいのでしょうか。
詐欺で儲けた金額よりも、旅行代金の方が高かったりして。
詐欺師の道もなかなか険しい。うぐぅ。

※お分かりのこととは思いますが、この雑文から得たヒントをもとに、貴方が
 実際に詐欺行為を行い、損害を被ったとしても私は一切責任を取りません。
 おやりになる時には、御自分の責任の元でお願いします。
 いや、それ以前にやらないでくださいね。詐欺なんて。
 それと。
 上記をヒントにしてウイルスソフトとかも造らないで下さいね。
 もしそんなことをしてFBIに捕まっても私は責任取りませんです。
 当たり前ですが、念の為。

雨谷の庵は今日も雨。
< Back |List| Next >
管理者:徳田雨窓